エスポワールシチー単語

エスポワールシチー

4.1千文字の記事
掲示板をみる(15)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

エスポワールシチー(Espoir City)とは、2005年生まれの日本競走馬種牡馬である。
名はフランス語希望(Espoir)+冠名のシチー。 

な勝ち
2009年:かしわ記念(Jpn)、マイルチャンピオンシップ南部杯(Jpn)、ジャパンカップダート(GⅠ)
2010年:フェブラリーステークス(GⅠ)、かしわ記念(Jpn)
2011年:名古屋大賞典(Jpn)みやこステークス(GⅢ)
2012年:かしわ記念(Jpn)、マイルチャンピオンシップ南部杯(Jpn)
2013年:マイルチャンピオンシップ南部杯(Jpn)、JBCスプリント(Jpn)

概要

ゴールドアリュールエミネントシチー*ブライアンズタイムという血統で、近ゴールドシチーがいるシチー冠名で有名な友駿ホースクラブゆかりの血統である。

デビュー較的遅く、2008年3月。芝路線を歩むがなかなか勝ち切れず6戦で初勝利。その後も芝ではイマイチだったのでダートに転向させると強いのなんの。
あっという間にオープンまで上り詰め、3歳シーズンを終える。……といえばなかなか適性を見いだせなかっただけのように感じるが、彼は暴れん坊で制御が難しい側面があった。それを上手く制御して走れるように仕込んだのは、騎手佐藤哲三である。

そして迎えた明け4歳。平安ステークス2着、フェブラリーステークスでは見せ場たっぷりの逃げで4着とポテンシャルの高さを見せる。
そしてマーチステークスを快勝しかしわ記念に向かい、めに押し上げてカネヒキリを振り切り、高らかに世代交代の凱歌を上げた。GⅠ勝利である。
その後まで休養し、初戦のマイルチャンピオンシップ南部杯では圧倒的スピードフェブラリーステークスを勝ったサクセスブロッケンをねじせ、阪神替わり2回ジャパンカップダートでも他を寄せ付けない圧倒的逃げ勝利。王者に君臨し、ドバイ遠征を熱望される存在となった。

迎えた5歳初戦フェブラリーステークスでは二番手から押し切り勝利。これでGⅠ4連勝。さあドバイへ!……と思われたが、AWや遠征リスクを考慮し自重という判断になった。
クラブのため軽々に決められない面はあるとはいえ、後の事を考えればただ残念と言わざるを得ない。
気を取り直して迎えたかしわ記念も快勝。今度は前戦出走も含めたブリーダーズカップクラシック遠征をぶちあげた。
……のだが、いつの間にか前戦出走は立ち消えになり、マイルチャンピオンシップ南部杯へ。1.0倍の絶対的支持を受けるが、オーロパーク(盛岡競馬場の別称)でオーロマイスターに差し切られ2着に敗れる。もう衰えが見え始めていたのかも知れない。
それでも、ブリーダーズカップクラシックチャーチルダウンズへ遠征。前々につけ、4では一先頭に立つがブレイムゼニヤッタにあっという間に飲み込まれ10着。このレースを最後に休養に入った。

6歳になった後は遠征の後遺症もあってトップフォームを取り戻せず、GⅢでは貫を見せるが、GⅠでは掲示板こそ外さないものの、覚醒したスマートファルコントランセンドからは離されることが多かった。
しかし2012年になり、彼らの離脱・凋落と共に復調。かしわ記念では帰ってきた相棒佐藤哲三を背に、往年のような2番手からの抜け出しでフリオーソをかわし、テスタマッタを完封久々GⅠ制覇を達成。
帝王賞エルムステークスでは新たちに遅れをとるも、彼らとの戦いで闘志に火がついたのか、マイルチャンピオンシップ南部杯では全盛期を彷彿とさせる圧倒的スピードライバルをねじせ、3年ぶりに王者に返り咲いた。
しかしジャパンカップダートでは暴走気味にハナを切ったのが災いしたか、10着惨敗を喫してしまった。
佐藤哲三が負傷で武豊に乗り替わりになったのが原因なのかもしれないが、にしても負け過ぎである。

8歳と、ついにいい種牡馬オファーがないのか会員の意向なのかないまぜなのか分からないが、大体のが現役を退いている年齢を迎えた2013年トウカイトリック? アレ次元が違う。
フェブラリーステークスから始動。9番人気と軽視されたがうまく先行して、隣でカレンブラックヒルがこれ以上逆噴射を見せる中、直線抜け出す。全盛期なら間違いく押し切った流れであったが、 グレープブランデーに差し切られ2着に終わった。
かしわ記念でも連覇を狙い逃げを打ち、直線残り200辺りまで先頭を走るも、後のダート王4歳ホッコータルマエ強い伸びにねじせられてしまった。しかし他には抜かせず2着を確保。
タルマエへのリベンジの機会はすぐに訪れる。初戦・前年覇者として挑んだマイルチャンピオンシップ南部杯ホッコータルマエグレープブランデーらを引き付けるような貯め逃げを繰り出し、最後の直線でスッと引き離し連覇達成・南部杯通算3勝を挙げる。
戦が長期戦線離脱している中、上はこれまた長期戦線離脱から復帰したばかりの後藤浩輝。初GI勝利思い出レースで復帰後の初重賞制覇とはちょっとしたドラマだな。
その後JBCに向かう。2013年の開催地である金沢コース設定の問題で1400mでスプリントが開催されるとあって、クラシックよりスピードが活かせ、かつ1200ほど短くないため対応できると踏んだスプリントに参戦。
4で先頭に立つとスプリントの安定勢ダート参戦してきた芝のスプリンタードリームバレンチノ牙にも掛けない走りを見せ押し切り勝ち。ヴァーミリアンの作ったGⅠ級競走9勝の日本記録に並んだ。
しかし、 ジャパンカップダートではベルシャザールに敗れ7着。予定通り2013年限りで引退種牡馬入りした。

2017年から産駒がデビューして、地方重賞で活躍している。

血統表

ゴールドアリュール
1999 栗毛
*サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
*ニキーヤ
1993 鹿毛
Nureyev Northern Dancer
special
Reluctant Guest Hostage
Vaguely Royal
エミネントシチー
1998 鹿毛
FNo.4-m
*ブライアンズタイム
1985 黒鹿毛
Roberto Hail to Reason
Bramalea
Kelley's Day Graustark
Golden Trail
ヘップバーンチー
1990 鹿毛
*ブレイヴストローマン Never Bend
Roman Song
コンパルチー *トラフィック
リンネ

クロスHail to Reason 4×4(12.50%)

産駒成績

2017年地方競馬ファーストシーズンリーディンサイアー

2015年産

2016年産

2017年産

2018年産

2019年産

関連動画

関連商品

エスポワールシチーに関するニコニコ市場の商品を紹介してください。

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/11/28(月) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2022/11/28(月) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP