エアシャカール 単語

31件

エアシャカール

7.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

エアシャカール1997年2月26日生~2003年3月13日)とは、元競走馬皐月賞菊花賞を制した二冠馬で、日本ダービーをわずか7cmの差で2着に敗れた、史上もっとも三冠馬に近づいた二冠馬、いわゆる準三冠馬である。

森秀行厩舎所属、全盛期騎手武豊騎手名は冠名エア+アメリカヒップホップ、特に1990年代ギャングスタ・ラップというジャンルる上で外せない人物、2Pacの本名であるTupac Amaru Shakurから。
エア冠名で知られる吉原氏はちょくちょくラッパーから名前をもらっており、1歳下のエアエミネム[1]あたりは有名だろうか。
他にはエアシェイディもラッパー由来である(エミネムあだ名、スリムシェイディより)

な勝ち
2000年:皐月賞(GI)、菊花賞(GI)

曖昧さ回避 この記事では実在競走馬について記述しています。
このを元にした『ウマ娘 プリティーダービー』に登場するキャラクターについては
エアシャカール(ウマ娘)を参照してください。

概要

血統構成は サンデーサイレンス アイドリームドアドリーム Well Decorated。
は自身は大したではなかったが近が大活躍しており、祖母がかつて社台グループアメリカに築き上げた拠点であったフォンテンブローファームで、場長だった吉田照哉氏が自ら考えた配合で生産し手放した名繁殖牝馬Hidden Trailという縁から輸入され、日本生産からエアデジャヴー(ノーザンテーストミスシルバーコレクターエアシェイディ・エアメサイア兄妹)を輩出し、彼がデビューする頃には血統の評価が高まっていた。

デビューから3歳春まで

デビュー前からエアシャカールはの高さが評判になったが、気性の荒さも評判になった。どれくらい評判になったかというと、厩舎の調教助手たちが今日のエアシャカール担当」をくじ引きで決めるレベル。持ち前の当たりの柔らかさでイナリワンのようなですら手足のごとく操った武豊を持ってしても 「ドタマかち割って中身が見てみたいわ(意訳)」と呆れたレベルの気性難であった。

デビュー戦は出遅れて5着も、2戦で勝ち上がり。500万下条件で2着のあとホープフルS(OP)を格上挑戦で勝利をおさめ、皐月賞トライアル弥生賞GII)でフサイゼノンの2着して、いよいよクラシック戦線に駒を進める。

皐月賞では、フジキセキ初期の活躍・5戦4勝のダイタクリーヴァと差のない2番人気に支持され、4コーナーで外から捲ってグイーンと上がってくると脚で抜け出し、内にもたれる悪を見せるもダイタクリーヴァとの競り合いを制して皐月賞制覇。エアシャカールにしてはしくそれほど気性の悪いところを出さなかったようで、武豊騎手も「今日は落ち着いていましたね。普通としてみたらうるさいんでしょうが、今まででは一番大人しかったと思います」と満足げだった。

それにしてもこの皐月賞、前走の弥生賞シャカールを破ったフサイゼノンは右橈遠位端膜炎で出走回避したあと一騒動を起こし[2]、3番人気ラガーレグルスは頭絡がゲートにひっかかってスタートを切ることすらできずに競走中止、いろいろあった皐月賞だった。

次いで日本ダービーでは1番人気。その人気に恥じることなく4コーナーから大外一気のまくりで群を抜け出し、二冠達成か、と思わせたところでさらに外から河内騎手騎乗のアグネスフライトが強襲してきた。
河内か!豊の意地か!どっちだぁー!!」
という名実況と共に2頭並んでゴール。結果は、わずか7cmの差でアグネスフライトに凱歌が上がり、エアシャカールは二冠を逃した。
ちなみに上の武豊はというと、兄弟河内との死闘を楽しむ余裕もなく抜け出すときに一気に内にササり、後ろから突っ込んできたアグネスに併せに行ったら外にササってガンガンタックル仕掛けてアグネス押し出しに行くシャカールをなんとかしようと悪戦苦闘を繰り広げ、最後の方はしっかり追えてなかったのである。レース後の武豊は「勝ったには迷惑をかけてしまいました」と謝り通しだった。まっすぐ走ってれば二冠を楽勝したという説も一部では存在する。

3歳秋 海外遠征から2冠、そしてジャパンカップ

ダービー後、エアシャカールは海外遠征を敢行してキングジョージ6世&クイーンエリザベスダイヤモンドSG1)に出走。日程的に現地での前戦に出られなかった上、相手がエルコンドルパサーを下したモンジューを始めとした強とあっては分が悪く5着。その後は凱旋門賞への登録もあったのだが、断念して帰することになった。この後、ダービーで見せたササが悪化していく。

8月31日海外遠征から帰厩したエアシャカールは休む間もなく菊花賞トライアル神戸新聞杯(GII)に出走。アグネスフライトとの再戦なったが、内側に恨みでもあるのかというくらいにササリまくって3着に敗退、2着はアグネスフライト武豊「気性面で成長が見られない」とのこと。ちなみに勝ちは4連勝の上がりサイソニックであった。またフサイチか。しかし間もなくソニック屈腱炎引退してしまった。タイマー

それ以外のライバルとなりそうなも、ダービー3着のアタラシア神戸新聞杯1週前に右前脚に異常を発生して戦線離脱、の実ラガーレグルス屈腱炎菊花賞を前に引退青葉賞カーネギダイアン洞発症で絶望皐月賞3着のチタニックオーは屈腱炎で長期休養中、皐月賞2着のダイタクリーヴァ距離不安から々に菊花賞への不出走を表明しており、あろうことか菊花賞トライアルであるセントライト記念を勝ったアドマイヤボスまでジャパンカップ標にして異例の菊花賞スルー! ダービーアグネスフライト以外の有が尽く回避した結果、菊花賞出走予定の重賞は僅か4頭、OP勝ですら半数を切っており、前走で未勝利を脱出したばかりのゴーステディが中2週で菊花賞に挑戦してくるという状況になり、菊花賞はエアシャカールとアグネスフライト一騎打ちムードになった。

そして菊花賞では前走までの過程もありアグネスフライトが1番人気でエアシャカールは2番人気であった。ここでエアシャカールは好位の内ラチ沿いで中を進めるという二冠とは全く異なる競馬を見せる。しかし、4コーナーで外から順調に進出を開始するアグネスフライトとは対照的にエアシャカールは群の中。万事休す。勝負あったかと思われた……。しかし、これは至って作戦通りの展開。武豊騎手は「エアシャカールは右にヨレたがる」という見抜き、予めリングハミを装着し、レース中も内ラチ沿いを走って右にヨレないようにしいたのだ。それが功を奏し、内からスルスルと末脚よく伸びてきたエアシャカールは、アグネスフライトが伸びないのをに、トーホウシデンとの叩きあいを制して二冠を手中に収めた。このエアシャカールのヨレる特性を理解しての騎乗は武豊騎手の好騎乗とも言われている。

ジャパンカップ

次走はジャパンカップ。強も多く参戦するが、何よりも天皇賞(春)宝塚記念天皇賞(秋)を制し、古中長距離路線全制覇を論む世紀末覇王テイエムオペラオーとの対決が注された。オペラオー以外にも

など内外の強が集結。その中でもエアシャカールは3番人気アグネスフライトは4番人気に支持された。これは当時、古戦線ではテイエムオペラオー無双しており、古たちの間では格付けが済んでいたという状態だったためである。そこで白羽の矢が立ったのが今までオペラオーと戦ったことがない実が未知数のエアシャカールたち3歳だった。に配当的にオペラオーが勝ってもつまらない馬券ファンから打倒オペラオーの期待が懸かっていた。

しかし、結果は14着。まさかの大惨敗を喫してしまう。
……これほどまでに大敗した理由として挙げられそうなのは体重が前走の菊花賞から-14kgの480kgと大きく体を減らしていたこと、ステイゴールド逃げて前半1000mが63というスローペースとなり追込であるエアシャカールには向かない展開になったこと。この他、海外遠征による負担や、そこから神戸新聞杯から菊花賞を使うタイトローテもしたと考えられる。そう考えると海外行脚中かつBCターフから中2週で参戦してオペラオーらと勝ち負け争いに加わったファンタスティックライトとは一体……。なんならこの後、しれっと香港カップ勝ってるし。

ちなみにこのレースダービーアグネスフライト13着NHKマイルカップ覇者イーグルカフェ15着オークスシルクプリマドンナ16着3歳世代が下位を独占。一応、海外のレーヴドスカーが7着を確保したものの、なんとも言い難い結果となってしまった[3]

この『世代が最低着順を独占した』という事実は、後々この世代の評価に大きくを及ぼすことになる……。

4歳から5歳 狂いだす歯車、そして早すぎる死

休養し立て直しを掛け年明け初戦は産経大阪杯テイエムオペラオーもここで復帰予定であり、リベンジ戦には持って来いの舞台となった。レースではアドマイヤボスしくつつかれてめに仕掛けたオペラオーを後ろから強襲。オペラオーを差し切って勝ったか…に見えたが、気の悪さから横向いて集中を切らしてまたササを出したのが運の尽き、丁度この日、阪神に乗りに来たアンカツが駆る同い年、メジロライアンリャイアン産駒トーホウドリーム乾坤一擲・一世一代・全投球その他諸々的な末脚にオペラオーボスごと差され2着。ここで勝ってりゃまた違った気もするが…。

天皇賞(春)は切れ味勝負なら良かったのだが馬場がやや重くなり、集中なんて出来はしない気性では勝てるはずもなく8着。せめて同じ京都菊花賞ササを制御した武豊だったらなあ。(二戦は蛯名正義戦)

その後、宝塚記念では5着。悪い着順ではないのだが準三冠馬としては物足りなかった。メイショウドトウの悲願を後ろで祝福して終了。に捲土重来を期すが炎を患いは全休。 こうしてテイエムオペラオーリベンジする機会は永遠に失われたのだった…。

5歳産経大阪杯で復帰し、サンライズペガサスの末脚に屈したものの炎からの復帰戦としては上々な感じにめた。それが評価され次走の金鯱賞では菊花賞トライアル神戸新聞杯以来となる一番人気に支持された。しかしツルマルボーイの末脚に屈し今度も2着。なんか末脚に屈してばっかりだなあ。

宝塚記念は自分以外にGⅠがおらず威を示すチャンスだったのだがダンツフレームの悲願を後ろから祝う形の4着となった。この大チャンスでも内側に何の恨みがあるのかってくらいササっており、ササってなきゃ勝ってた……というのは流石楽天的か。

天皇賞(秋)では足を延ばすも新進気鋭の3歳シンボリクリスエス中山が苦手なのに何故か好走したナリタトップロードらを捉えられず4着。追込不利の馬場で後ろから行って上位に来たのはナリタトップロードとエアシャカールだけだったので着順以上に健闘していたとはいえる。その後はジャパンカップ有馬記念と出走するも威も何もなく連敗(12着→9着)、5歳限りで引退した。

引退後、種牡馬入りしたはいいものの初めてのシーズンに僅か11頭に種付けをした後に事故死亡してしまう。何もそんなところまで2Pacに似なくてもいいじゃないか…[4] そのうち受胎し出産までこぎつけたのはわずか4頭。すべてだった上、産駒を残せたのは中央一の勝ち上がりエアファーギーと、マグナーテンのマジックナイトの産駒に持つマジブランシェのみであった。

評価

菊花賞の後は名前であるI Dreamed a Dream(和訳:破れて[5])がこの上なく似合う生を送ってしまったエアシャカール。

彼が産まれた2000年クラシック世代は、クラシックを勝って注されたがその後あまり活躍できなかったこと、そして2000年ジャパンカップで下位を独占したこともあって、一時は最弱世代などと不名誉なレッテルを貼られてしまった[6]。しかし4歳以降にはアグネスデジタルが芝・ダートを問わずにGI6勝を挙げ、イーグルカフェジャパンカップダート復活エイシンプレストン海外GIを3勝し、タップダンスシチーも6歳で覚醒してGI2勝を挙げるなど世代の評価自体はある程度持ち直した。
しかしながら、それら活躍したが全て外国産馬であったため、であるエアシャカール達の評価は変わらないままであった。

産駒に関しても前述の通り逝により僅か4頭が少なく、種牡馬成績による再評価も出来なくなってしまった。

現在のところ、エアシャカールの評価は上記の通り古戦線での不振によりあまり高くない、というか低い。ときには「最弱の二冠馬」「三冠馬にならなくて良かった」「レースレベル最低、でもドラマは最高なダービーアグネスフライトに負けた」など、明らかな侮辱を含んだ評価をされることもしくはない。
しかしながら二冠馬になったそのは間違いないものであるし、レースレベル々などの色眼鏡をかけずに見れば見応えのあるレースもある。特に日本ダービー叩き合いは現在り継がれるほどドラマに溢れている。せめて彼をるときには、多くの称賛をもってりたい。

血統表

エアシャカールの血統
*サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo
1969 黒鹿毛
Hail to Reason Turn-to
Nothirdchance
Cosmah Cosmic Bomb
Almahmoud
Wishing Well
1975 鹿毛
Understanding Promised Land
Pretty Ways
Mountain Flower Montparnasse
Edelweiss
*アイドリームドアドリーム
1987 鹿毛
FNo.4-r
Well Decorated
1978 黒鹿毛
Raja Baba Bold Ruler
Missy Baba
Paris Breeze Majestic Prince
Todor Jet
Hidden Trail
1975 鹿毛
Gleaming Herbager
A Gleam
Tobacco Trail Ribot
On the Trail
競走馬の4代血統表

クロスアウトブリード

関連動画

さすがは準三冠馬

わずか7cmで・・・(よく見ると最後の方、アグネスフライトが相当外に押されている)

悪夢ジャパンカップ・・・

関連コミュニティ

関連項目

外部リンク

脚注

  1. *余談になるが、エミネム2Pacの大ファンであり、現在2Pacの楽曲の権利は大半がエミネムが買い取っているとか。
  2. *調教師田原成貴馬主関口房朗に説明なく皐月賞の回避を発表してしまい、激怒した関口氏が田原厩舎に預けていた所有馬を全て森秀行厩舎へと転厩させる「フサイゼノン事件」に発展した。ステークホルダーへの説明責任は重要なのです。
  3. *一応こうなった理由として考えられそうなのは、アグネスフライトはエアシャカールと同じく追込であるため展開が向かず、イーグルカフェマイルベストで2400mは明らか距離適性外、シルクプリマドンナローズS(9月)→秋華賞(10月)→エリザベス女王杯(11月12日)の過密ローテからの中1週!という過密すぎるローテーション、それぞれ惨敗の要因として挙げられそうなものはある。まあ、シルクプリマドンナに関してはの成績が全て馬券外だったので単にだったのかもしれない。
  4. *2Pacについてはニコニコ大百科にも記事があるものの、内容が薄なのでWikipediaなりを参照していただきたいが、彼自身も大変問題のある(ファンア○ルセック○を強要して実刑を食らうなど)人物だったとはいえ、色々あって出身地だった東海のバッドボーイレコードから西海デスロウレコードに移ったあと、かつてのレーベルメイトであったノトーリアス・B.I.G.ら東海勢をしくディスり憎悪を煽り立てるなど対立した果てに、撃されて36歳で死ぬという末路を迎えた。ノトーリアス・B.I.G.も殺されるなど、1990年代ヒップホップに消せない傷を残していってしまった。
  5. *直訳だと私は見た、くらいの感じだが、オーディション番組でスーザン・ボイルが歌って彼女運命を切り拓いたミュージカルレ・ミゼラブルの楽曲はやぶれて、という訳である。若き日の社台総帥・吉田照哉氏がフォンテンブローファームという破れて手放したヒドゥントレイルの子にはちょっと皮めいてはいるが、ピッタリなのかもしれない。
  6. *ジャパンカップの1週前に行われたマイルチャンピオンシップではアグネスデジタルダイタクリーヴァコースレコードワンツーフィニッシュを決めていたのだが、あまりにジャパンカップでの総崩れの衝撃が大きすぎて頭の中から消え去ってしまった。
この記事を編集する
関連記事

親記事

子記事

  • なし

兄弟記事

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/05/22(水) 08:00

ほめられた記事

最終更新:2024/05/22(水) 08:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP