今注目のニュース
平手友梨奈が欅坂46脱退に生言及、長い沈黙も
「このザク、伸びるぞ…?」排気ダクトが伸びすぎて困惑するガンダムと、驚いてモノアイが飛び出るザクII
「え?なにか??」超絶邪魔をするニャンコの表情がたまらない

エド・ウッド単語

エドウッド

  • 10
  • 0
掲示板をみる(142)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

エド・ウッド (Ed Wood1924年10月10日-1978年12月10日) とは、映画史最低映画監督である。

現在でもカルト人気をもち、「史上最悪の映画監督」「ハリウッド天才」「映画界のゴッホ」ともいわれている。

概要

本名エドワード・デイビス・ウッドJr. (Edward Davis Wood,Jr.)。

映画監督以外にも映画プロデューサー俳優、脚本、演出も務めた。有名どころではチャーリーチャップリンオーソン・ウェルズウディ・アレンが同じように兼業している。

女装趣味を持っていた。母親女の子がほしかったらしく、エドに女の子を着せられてたのがきっかけ。これが後に彼のデビュー作品『グレングレンダ』に大きく影する。

モルヒネ依存症で転落していたドラキュラ俳優ベラ・ルゴシ映画界に引き戻したり、プロレス界から後の(B級映画ける)名優トー・ジョンソンスカウトしたその功績はハリウッドに、というかB級カルト映画界にとって大きな意味を持つ。

ほぼ全ての作品にいてい・安い・面くない」の三拍子がっており、技術的には学生映画以下で救いようもなく、彼の作品が商業ベースで残った事自体奇跡というレベル。彼の作品を簡潔に表す言葉として、ゴミのような映画は数あれど、映画のようなゴミはエド・ウッド作品だけ」というものもある。

粗をつっこみ出したらきりがないが、それでもコアファンを生み続け長くされるのは、彼の「自分の映画を撮りたい」という一生懸命な気持ちが作品からにじみ出ているからだろう。彼の「の意味で魂の宿った映画」が人々の心を奮わせ、今のカルト人気に繋がっているのである。このままだとただの美談なので敢えてもう一度言うが、本当に1から10までダメ映画である。

に有名な作品は『プラン9・フロム・アウタースペース』『死霊の盆踊り(クレジットでは脚本、演出名義)』。

ちなみにティム・バートンクエンティン・タランティーノサム・ライミ等、映画漫画界のどうかしてる個性達が彼の映画作品のファン言している。

彼の死後に制作されたティム・バートン監督作品『エド・ウッド』ではジョニー・デップが演じている。

(Q. 彼の作品にいいところってあります?)

 変わったフィルムだよね。他にこんなのは見たことがないんだよ。ろくでもない情というか過剰さというか・・・つまり、の理解が及ぶような普通の人なら一言で終わらす内容に五文も費やすとかさ(笑)だけど、そこには非常に変わってはいるけど、ある種の実さがあって、は何時も琴線に触れるものを感じる。現実的で、奇妙な心がこもった感じ。過剰なまでに感情的な空気、ある種取り残されたような感覚が漂っている。が思うに、こういう人たちは皆はぐれ者で、それが意識にこんな感覚を生み出すんだろう。同じことが映画の中の登場人物にも言えて、不思議と一貫性があるんだよ。こんな人達はどこに集まるかというとさ、例えばある時代のパリでつるんでた芸術たちの裏側に、それがそれと一緒に暮らしてたみたいなのがあるわけ。こっちはその出来損ないみたいなものだよね。

ティム・バートン

映画「エド・ウッド」

1994年作品。ティム・バートン監督。この時代の作品としてはしいモノクロ映画

ハリウッドでくすぶっていたエド・ウッドがふとしたきっかけで念願の映画監督デビューを果たし、やがてプラン9を完成させるまでの奮闘の日々を描いた伝記映画映画よりも本人の方がかに面かったエド・ウッドの、現実なんだかファンタジーなんだか分からないような日々を、ただのウッドオタクティム・バートンが哀しくも可笑しく情たっぷりに描いている。

物語プラン9が完成してめでたしめでたし、といったところで幕を閉じるが、このプラン9が一本も売れず、やがて・・・という史実を知っていれば、映画ラストシーンでエド・ウッドが大の中、の壊れたで画面の下手に向かって捌けていくことの意味が理解できるだろう。

当初企画ジョンウォーターズに持ち込まれたが、この頃カルト監督から巨匠に脱皮しつつあったウォーターズが「いやいや、今更エド・ウッドとか勘弁してよ」と難色を示し、代わったティム・バートンノリノリで引き受けたという経緯がある。でもそんなこといってるウォーターズは、その前から友人のジョニー・デッププラン9やグレングレンダを見ろ見ろと布教してたらしい。この卑怯者め!

そんな経緯を知ってか知らずか、エド役でオファーを受けたジョニー・デップバートンからの出演要請に対して電話10分で快諾、ウォーターズ陶もあってこれまたノリノリで役作りに励み、人の良さそうなエドを見事に演じてみせた。 デップによるエド・ウッドの再現度は高く、撮影現場にエドの妻であったキャシー・ウッドが通りがかり、女装姿のデップを見てあら懐かしい旦那そっくりといったという逸話もある。わけがわからないよ

これらのエド・ウッドが炸裂した結果、映画アカデミー賞で二部門受賞するなど高い評価を得た・・・が、開当時アメリカでの行収入は制作費のおよそ三分の一にとどまり行的には全な赤字に終わっている。そんなところも実にエド・ウッドらしいというか何というか・・・。(その後DVD版のセールスは好調だったそうなので、今では多分回収できてるんじゃないかと思われる)

おこ映画、史実に基づいてはいるが、脚色も結構多いので事実性については注意が必要である。

  • 映画: ドロレス・フラーはエドの女装癖を知らず、それが原因で別れた
    • 同棲してるのに隠し通せるなんてことはなく、実際は知った上で付き合っていた。女装癖は最後まで理解できなかったようだが、人間しも変な癖ぐらいあるということで、それ自体が破局の原因ではないとのこと。本当の理由は難しいところだが、基本的に飲んだくれのダメンズだったエドと、向上心の高いドロレスの間にすれ違いが生じたという辺りだろう。別れた後、エドがドロレスの前までやってきて「入れておくれよ!愛してるんだ!」と泣き叫んだという実にエドらしい逸話も残っている。エドのことはちゃんと好きだったようだが、好きだけで男女は続かなかった。
  • 映画: ベラ・ルゴシは晩年孤独でエドしか頼りになる人間がいなかった
    • → 実はルゴシは再婚しており、また10代の息子もいて、あそこまで孤独だったわけではないようだ。息子は「親父はあんな悪態付く人じゃなかった」ともいっているようだが、実際のところはどうだか分からない。息子からはエドがルゴシの名を利用しているように見えていたらしく、映画では存在が視されている。
  • 映画: 怪物のではルゴシ自らがタコと格闘した
    • → 本当はさすがに別人がやったらしい
  • 映画: オーソン・ウェルズと出会って感銘を受ける
    • → もちろんウェルズには会っていない。ここはが見ても明らかフィクションと疑うところだろう。共通点と言ったら資繰りで苦労する映画監督ということだけで、才、技術、名といったエドの持ち合わせなかったすべてを持っていたウェルズに「自分の夢撮らなきゃ意味ねえよ」と言わせたのは、なぜエド・ウッドなのかというバートンからの回答であり告白である。
    • ちなみにこのシーンでウェルズが構想を練っていた次回作とは、断片的な情報から「」のことだと分かる。ウェルズは「市民ケーンではフィルム一本触れさせなかった」とエドにっているが、この完成後のフィルムに対して、ウェルズ不在中にスタジオ側が断で脚本変更、追加撮影、再編集を行い、ウェルズの意向を全に視した形で開された結果、行的にも批評的にも惨敗したということで有名。つまりこの後ウェルズもまた夢の戦いに破れているのだ。(※オーソン・ウェルズを見たことのない人は、プラン9あたりの退屈な映像を見た後に、黒い罠のOPexit_nicovideoなんかを見るとその絶望的な才の差がひとで分かるのではないかと思う)
  • 映画: さんとの中のドライブにいった
    • → 実際は「さすがにこの土砂降りだからやめておくわ」といわれて一人でいったらしい。というか、誘ってドライブにいったこと自体は史実なのかよ

関連動画

映画を見る前にまずはこの動画から。でないと映画のおもしろさは95%減。

エド自身の最高傑作

その他の作品

関連商品

関連項目

掲示板

  • 140ななしのよっしん

    2019/11/17(日) 15:29:25 ID: ef3y0bpH0A

    自分が創作する側になるとこの人の気持ちが少しわかるというか、自分で作品を生み出す、その世界の創造になれるってめちゃくちゃ楽しいしそうしてできた作品はたとえにも見られないし評価もされない駄作であっても凄く着がわくんだよね

    エド・ウッド映画制作に必要な仕事ど一人でこなしてたとなると、作品に対する着も一際大きかったんだろうなあ

  • 141ななしのよっしん

    2020/01/07(火) 18:49:43 ID: bH9DNf9PzS

    せやなあ。ほならね理論で論争の的になってるけど、作り手に回った経験の有って視点をかなり変えるよ

  • 142ななしのよっしん

    2020/01/12(日) 19:53:03 ID: vQUr9ofjmb

    全盛期syamuさんはエドウッドみたいだったな
    死ぬほど才ないのに本人は最高の作品と信じて疑わず自信満々で次々と怪作を生み出していったところが
    熱意の割に全回りして全然稼げなかったところや妙に熱狂的なファンがいるのも似てる
    ただsyamuさんはエドウッドと違って人も仲間もおらず集まってくる連中もどうしようもないクズばかり、結局ただの無職として引退してしまった

急上昇ワード

最終更新:2020/01/24(金) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/24(金) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP