エアシャカール単語

エアシャカール

  • 5
  • 0
掲示板をみる(36)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

エアシャカール(1997年2月26日生~2003年3月13日没)とは、元競走馬皐月賞菊花賞を制した二冠で、日本ダービーをわずか7cmの差で2着に敗れた、史上もっとも三冠馬近づいた二冠、いわゆる準三冠馬である。

秀行厩舎所属、全盛期騎手武豊騎手

曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクターについては
エアシャカール(ウマ娘)を参照してください。

概要

血統構成は サンデーサイレンス アイドリームドアドリーム Well Decorated。
は自身は大したではなかったが、近親が大活躍しており、祖母がかつて社台グループアメリカに築き上げた拠点であったフォンテンブローファームで、場長だった吉田照哉氏が自ら考えた配合で生産し手放した名繁殖Hidden Trailという縁から輸入され
日本生産からエアデジャヴー(ノーザンテーストミスシルバーコレクター)を輩出し、彼がデビューする頃には血統の評価が高まっていた。

デビュー前からエアシャカールはの高さが評判になったが、気性の荒さも評判になった。どれくらい評判になったかというと厩舎の調教助手たちが今日のエアシャカール担当」をくじ引きで決めるレベル
デビュー戦は出遅れて5着も、2戦で勝ち上がり。500万下条件で2着のあとホープフルS(OP)を格上挑戦で勝利をおさめると、いよいよクラシック戦線に駒を進める。

皐月賞トライアル弥生賞GII)ではフサイゼノンの2着。しかし、そのフサイゼノンが「フサイゼノン事件」なる騒動で勝手に消えていったり、皐月賞スタートしたと思ったらラガーレグルスゲートから出られず競走中止になったりと勝手に消えていく有様であったが、そんな皐月賞ではダイクリーヴァ差のない2番人気に支持され、外から脚で抜け出し、ダイクリーヴァとの競り合いを制して皐月賞制覇。

次いで日本ダービーでは1番人気。その人気に恥じることなく4コーナーから大外一気のまくりで群を抜け出し、二冠達成か、と思わせたところでさらに外から河内騎手騎乗のアグネスフライトが強襲してきた。
河内か!豊の意地か!どっちだぁー!!」
という名実況と共に2頭並んでゴール。結果は、わずか7cmの差でアグネスフライトに凱歌が上がり、エアシャカールは二冠を逃した。

その後エアシャカールは海外遠征を敢行してキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドS(際GI)に出走。日程的に現地での前戦に出られなかった上、相手がエルコンドルパサーを下したモンジューとあっては分が悪く5着。

海外遠征のため、休む間もなく菊花賞トライアル神戸新聞杯(GII)に出走したが、内へヨレまくって3着に敗退。ちなみに勝ちはフサイソニックであった。またフサイチか。しかしソニックはこの後脚を壊しリタイアした。タイマー
それ以外のライバルとなりそうなダービーアグネスフライト以外は尽く回避するなど、菊花賞一騎打ちムードになった。
そして菊花賞では武豊騎手が「エアシャカールは右にヨレたがる」という癖を見抜き、内ラチ沿いを走って右にヨレないようにした。それが功を奏し、内からスルスルと伸びてきたエアシャカールは、アグネスフライトが伸びないのをに、トーホウシデンとの叩きあいを制して二冠を手中に収めた。このエアシャカールのヨレる特性を理解しての騎乗は武豊騎手の好騎乗とも言われている。

エアシャカールの次のレースジャパンカップに決まった。ジャパンカップには強も多く参戦するが、何よりも天皇賞(春)宝塚記念天皇賞(秋)を制し、古中長距離路線全制覇を論む世紀末覇王テイエムオペラオーとの対決が注された。
しかし世紀末覇王の壁は厚く、ジャパンカップテイエムオペラオーが制し、エアシャカールは

加筆依頼 この項は、編集者資料が何者かにより焼却されたために途中の内容が大幅に省略されました。
でもまあ、世の中知ってたとしても書かない方がいい事ってあるよね。

・・・5歳有馬記念を最後に現役を引退した。

真面目な?菊花賞後

(承前)…なんと14着。オペラオー王者の座を賭けて挑むには器が足りないと満下に示してしまう結果となった。
とはいえ、全盛期であり持ち前の当たりの柔らかさでイナリワンクラスの癖すら手足のごとく操った武豊を持ってしても
「ドタマかち割って中身が見てみたいわ(意訳)」と呆れたレベルの気性、かつ場の為な海外遠征のせいか菊花賞後体重が減したという理由も一応存在した。気性はどうしようもないが。
休養し立て直しを掛け年明け初戦は産経大阪杯テイエムオペラオーもここで復帰予定であり、リベンジ戦には持って来いの舞台となった。
レースではアドマイヤボスしくつつかれてめに仕掛けたオペラオーを後ろから強襲。勝ったか…に見えたが、
気の悪さから横向いて集中を切らしたのが運の尽き、トーホウドリーム乾坤一擲・一世一代・全投球その他諸々的な末脚にオペラオーボスごと差され2着。ここで勝ってりゃまた違った気もするが…
天皇賞(春)は切れ味勝負なら良かったのだが馬場がやや重くなり、集中なんて出来はしない気性では勝てるはずもなく8着。せめて武豊だったらなあ。(二戦は蛯名正義戦)
その後、宝塚記念メイショウドトウの悲願を後ろで祝福しては終了。に捲土重来を期すが肺炎でお休みとなった。
こうして、テイエムオペラオーリベンジする機会は永遠に失われたのだった…

その後、5歳産経大阪杯で復帰しサンライズペガサスの末脚に屈したものの肺炎からの復帰戦としては上々な感じにめた。
それが評価され次走金鯱賞では菊花賞トライアル神戸新聞杯以来となる一番人気を背負うが、ツルマルボーイの末脚に屈し2着。なんか末脚に屈してばっかりだなあ。
自分以外GⅠがおらず威を示すチャンスだった宝塚記念ダンツフレームの悲願を後ろから祝う形の4着となった。
なお、3着にはクラシックで除外のあられを受けてやけくそで?出走して逃げローエングリン(3歳、最高成績:オープン勝ち)が入ったため、彼と彼の世代の評価は地の底に埋まった。タップダンスシチーの本格化やイーグルカフェの復活、翌エイシンプレストンアグネスデジタルの復活で世代の評価自体は掘り起こされたが、みんなってマル外だったので、内のみでみた場合は…うん
はもう威クソもなく三冠路線を3連敗(4→12→9)、5歳限りで引退した。え?中山代替開催の天皇賞(秋)4着だから形は示せただろって?2着中山が苦手すぎてハゲレベルでダメなナリタトップロードだからなあ…

その後、種入りするが初めてのシーズンに僅かな種付けをした後に事故死亡。わずか4頭の産駒しか残せず、すべてだったものの、産駒を残せたのは中央一の勝ち上がりエアファーギーと、マグナーテンのマジックナイトの産駒をに持つマジブランシェのみであった。

菊花賞の後はの名前であるI Dreamed a Dream(和訳:破れて)がこの上なく似合う生を送ってしまったエアシャカール。産駒も血を繋ぐ可性は限りなく少なく、もうじき記録からは「最弱の二冠」「レース最低、でもドラマは最高なダービーアグネスフライトに負けたヤツ」ということしか残らなくなることであろう。
せめて現役時代を見た人はそれ以外のシャカールをり継いでいってほしいものである。あるのかちょっとぎも…ゲフンゲフン

関連動画

さすがは準三冠馬

わずか7cmで・・・

関連商品

関連コミュニティ

エアシャカールに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

外部リンク

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/05/12(水) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2021/05/12(水) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP