ウルトラマンX 単語

309件

ウルトラマンエックス

3.0千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

X、それは「大いなる
X、それは「未知なる可性」
X、そしてそれは「つながる心、つながる!」

ウルトラマンX(ウルトラマンエックス)とは、2015年7月から12月まで放送されていたウルトラシリーズ及び、同作品に登場するウルトラヒーローである。総集編含め全25話が放送された。

当記事では、『太鼓の達人シリーズに収録されているOP曲についても記述。

概要

2015年4月公式発表された新たなウルトラマンウルトラマンギンガから引き続き「新ウルトラマン列伝」の中で放送されている。リアルタイムで見逃した視聴者のために、YouTubeでも毎週金曜日本編公式配信が行われる。

前作から引き続きスパークドールズが登場するほか、新たなアイテムシリーズ染みである防衛隊の本格登場、多数のオリジナル怪獣など、前作からさらにパワーアップした要素も数多く存在。

また、本作は翌年の2016年ウルトラマン生誕50周年であることから、昭和ウルトラマンが多数登場したメビウス以来となる客演ウルトラマンの多いシリーズ。前作のギンガや平成の新世代筆頭であるゼロ論、マックスネクサスといった2000年代中期のウルトラマンTVシリーズに初めてゲストとして登場する。

スタッフにはメインライター小林雄次をはじめ、前作のギンガに携わってきた脚本が続投。一方の監督勢にはメイン田口清隆、前作でメインを担当した坂本浩一アベユーイチの他にも、本作がウルトラシリーズ監督となる冨田卓が参加している。

あらすじ

地球に眠っていたスパークドールズを実体化させた太陽異常爆発ウルトラフレア
観測されてから15年後。怪獣対策のため創設された防衛部隊Xio(ジオ)所属の大空大地隊員がサイバー怪獣実験を行っていたとき、高熱で何でも焼き尽くす怪獣デマーガが出現して暴れ出した。
その時、大地マルチデバイスから不思議が聞こえてきた。それに導かれ、大地巨人ユナイトしてデマーガに挑んだ!

誕生、ウルトラマンエックス

ウルトラマンX(エックス)とユナイトします。

中村悠一

Xio日本支部に所属する大空大地(演:高橋健介隊員が変身ユナイトするウルトラマン想な宇宙人だと思われたくないタイプカラータイマーにあたる部分の「X」が特徴的。「ウルトラマンX」という名前は「未知の人」という意味で大地自ら名付けた。
15年前に自身が敵との戦闘の際引き起こした”ウルトラフレア”の体がデータと化しており、普段は変身デバイス「エクスデバイザー」エックスデータが宿った状態で待機。有事の際は大地ユナイトをして怪獣と戦う。ウルトラマンの例に漏れずユナイトしていられる時間には制限がある。
必殺技はザナディウム線。この技に限らずエックスに倒された怪獣スパークドールズへと戻る。

エクスデバイザーは元々スパークドールズの解析や通信端末などのマルチデバイスとしての機を持つ「ジオデバイザー」だったが、エックスが宿ったことで形状が変化した。さらにスパークドールズから怪獣データ読みとった「サイバーカード」を使うことで怪獣を模した「モンスアーマー」を装着し、さらなるを発揮する。地球人もやるじゃないか!」

ウルトラマン変身者がそれぞれ明確に意思を持っているしいタイプウルトラマン過去作で例えるなら映画ウルトラマンサーガ」に登場したウルトラマンゼロタイガ・ノゾム、「ウルトラマンG」のウルトラマングレートジャックシンドーらのような関係といったところか。戦闘時には二人の掛け合いも見られる。

ウルトラマンエクシードX

色のを身にまとい、さらなる進化を果たしたウルトラマンXの強化形態。変身アイテムを兼ねたエクスラッガーを用いて戦う。
スラッガーの部分をスワイプ、トリガーを引くことで必殺技が発動。スワイプ回数や方向により、複数の技を繰り出すことが出来る。特に「エクシードエクスラッシュ」はダークサンダーエナジーで強化された怪獣に最も効果のある攻撃であり、怪獣の体内のダークサンダーエナジーを除去する効果がある。なおこの攻撃では怪獣を倒せないため、通常形態に戻ってザナディウム線などの必殺技を放つ事が多い。

当初は技において不足な面もあったが、同じく武器にするウルトラマンビクトリーナイトに変身するショウとの特訓によりも使いこなせるようになった。

Xio(Xeno invasion outcutters)

本作の防衛チーム。前作の防衛チーム、UPGが設立間もない新チームであったのに対し、本作のXioはウルトラフレア後の怪獣復活に対抗して設立、実と規模を兼ねえた組織である。

地球防衛組織UNVERの下にあり、チーム名は”未知なる外敵からの防衛戦闘部隊”を意味する。怪獣や異人からの戦闘や防衛の他にも、回収したスパークドールズの分析、研究も行う。日本支部はオペレーションベースXを拠点に構えており、隊長木正太郎が掲げる”敵を理解する”という信念のもと、日々活動にいそしんでいる。

戦闘機のジオマスケッティや特捜のジオアトスなどを配備。隊員装備も充実しており、スパークドールズを解析したサイバーカード製作エックスXioの戦に変換。光線銃のジオブラスターはウルトライザーモードにすることで、並の宇宙人なら撃破可な威を持つ。

太鼓の達人における『ウルトラマンX』

曲名 ウルトラマンX
ID ultx
アーティスト ボイジャー feat. 大空大地
譜面制作 まりも研究
収録作品 筐体ムラサキVer.
PS Vita1DL,Wii U3DL,iOS
BPM 148
譜面 かんたん ふつう むずかしい おに
難易度 x1 x3 x5 x7
64 145 327 552
裏譜面 かんたん ふつう むずかしい おに
難易度 ------ ------ ------ x10
コンボ ------ ------ ------ 1035

玩具販売元であるバンダイナムコエンターテインメント音楽ゲーム太鼓の達人』では、コラボ企画として放送約2週前の7月1日より同タイトルOPテーマ曲が収録された。

初心者から上級者まで楽しめる難易度配置であり、太鼓ではかんたん×1と裏譜面×10が同時にプレー出来る数少ない楽曲で、表譜面の最後に飛んでくる大音符は譜面作成者のまりも研究く、「ウルトラマンが戦いを終えて、最後に「シュワッチ!」とへ飛んでいく光景イメージした」とか。特に裏譜面は曲の長さもあり、アニメ楽曲にてシリーズ初の4桁コンボ越えとなる1035を叩き出す体力譜面となり、アニメ曲でも歴代最多コンボだったのだが、次回作のOPはそれを上回り、本曲の裏譜面2位となってしまった。

関連動画

関連項目

外部リンク

ウルトラマンX(公式・映画版兼用)exit

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/24(金) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/24(金) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP