今注目のニュース
【アルバイト採用ブランド力ランキング】スタバ神話の崩壊?!令和のアルバイト人気勢力図が激変!
最終電車「乗り過ごし常習犯」の25歳…つい寝てしまう理由と対処法は?
米国防総省式の『ハードワークでも折れない心のつくりかた』 大事なのは「鋼鉄の心」ではなく「竹のようなしなやかな心」

エクシーガ単語

エクシーガ

  • 1
  • 0
掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

エクシーガ(EXIGA)とは、富士重工業スバル)が製造・販売する乗用車である。 

概要

スバルにおける多人数乗りはかつてドミンゴトラヴィックが存在したが、ドミンゴサンバーの排気量拡大版、トラヴィックは初代オペルザフィーラOEMであり、現在は共に販売中止となっている。
そこで、新たに自社開発されたのがエクシーガである。

いわゆるミニバンに分類されるが、4代(BPレガシィにどことなく似た外観に加え、広告等においては一貫して「多人数乗り」と表現している。他にも、全グレード四輪独立懸架を採用するほか、最上グレードとして伝家の宝刀EJ20ターボエンジンを搭載した「GT」を設定するなど、スバルの”走り”に対するこだわりが垣間見える。

「7シーターパノラマツーリング」をコンセプトに、フロントシートからサードシートまでの着座位置を徐々に高くすることですべての席での見らしを良くした「シアターシートレイアウト」を採用。また、セカンドシート頭上までを覆う開口部を確保することですべての席で開放感を味わえるようにした「パノラミック・ガラスルーフ」が設定された。

しかし、スバルやる気に反して販売面では苦戦。世間一般のミニバン購入層からは、スバルが拘った走行性よりも、「スライドドアじゃない」「3列が狭い」といったネガティブ面による低評価の影が大きかった。水平対向エンジンを積むが故のフロントオーバーハングの長さや、縦置きエンジンによるボンネット長も、ミニバンユーザーとは相いれなかった。

その影を受け、2015年マイナーチェンジにて、「エクシーガ クロスオーバー7」とミニバンからクロスオーバーSUVへと転身。
スバル自身がレガシィグランドゴン(後のアウトバック)やフォレスターで切り拓いてきたクロスオーバー種として、再起を図ることとなった。

名称は、スバルが提案する多人数乗りの特徴である”EXCITING(心躍る)”と”ACTIVE(活動的な)”の意味を込めた造である。

関連動画

関連商品

関連項目

外部リンク

掲示板

  • 9ななしのよっしん

    2013/12/22(日) 21:24:28 ID: iJLb6qGEr+

    うちの従兄弟が乗ってやがります

  • 10ななしのよっしん

    2014/09/18(木) 11:56:31 ID: PWwQXmOtM2

    Aピラーの引き起こしが急だから見分けがつきやすい。まあ、あんまり走ってないけど…

  • 11ななしのよっしん

    2019/01/09(水) 02:05:11 ID: GChDBDZnvH

    >>1>>2
    8年近い時を越えて今更のレスながらどうかと思うが、初代レガシィには荷台にみたいな対面式ベンシートを備えた7人乗り仕様が存在していたんだぜ、とアラフィフのおっさんが言ってみる。

急上昇ワード

最終更新:2020/02/20(木) 02:00

ほめられた記事

最終更新:2020/02/20(木) 02:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP