ウルトラマンヒカリ単語

ウルトラマンヒカリ

  • 8
  • 0
掲示板をみる(139)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ウルトラマンヒカリとは、『ウルトラマンメビウス』に登場する蒼きウルトラ戦士である。CV難波圭一
スピンオフ作品『ウルトラマンメビウス外伝 ヒカリサーガ』(全3話)では、ヒカリ主人公として物語が描かれている。

概要

CREW GUYSの前・隊長であったセリザワ・カズヤ変身する青色ウルトラマン。ナイトブレスにナイトブレードをINすることで変身する。ただし、『ウルトラマンメビウス』の最終章や以降のスピンオフ作品では、一時的にアイハラ・リュウと一体化することが基本になっている。

小学館の学年誌の設定にあったブルー族が円谷プロM78シリーズ映像作品に登場するのは彼が初めてである。

当初はアーブギアと呼ばれるった「ハンターナイトツルギ」として登場し、ウルトラマンヒカリとしての正体が判明する前はウルトラマンタロウ説やゾフィー説など様々な憶測が行われていた。

ヒカリの名の由来は劇中ではアイハラ・リュウく「(変身するときに)ピカッとるから」という事になっているが、現実的にはフレッツを推進するスポンサーNTTグループの意向だったともいわれる。当然のことながら『ザ☆ウルトラマン』の主人公ヒカリ一郎や、『ウルトラマンダイナ』他に登場したマドカ・ダイゴマドカ・ヒカリとは関係である。

経歴

元々はM78宇宙科学技術局(ウルトラマンジャックが長官を務める)に所属する科学者・研究者であった。年齢は22000歳でありゾフィーウルトラマンの間である。

ウルトラマン最終話ゾフィーが持ってきたことで有名な、命の固形化技術を発明したのは彼である。ヒカリはこの発明により勲章としてスターマークが授けられ、宇宙科学技術局の次期長官に内定した。ちなみに、命を体に定着させる技術(リライブ線など)はウルトラの母十字軍メンバーが開発している。

しかし、この発明を聞きつけたバット星人情報開示めてきたため、ヒカリたちはこれを断ったところ、バット星人らとの間に戦争が勃発し、さらに地球にまで一人の戦士ゼットン二代派遣されるまでに至った(『帰ってきたウルトラマン最終話バット星人ウルトラマンジャックらを「裏切り者のウルトラ兄弟」と呼んだのはこのため)。

戦争は終結したものの、自分の発明した技術が戦争を引き起こし、あまつさえ地球にまで被害を及ぼしたことに責任を感じたヒカリはふさぎ込むようになり、自分はこの命の固形化技術を使わないことを心に誓い、長官の内定を辞してに出ることになる。その美しい惑星アーブとその民に出会い癒され、このアーブを守る戦士となるためにウルトラマンキングと出会いナイトブレスを授かる。

だが、惑星アーブの民はボガールにより滅ぼされてしまう。ヒカリはアーブの民の予言通り勇者アーブギアを身にまとうが、ヒカリの心はアーブを滅ぼされた怒りに支配されていたため、アーブギアはむしろ復讐となってしまい、ハンターナイトツルギとなってボガール行方を探しめるようになった。

やがてボガール地球にいることを突き止めたツルギは、ディノゾールとの戦いで命を失ったセリザワ・カズヤを発見し、地球上で自由に動ける体を得るため一体化する。そして復讐のため行動するが、ウルトラマンメビウスアイハラ・リュウと交流することで徐々に心を開いていく、しかし元々戦士ではない彼の体には限界が来ていたため、ボガールモンスと化したボガールとの最終決戦で命を落とす。

その後ウルトラの母の助けを一度は断るものの、セリザワの心に触れたことで受け入れ、本来の姿を取り戻す。そして地球に戻り、リュウにより「ウルトラマンヒカリ」と命名された。それからしばらくの間は地球行動するが、ゾフィーなどの提言を受け入れ地球平和メビウスとGUYSにまかせることにし、メビウスにナイトブレスを授けてへ戻る。帰還の途中、ベムスターの襲撃を受け、ナイトブレスのないヒカリピンチに陥るが、ゾフィー支援を受けてこれを撃破し、宇宙警備隊の一員となった。

ウルトラの母の治療を受けた後、地球に大いなる危機が迫っていることをゾフィーから聞いたヒカリは、めて宇宙警備隊の隊員として地球に向かう。その途中、惑星アーブでメビウスに化けたババルウ星人に陥るが、復活したアーブの民に心を押され、アーブギア勇者として正しく使えるようになり、惑星アーブで一度は取り逃がすものの、地球ヒカリに化けたババルウ星人を撃破。ハンターナイトツルギ=悪のウルトラマンという汚名もらし、自分以外のウルトラマン地球に来ても色眼鏡で見られないような筋を立てることにも成功した。また、この時点でセリザワとかなり一体化していた。

大いなる危機エンペラ星人の動向を探るため、メビウスにナイトブレスを授かったあとまた地球を離れるが、エンペラ星人との最終決戦でまた姿を現す。この決戦尽きヒカリとしてもセリザワとしても意識を失うが、その直前にリュウにナイトブレスを授ける。そしてリュウヒカリ変身し、さらにメビウス・GUYSメンバーと一体化することでメビウスフェニックスブレイブとなり、最終決戦を打ち勝った。後のアーマードダークネスなどとの戦いでも地球に姿を現し、リュウと一時的に一体化している。

上述の経験からを使ったスマートな闘いを得意とする、線技を駆使もしくは卓越した体術で相手を制圧するウルトラマンとしては稀有な戦士科学者という独特の存在感を持っている。

その後『ウルトラファイトビクトリー』でウルトラマンビクトリーに強化アイテムであるナイトティバーを届け、『ウルトラマンジード』にて作中のキーアイテムであるウルトラカプセルが彼の作品(本編視聴者ならご存知の通り何者かによって盗まれている)そして、ウルトラマンゼロにもカプセルを託しウルトラマンゼロビヨンドに強化させるなど重要なキャラである。ちなみにジードフォームチェンジでも彼のを使ったアクロスマッシャーが存在する。

ウルトラマンタイガ」では本編にこそ登場していないが同作の「全集」にて、敵役であるトレギアの元上であったことが判明。自身の発明品が悪用されている科学者としての苦悩やボガールとの対峙がトレギアの現状に影を及ぼしてしまうという皮な経緯になっている。

メビウスでの客演からいつの間にやらメビウスより出番が多くなったのはウルトラ戦士では稀有な才を持つ研究・科学ポジション故か。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/19(月) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/19(月) 16:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP