今注目のニュース
安倍首相の12日の予定があまりにもヤバ過ぎるとネットで話題に
32名の男が1人の女を巡り殺し合い? 孤島で発生した衝撃の実話、その後は…【背筋も凍る!女の事件簿】
姉の結婚式でこらえきれず弟が涙 「犯罪者」と批判された意外な理由

ウルトラマン単語

ウルトラマン

掲示板をみる(544)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ウルトラマンとは、円谷プロウルトラシリーズ第2作、また、それに登場する架ヒーローである。

今作から続く一連の特撮ヒーロー作品シリーズについては「ウルトラシリーズ」を参照。

概要

OPよりウルトラマン by ID: zy9bwRiQg8 らくがきスレ#7910

TBS系列にて、1966年7月17日から1967年4月9日にかけて全39話が放映された。
シリーズ初のカラー作品でもある。

特撮神様円谷英二が産んだ、地球を守るために怪獣に立ち向かう正義巨人「ウルトラマン」の活躍を描いた特撮ヒーロー番組で、日本を代表するヒーローとして認知される、大人気作品である。

均視聴率36.8%という怪物じみた視聴率をたたき出し、「『ウルトラマン』が放送される時間は、町の銭湯から子供どころか大人まで姿を消す」とまで言われた。
放送からまもなく50年を迎える現在も、続編が盛んに作られるなど、その人気は衰えることなく、日本を代表するヒーローとして民に認知されている。

放映開始日である7月10日は、ウルトラマンの日として日本記念日協会に認定された記念日となっている(ただし実際には、この日放送されたのは『ウルトラマン前祭』であり、本編は翌週の7月17日から放映開始。円谷英二演を務め、「公式が病気」を地で行く、はっちゃけた予告番組だった)。

背景

それまで、怪獣が出てくる映像作品は、映画館でしか見られなかった。
多額の制作費とスタッフ、長いスケジュールを必要とし、合成などのポスプロにも手間がかかるため、大きな予算を組める映画でしか展開できなかったのだ。

前作『ウルトラQ』は、そういった業界の常識を打ち破った贅沢なテレビ番組であった。幕のスターであった怪獣たちを毎週テレビに登場させ、画面狭しと暴れまわる姿を視聴者提供し、見事に大ヒットした(もっとも、やはり予算的には非常に理のある製作体制であり、向こう数十年に渡って続く、円谷プロの(経営組織としては)悪しき体質の走りであった、こののツケはやがて、円谷プロの度重なる経営難として表出することになる)
しかし、主人公たちが毎週怪獣や怪奇事件に遭遇するのは不自然でもあり、長期シリーズにするには脚本・設定に限界があった。

この矛盾を解消するために誕生したのが、巨大ヒーロー「ウルトラマン」であった。
怪獣を倒す銀色巨人役にすることで、より子供達にもわかりやすい作劇が可となり、また敵役となる怪獣にもさまざまな特徴を持たせられ、物語マンネリ化を避けることができた。

実は製作の遅れにより、日本初のテレビ番組における巨大ヒーローの座は『マグマ大使』に譲っているのだが、『マグマ大使』が従来のテレビドラマと同様に4話(1ヶ)で1つのストーリーとなっていたのに対し、『ウルトラマン』は1話完結方式であった。
このため、毎週異なる怪獣が登場したため、話をすぐ忘れるガキ飽きっぽい子供達には大好評であった。
円谷英二の作る世界観も人気の一因となり、概要で述べたとおりの大人気を博することとなった。

ウルトラマン

M78宇宙警備隊に所属し、宇宙保安庁の長官をに持つ20000歳のエリート隊員。
後にウルトラ兄弟の次男となる。

基本的なプロフィール
身長 40m
体重 35,000t
走行速度 時速450km
飛行速度 マッハ5
水中速度 200ノット
キック 320

今に至っても客演そのものが少なく、彼自身の性格もはっきりしていないため、実は未だに秘性が強く残っている数少ないウルトラ戦士でもある。

帰ってきたウルトラマンの本名は後にウルトラマンジャックと判明したが、この初代ウルトラマンの本名はいまだ不明である。漫画などではマン、マン兄さんなどと呼ばれるが、映像ではそのように呼ばれたことはない。『ウルトラマンメビウス』では「ウルトラマン兄さん」や単に「兄さん」と呼ばれていた。

登場当初は今以上に秘的な(不審とも言う)キャラクターであり、「ヘッヘッヘ シンパイルコハナ」とハヤタにりかけるシーン不気味さなどは最悪役のそれであった。その後はハヤタ隊員などので流暢に話すようになっているため、さすがにこの怪しいはもう聞けなくなっているが。

ウルトラマンティガ』では、初代ウルトラマンのモデルとなったウルトラマンが実在し、かつて怪獣ヤナカーギーを封印した際に円谷英二邂逅したことになっている。
ティガの救援に現れヤナカーギーを倒した姿から、円谷金城哲夫が着想を得て、『ウルトラマン』を製作した、というメタ的な解釈がなされている。

戦闘力

必殺技は、お染みのスペシウム光線。十字に組んだ腕から、スペシウムを含む強線を発射する。ウルトラマンを徴する技で、日本中の子供たちがこのポーズ真似したと言っても過言ではないかもしれない。
他にも八つ裂き現在は「ウルトラスラッシュ」)、リバウンド線、キャッチリングといった線技を持ち、テレポートやバリアも操るなど、凝った設定ではないものの威の高い技を使う。

後続の作品のウルトラヒーローは、何か得意技、得意分野がある事が多い(切断技のA、キック技のレオ、念に優れるセブン等)が、初代ウルトラマンは、ある分野に特化せず、様々な技を持った万選手とされることが多い。
もしくは、作中で多用した投げ技が、得意技として設定されることもある。

『ウルトラマン』製作当時は、特撮ヒーロー作品製作のノウハウがど蓄積されておらず何もかも手探りだったため、後のシリーズ作品とべると、初代ウルトラマンは戦い方が非常にラフである。
これは、他のウルトラ戦士べて重心を低く保った、いわゆるになっているその構えにも現れている。

現在ウルトラヒーローは、正義の味方として見栄えする演出法が確立されており、手な演出とヒーロー性を重視して立ったままで戦うのが基本である。どちらかが倒れてもまた立ち上がってから戦闘を再開することが多い。
これに対して『ウルトラマン』の殺は、柔道のような実在武道と、当時絶大な人気を誇っていたプロレスを参考にして作られたため、これらをあわせたような試合展開となっている。
チョップなどで牽制→ネックハンギングで弱らせる→手な投げ技→スペシウム光線でとどめ、といったように、戦いの運びは、プロレスよろしく組み立てられている。

蹴り技1つをとっても、膝や背筋を伸ばした、いわゆる空手的な綺麗な形の蹴りはど見せたことがなく、膝が曲がったままのケンカキック、ヤクザキックどである。これが最も露なのは、ダダの顔面に蹴りを入れたときである。基本的に初代ウルトラマンの打撃は本当に痛そうなものばかりである。
また、(シリーズ初期は特に)っこいプロレス技での攻めが多く、ダダに首四の字を仕掛けたり、ジャミラネックハンギングを見舞ったりしている。

こういった描写の結果として、背での構えと投げ技の多用は、後の作品に客演した際にも受け継がれている。

本編での活躍

宇宙怪獣ベムラーを、地球の近くにあるウルトラゾーン怪獣墓場へ護送中に取り逃がしてしまい、これを追って地球を訪れる。
ベムラーを追跡していたが、たまたまビートルでパトロールしていた科学特捜隊のエリート隊員ハヤタ・シン田進)と衝突し、死なせてしまう(全なウルトラ業務上過失致死だが、自分のミスで取り逃がしたチンピラを慌てて追い掛けていたら生身で航空機に轢かれた上に航空機パイロットの方が死ぬとは思っていなかったはずなので大に見てやって頂きたい)。

マン
「申し訳ないことをした、ハヤタ隊員。その代わり、私の命を君にあげよう」

ハヤタ
「君の命を? 君はどうなる?」

マン
「君と、一心同体になるのだ。そして、地球平和のために働きたい」

責任を感じたウルトラマンは、自らの命をハヤタに与えて一体化するというかなり強引な方法で対処。

ハヤタ
「これは何だ」

マン
ベータカプセル

ハヤタ
ベータカプセル?」

マン
「困ったときにこれを使うのだ。そうすると……」

ハヤタ
「そうするとどうなる?」

マン
「ヘッヘッヘ シンパイルコハナイ」
「はっはっは、心配することはない」

こうして、地球を守る巨大ヒーローが誕生することとなった。

ハヤタ=ウルトラマンは、普段は人間として生活し、科学特捜隊の隊員として活動しているが、怪獣が現れた際には、ベータカプセルを使用してウルトラマン本来の姿へと戻る。
地球においてその姿を維持できるのは非常にわずかな時間のみであり、後の作品で「3分間」と設定されている。
タイムリミットが近づくと、胸のカラータイマーが点滅しだす。こうなるとめにケリをつけなくてはならない。

ハヤタとは一心同体、と言うより全にウルトラマンが乗り移っているような状態であるが、ハヤタとしての知識や記憶も問題なく使用できる。この為、敵宇宙人と接触する場合などは、ハヤタ=ウルトラマンとして相手方からも扱われる。

ことの元であったベムラーを仕留めた後も、地球平和を脅かす様々な怪獣宇宙人が現れ、そのたびにウルトラマンは立ち向かい撃退した。地球での生活を相当エンジョイしたようで、肌が綺麗になってやや筋肉質になっていった。
しかし最終話で、宇宙恐竜ゼットンと対決した際にはとうとう及ばず敗北。命を失い倒れこむ姿は、視聴者子供達に強い衝撃(というかほぼトラウマ)を与えた。

その後、今更救援に来たM78戦士ゾフィーから新しい命を与えられ生還。2つ貰った命のうち1つをハヤタに与え、彼から分離してに帰還した(この時ハヤタはウルトラマンと一心同体だった頃の記憶を抹消されている)。
ちなみにゼットン科学特捜隊の新兵器によって見事撃退されており、「地球はウルトラマンではなく人類の手で守っていかなくてはならない」と人々が決意するシーンで、『ウルトラマン』は完結している。

その後

M78事に帰還した後は、ゾフィーウルトラセブンなどとウルトラ兄弟としての契りを交わし、宇宙平和を守る戦士として日々戦い続けている。
地球にも何度か再訪しており、ウルトラマンタロウウルトラマンメビウスなど後輩導に当たっている。
このときにはまたハヤタの姿になっているが、「地球での名はハヤタだ」としかっておらず、再び合体したのかセブンのように姿を変えているだけなのかは不明。

最近は八つ裂き輪のバリエーション開発にハマっているようで、『ウルトラマンメビウス』で客演した際にはUキラーウルスの触手を切り落としたり、メフィラス星人相手に追尾式の二連八つ裂き輪を放ったり、大怪獣バトルでは手わせてキングジョーの腕を破壊したりしている(メビウスの客演では他にも、以前は同じ線技で相殺していたメフィラス星人線を大胸筋で防いでそのまま振り払うと言った貫の雄姿を見せている)。

初代『ウルトラマン』からは、時系列を別にするいくつかの作品が生まれており、ゼットンに敗れた後も一命をとりとめリベンジを果たしていたり、40年以上経ってハヤタの元にまた現れていたりする。

関連動画

関連静画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 542ななしのよっしん

    2019/10/10(木) 20:32:38 ID: nLJhHkBYxD

    円谷倒産寸前ってマジ

  • 543ななしのよっしん

    2019/10/11(金) 00:53:46 ID: +KnYyXmP4Y

    >>542 バンダイがついても玩具よりCGが多いから赤字だぞ

  • 544ななしのよっしん

    2019/10/11(金) 21:29:27 ID: OFS6uqgO+n

    マジか....もう終わりかな

急上昇ワード

最終更新:2019/10/14(月) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/14(月) 04:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ポータルサイトリンク

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP