エノキタケ単語

エノキタケ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

エノキタケ)とは、真っ白で細長いことで有名なきのこである。えのきと言う場合、基本的に木の榎(エノキ)よりもこのエノキタケをすことが圧倒的に多い。

概要

エノキに生えることからエノキタケ、というわけではなく、カキコナラ、ヤナギなどの広葉の枯れ木や切りに生える、木材腐朽菌。真っ白で細長いことで有名だが、じつはそれはをあてない環境のなかで育てられたため。合成を行わないため菌類にはが必要ない、というわけではなく、胞子を飛ばすためにはのある方向に飛ばすと成功する確率が高いため、めてもやしのように細長くく成長したことにより、この形となっている。最近では品種良によってを当てても色くならないものもあるようだ。基本的に、エノキタケという場合はこちらの状態をすことが多い。

自然環境のなかではナメコのような見たを持ち、なめたけと称して自然のエノキタケが売られているということもある。店頭で売られている場合、やはりこちらのものの方が高い、美味い、大きい。

食材として

すき焼きなどの料理や炒め物に使われることが多い。自然で育ったものの方が味が良く、加熱するとねばりが出るため全くの別物といっても過言ではない。むろん同じ種であるが。
なお、生のエノキタケには加熱すると消えるが溶血作用がある成分があるため、必ず火を通して食べること。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/04/16(金) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2021/04/16(金) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP