エギーユ・デラーズ単語

エギーユデラーズ

2.8千文字の記事
掲示板をみる(772)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(2)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

地球連邦軍、並びにジオン公国戦士に告ぐ。
々はデラーズ・フリート
いわゆる、一年戦争と呼ばれた、ジオン独立戦争終戦協定が、偽りのものであることは、にも明らかである!

何故ならば、協定は『ジオン共和』の名を騙る売国奴によって結ばれたからだ。
々は、かも戦いの的を見失ってはいない。それは、間もなく実されるであろう。
々は日々思い続けた、スペースノイドの自治権確立を信じ、戦いの業火に焼かれていった者達の事を。
そして今また、敢えてその火中に飛び入らんとする若者の事を。
スペースノイドの、心からなる希である自治権要に対し、連邦がその強大な軍事を行使して、ささやかなるその芽を摘み取ろうとしている意図を、明するに足る事実を、私は存じておる。

見よ、これが々の戦果だ。このガンダムは、核攻撃を的として開発されたものである。
南極条約違反のこの機体が、密かに開発された事実をもってしても、呪わしき連邦悪意を、否定出来うる者がおろうか!

省みよう!何故ジオン独立戦争が勃発したのかを!
何故等がジオン・ズム・ダイクンと共にあるのかを!

々は三年間待った。
もはや、軍団いの吐息を漏らす者はおらん。

今、若人の熱き血潮をが血として、ここに私はめて地球連邦政府に対し、宣戦を布告するものである!!
繰り返し心に聞こえてくる、祖国の名誉の為に……

ジークジオン!!

機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORY 第5話 『ガンダムへ』より

デラーズ

エギーユ・デラーズとは、機動戦士ガンダム0083 STARDUST MEMORYの登場人物である。

小林清志

概要

ギレン・ザビの理想を盲信するジオン軍人で、デラーズ・フリート創設者。年齢を思わせるちょっと強面な顔立ちと、スキンヘッド&かこみが特徴の男。ちなみに禿ではないらしい。

前史

一年戦争時はジオン公国軍大佐であり、元々は宇宙攻撃軍ソロモン隊グワデン艦長であったが、ア・バオア・クー戦ではア・バオア・クー統一軍総帥直属艦隊と所属が変わっている(公式HPより)

ギレンの野望ムービーではギレンの近しい立ち位置にいたと伺わせる表現になっていることが多い。一方で公式HPでは「スペースノイドの自治獲得というに賛同していただけかも知れない」という記述があり、ギレン・ザビの信奉者とされるがその詳細は不明である。

しかしギレンは誅殺され、その件は戦死と報告を受けたものの、デラーズは即座にキシリアによる暗殺と看破。そして、揮系統の乱れからジオンが敗戦することを見抜いてか、艦隊を撤退させ、戦線を離脱した。この時、当時大尉だったアナベル・ガトーが死して忠義を示そうとしていたため、その生命を預かる形で強引に引き止めた。

終戦後、カラマポイントに集結した残党のうち、戦の充実を図りつつ連邦に対し付け入る隙を模索しようとした者たちはアクシズへ退避することとなった。一方、連邦に対して地球圏に残っての徹底抗戦を選んだ者たちを糾合し再編成したのがデラーズであった。その後デラーズは艦隊を暗礁宙域に移動、茨の園と呼ばれる繋留基地の設営に入った。

人柄・活躍など

0083劇中の事件を起こした本人であり、敵側における最大のキーパーソンである。後に0083での一件は彼の名をとってデラーズ紛争と呼ばれるようになった。
作戦を計画し、核兵器を発射することが可ガンダム試作2号機RX-78GP02)を強奪。地球連邦軍などに対して「戦争はまだ終わっていない。降宣言は売国奴によるものだ」として宣戦布告した。

人物的には、ギレンのように絶対的な思想を基軸としたカリスマがあるというよりは、部下を慮った行動や言動で厚い信頼を受けるタイプである。それは生き恥す羽になったアナベル・ガトーが絶対的な忠を誓っていることからも伺え、他の部下たちからも本当の意味で信頼されている。

思想面では前史にも記述される通り、ギレンの像を置くなどしてギレン・ザビを信奉しており、連邦軍のコーウェンからはギレン・ザビの亡霊と揶揄される一方で、公式設定資料等では「単にスペースノイドの自治権獲得」というに賛同していただけかもしれない、とも記述されている。

性格面では作戦といったネーミングセンスから伺えるように、ロマンに走りがちな傾向があるようだ。またかなりの理想な部分もあり、それは汚れ仕事専門かつデラーズ・フリートと肌が合わないであろうシーマ・ガラハウを引き入れ、アナベル・ガトーにも諫言されたにも関わらず「自分が導く」とするといった点に表れている。

軍略としては大変優秀であり作戦という困難作戦を成功させた一方で、作戦結果をジャミトフらに利用された点から政治的なには欠けていたという評価もある。

作中では、作戦的であるコロニー落とし計画までこぎつけるが、そんな自分が導くとしていたシーマに大事な局面において裏切られてしまう。
さらにバスク・オムが展開したソーラ・システムの存在により、作戦の本懐であるコロニー落とし計画すらもご破産になると思われた
しかし、シーマの裏切りによって人質にされたデラーズを前に迷うガトーを見て、「屍を乗り越えて行け」と叱。彼にコロニー落とし遂の決意を抱かせたものの、それに激怒したシーマに射殺されてその動の生涯を終える。

作戦は、当初の狙い通り北倉地帯をコロニー落としで壊滅させることにより確かに食料自給を宇宙側に傾けることに成功した。だが一方でコロニー落としではなくコロニー落下事故であるという名バスク・オムジャミトフによってティターンズ結成に利用されることとなり、Zの物語へと続くことになる。

ちなみにコロニー落下事故として発表された理由としては、反連邦プロパガンダとしての役も持っていたコロニー落とし事故として処理することにより、そのプロパガンダとしての機を失わせる意図であった。

その後の内乱や連邦の疲弊、アクシズの帰還等も含め、の結果をどう見るかは視点や個人により評価の分かれるところである。勝利者などいない物語に相応しいラストと言えるかもしれない。

余談

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/08(木) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/08(木) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP