今注目のニュース
親の「ちゃんとやらなきゃダメ」という否定が子どもに及ぼす3つの弊害
合成麻薬LSD所持の沢尻エリカ(33)クラブで踊り狂う動画が拡散され「やっぱりヤバい」とざわつく事態に
井上芳雄「ヒロアカ」悪人役は息子の声が後押し

ウルトラマン Fighting Evolution単語

ウルトラマンファイティングエボリューション

  • 0
  • 0
掲示板をみる(30)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ウルトラマン Fighting Evolutionとは、バンプレストからPSPS2PSPで発売されたウルトラシリーズを元にした3D対戦型格闘ゲームシリーズである。略称FE

ウルトラマン Fighting Evolution

シリーズ一作PSで発売。キャラ数は12人でありウルトラマンは3人。しかしエースレオが参戦していないのにマグマ星人エースキラーが参戦している、逆にタロウはいるのにタロウの登場怪獣はいないと若干違和感を感じるラインナップである。

必殺技コマンド方式。3Dグラフィック美麗で挙動、掛けなどがウルトラマンらしさを良く再現している。

ウルトラマン Fighting Evolution 2

シリーズ二作PS2で発売。マン~レオまでの昭和ウルトラマン全員参戦怪獣側もそれぞれの作品から一体ずつ参戦しており、テレビシリーズ再現できる。

必殺技は任意発動ではなく通常攻撃でゲージをためて発動する方式に変わった。また、ストーリー形式のミッションウルトラモード」が初搭載。オリジナルの「大宇宙侵略作戦」では歴代ウルトラマンが集結し、それぞれを操作して敵を倒していき、ラストでは上記の6人全員ゼットンに立ち向かうという胸熱の展開も繰り広げられる。(この時あるプレイをすると「7人」としてあの隠しキャラが・・・)

ウルトラマン Fighting Evolution 3

シリーズ三作PS2で発売。ティガコスモス平成ウルトラマン怪獣が一挙参戦。昭和シリーズからも新規怪獣が登場し、エースロボットのようなマニアックキャラまで使用できる。最終隠しキャラまさかのあの人。
ミッションでは「暗の支配者」のガタノゾーア、「MAC全滅!」のシルバーブルーメ等非操作の怪獣も登場する。

キャラ必殺技ウルトラモードミッションが大幅に追加。演出も原作を強く意識したものとなり、円谷プロスーツアクターからモーションキャプチャした滑らかな動きとテンポの良い戦闘も相まってテレビシリーズの雰囲気をより十分に再現している。ウルトラモードミッションの流れ、演出の完成度は一見の価値あり。
ウルトラモードでは原作通りの行動を行うと隠し要素が解放される仕様。また、if展開に持っていく事も可エースロボットエースキラーを倒す、タロウ以外のウルトラ兄弟タイラントを倒す等)。
おまけに、二人プレイによって二人のウルトラマンが協して怪獣に挑む「タッグモード」が搭載された。

テレビシリーズを忠実に再現させるもよし、夢の対決を実現するもよし、大量の隠し要素を全て解放するのもよしとウルトラゲーム一のボリュームを誇る本作は非常に高い評価を得、best版が出るまでは長期間入手困難なプレミアソフトとなった。

ウルトラマン Fighting Evolution Rebirth

シリーズ四作PS2で発売。ナンバリングはされておらず、前作までとは違いゲームらしいダイナミック映像表現を意欲的に追究した(スペシウム光線は前作の三倍ぐらいの太さになっている)。

登場キャラ必殺技が大きく削減され、ウルトラマンはマン、セブンタロウティガガイア、アグルコスモスのみ。怪獣も大きく面子が変更され、ワロガやブルトンといったマイナー怪獣が参戦。さらにゲームオリジナルの「改造怪獣」「カオス宇宙人」が登場している。
そして、カオスヘッダーがウルトラ兄弟コピーしたという設定の偽ウルトラマンカオスロイド」が参戦。ウルトラキーを爆破する、ドロドロにした両腕からスペシウム光線を出したりとやりたい放題である。

ウルトラモードも全編オリジナル怪獣不気味な造形やストーリー展開が歴代でも異質な雰囲気を出している。
必殺技演出も「尻尾ウルトラマンに突き刺さる」「徐々にウルトラマンが炎の柱に包まれて消滅」とプレイヤートラウマを与えかねない。とにかく雰囲気がダークである。

歴代でもオリジナル要素が強い本作だが要素の削減、原作再現の撤は前作までのファンに衝撃を与え、結果神ゲーとも呼ばれた3と何かと悪い意味で較されるようになった。しかし、少年漫画のような大迫オリジナル演出と戦闘向きの大胆なアレンジが施されたBGMは評価が高い。ウルトラモードシリアスながら燃える展開である。特定の操作で発動する「ギガスペシウム線」は圧巻。
本作でのオリジナル怪獣の一部は「大怪獣バトル」でも登場した。そのうち改造ゴモラ改造レッドキングテレビシリーズウルトラギャラクシー 大怪獣バトル」にも逆輸入された。

ウルトラマン Fighting Evolution 0

シリーズ五作PSPで発売。映画ウルトラマンメビウスウルトラ兄弟」と連動しており、システムは3以前のものに戻った。
ウルトラ兄弟ウルトラマンメビウス、そしてウルトラの父が参戦。怪獣勢は新たにヒッポリト星人テンペラー星人ババルウ星人ブラックキングが追加されている。メビウス第一話以前の物語映画前日談られている。
携帯機作品だがグラフィックは前作に匹敵する出来であり、戦闘テンポは3以上に良くなっている。
登場キャラボタン配置、システム等がよりコンパクトになって楽しめるFighting Evolutionである。
ちなみにストーリーモードではゾフィーだけ敵に操られ、戦う羽になる。何故にここでもヘタr

余談

関連動画


関連商品


関連コミュニティ

ウルトラマン fighting evolutionに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

掲示板

  • 28 ななしのよっしん

    2018/03/06(火) 14:27:45 ID: jT2Dba3C70

    >>26
    そこまで出したら各キャラの通常技の差別化が難しくなりそうだな

  • 29ななしのよっしん

    2018/11/09(金) 21:51:01 ID: 6fFeKkZDV5

    最新のグラでFEしてぇ。。
    最近のウルトラマンずっと追えてないから知るいい機会にもなるし

  • 30ななしのよっしん

    2019/03/16(土) 00:57:12 ID: 6fFeKkZDV5

    当時気にしてなかったけど、ウルトラマンゲームタイトルFighting Evolutionって付けるセンス天才的だ

急上昇ワード

最終更新:2019/12/07(土) 03:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/07(土) 03:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP