今注目のニュース
バイトテロから作業員まで! 人生が変わるほど大炎上した“不適切動画”のその後
西日本は蒸し暑く 熱中症に注意
青春18きっぷ 死ぬまでに乗りたいローカル線「五能線」の旅で何ができる?

エムブレマー単語

エムブレマー

掲示板をみる(1,127)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

エムブレマーとは、ファイアーエムブレムに心奪われた者の総称である。

概要

単純にファイアーエムブレムプレイしてる人をす事もあれば、気合の入っているFEファンす事もある。初出は不明だが、ファミ通のレビュワーであるジョルジョ中冶が使っていた言葉である。これが一人歩きし、村通信(ヒゲ)が自称しだしたあたりからファンに広まったとされている[要出典]。

狭義としてはシリーズのどれか一つをプレイしただけの人はエムブレマーとは呼ばれにくく、「初代からいるぞ」や「戦から入った」とか「封印から」「炎から」と特定の作品からプレイし始めて最終的に多くの作品に手を出しているのが標準的なエムブレマーのイメージとなるだろう。

派閥の存在

ただし、そのFE愛してやまないコアユーザー気質が複数の閥を生み出している側面もある。下記は筆者が独断で作ったものなので、要編集であるのは言うまでもい。ネタネタとして楽しんでくれれば幸いである。

中道派

FEを波立てずにありのまま受け止めて楽しんでいる人たちはここに属する。FEティアサガ裁判の時に加賀信者になることもなく、GBA作品をゆとりエムブレム馬鹿にせず、シリーズ随一のヌルゲーと称される聖魔の光石を咎める事く、ヒラコーマジギレした暁の女神も穏便にプレイし、過去最大級の対立を生んだ覚醒ifも何だかんだで楽しんでる人。近年以降はSRPGが多く世に出ていることもあってプレイヤー入れ替わりしいため、今も尚FE愛し続けてる人は徳の高いエムブレマーと言える。

必然的に年季の入ったファンということになるが、初代暗からこの穏健に属している人はおそらくごくわずかだと思われる。だいたいが紋章で抜けるか加賀信者となるケースが多いためである。

最近ではマルスロイアイクなどスマッシュブラザーズからFE興味を示した人も多いため、言うなればエムブレマーの登竜門的な立ち位置をしていると言ってもよい。

常にwinwinの立場で接しているので、古参だろうが新参だろうがお構いなしであれこれれる集団である。

懐古系

紋章派

カップリング恋愛要素、キャラの耽美化など聖戦の系譜以降のコンセプトに嫌気がした人はここに入る事になる。後述する加賀信者よりも前にFEを離脱した層で、もちろん均年齢は高い。今となっては古の存在である。

加賀派(加賀信者)

おそらく懐古系において最も勢規模の大きい存在。参入時期は外伝からトラキアまでにFEにはまった世代で、加賀昭三が描く綿密でアブノーマル世界観に惚れこんでFEをやっていた人が多いため、SFC以前からプレイしていて封印以降の現行FEに多少なりとも文句のある人は概ねここに属してると思われる。

やはりというか正統後継をティアリングサーガシリーズとし、今のFE同人活動だと言わんばかりの人が多く、FEティアサガ裁判において全面的に加賀昭三を擁護し、任天堂及びISに対しての不信感が最も強い。FEシリーズを毎回購入していて尚且つこの閥に属する人は相当なツンデレである。

ただ、犯は「FEの続編を作ってよ」と理を言い出したヒゲこと村通信ではないのかと言うもある。裁判の判決を見るに広告の問題のみとなった事から、「加賀信者の本当の敵はebにあり」と囁かれてもいる。

2chや世間に周知された最初のアンチとして有名で、ゲサロやゲーSRPGでは今もなお加賀信者という呼び名は使われている。当然としてISの悩みの種だったが、その数は年々減ってきており、また時が流れてFE興味を示す事く立ち去ったり、あるいは下の穏健となって今も尚FEプレイしていると思われる。刻みつけられた記憶から、加賀作品を知らない、もしくは思い入れがいにもかかわらず、封印以降の作品に対して小言を言うと得てして加賀信者とされてしまうケースも少なくない。お願いだから見えない敵とは戦うな。

穏健派

何もが大きい人だけが加賀信者ではない。

をさほど立てずに今のFEも楽しんでいるため、本来なら中道として扱うのだが、きっちりと加賀イズムにされてる人たちなので、やはり加賀信者と言うべきかもしれない。

こういう穏健な人たちが一番困るのは、好きなFEと聞かれてSFC以前の作品を言うと即座に過激派と勘違いされることである。むしろ現行FEにとって味方なので、とちりはやめておいたほうがよさそうである。

GBA世代

スマブラで知りましたよ派

封印の剣より少し前に発売された大乱闘スマッシュブラザーズDXにおいてロイを知った人たちがこぞって封印の剣を購入したのが始まり。また、次回作のスマブラXにおいてアイクを知り、蒼炎の軌跡暁の女神を購入した人もいる。

前者のプレイヤーFEの手ごわいシミュレーションっぷりを直撃した子たちが多く「FEは難しすぎる」として離れた子も少なくなかった。故に烈火以降はジェイガンポジションキャラでもある程度の成長率を約束されるなど、底辺の底上げが図られた遠因にもなっている。

GBAこそオレのジャスティス派

特に封印と烈火から多く入っており、中堅世代とも言われている。またジェイガンポジションナバールボジション、支援会話属性といった今のFEお約束底的に確立された世代のため、FEに対する固定観念も強い。さらに封印、烈火魔と毎年出ていたため切り替えのサイクルい。その後もFEを嗜んでおり、一見中道となんら変わらない様に見えるが、加賀加賀信者)との抗争を最も繰り広げていた世代ゆえにトラキア776以前を軽視する傾向があるのも特徴である。

トラキアなんて使えば一バランス崩壊」「戦は無双ゲーかつヌルゲー」「支援会話がなきゃFEじゃない」など挑発行為をする輩もいるが、事の発端は加賀信者によるネガキャンが原因なので情状酌量の余地はあるものの、ぶっちゃけ穏健に楽しんでいる人達からはどっちも迷惑なので双方共につぶしあえーである。喧両成敗。

余談だが、FE中古価格の高騰に一役買っているのもこの世代である。これは過去作が増えた時期にはまったという側面からであり、他のシリーズ物とべてエムブレマーは収集癖が強いという拠にもなる。リバイバルブームっ盛りであるため、暫くはFE中古価格高騰は終わりそうにい。

聖魔不認知派

蒼炎の軌跡の片手間で製作されていたであろう聖魔の光石だけどうしてもFEとして認めることが出来ない人たちはここに属する。聖魔の光石シリーズ一の駄作と称して回ることが多いため、魔から入ったエムブレマーにとって非常に厄介な存在である。

今では初心者向けFEとしてある程度の地位を確立した聖魔の光石だが、発売当初はエクストラマップでの経験値かせぎでバリバリに鍛えられ、そんなのは想定外だった難易度調整であったが故に、ヌルゲーってレベルじゃねーぞという事態になった。この閥は古参でなくむしろ封印からの参入者が多いらしく、前作の烈火の剣ヘクトルハードを経験したエムブレマーなどは憤りを露にしたのが多いと思われる。また「2部隊編成だと思っていたのに1部隊の一本道かよ」と外伝古参連中をも敵に回してしまった故に、今でもなお『魔はFEで一番いらない子』と言う悪評がある。さらに封印以降の参入者は次回作の蒼炎の軌跡が初めての据え置きFEとなったため、彼らの中で聖魔の光石の評価はさらに下がる結果となったのは言うまでもい。

とまあ、多くのエムブレマーから踏んだり蹴ったりで終わってしまった魔だが、荒削りとは言えクラスチェンジ選択制度や久々スキル復活など新しいを取り入れようとしたのは評価されるべきであり、味方キャラクター数が飽和状態になりやすいFEとしては厳密化を計った事がキャラ立てに役立つなど、前向きなチャレンジ意識が見てとれる。故に中道の中には「戦や封印烈火などの人気作でなく、不名誉に終わった魔こそリメイクされるべき」というも少なくない。

我々は6年待ったのだ! 据え置きよ、私は帰って来たーッ!以降

蒼炎の軌跡に関しては、新規参入者というよりも今までFEプレイしていたエムブレマーの多くが購入した側面があり、ゲームキューブの売り上げが炎発売週に限り前の週の2倍も売れたという逸話まで残っている。永くFEと付き合ってきた面々はゲームに関しての熱が冷え始めるもFEだけはプレイしようとハード買いをする人が増えてきた結果であろう。

しかし、続編・暁の女神に関しては単純に盛り上がるというわけにもいかなかった。
史上最もグラフィック面とサウンド面が強化され、前作の倍もあるムービーを駆使し、ステージ数も増やし、全続編という立場ゆえの壮大なシナリオを打ち出しているが、その反面今までのシリーズでは見られなかった大きな問題点も見られ、IS絶望した閥も多く生み出すこととなった。
彼らが抱いた絶望に関して良かれ悪かれ情を込めずに書き込むのが難しいので、とりあえず暁の女神プレイしてからレビューサイトなりを見て判断して欲しい。まず暁の女神プレイしてからな(ストーリーだけなら実況でもプレイ動画でもいいかもしれない)。大事なことなので2回言いました。お兄さんとの約束だぞ!

加賀信者との違いは、新旧問わず今のFEに疑問を抱いた人たちがで結集してるのが大きな問題であり、どういう人が非難してるかが少しわかりにくいのも特徴である。較的に古参系が多いのはFEアンチに多い傾向であるものの、中堅で今のFE一番のお客さんであるGBA以降の参入者も少なくないのが特徴である。『気に食わないなら黙って立ち去るのが大人マナー』ではあるものの、これまでのFEを好いていた連中が多いため、何か一つ物を言わないと気がすまない連中が多数残ってしまったのも不幸と言えば不幸である。
そういえば暁の女神卒業シーズンに発売しましたね(2007年2月22日)。

とはいえ、前述したように大きなセールスポイントも持つ暁の女神は、古参新参問わず多くのエムブレマーを魅了した一面もある。Wii最初期にして初週7万ものハード買いをさせ、新機種故に当然ながら前作の売り上げをえ、FEにおいて中の祖となりうる作品となった。レビューサイトRPG部門では何処においてもトップに近い評価を得ており、毎回ハード末期ボロ布を着せられてたFEにとって初めてのキラーソフトとして大舞台に立ったことに歓喜した間である。

また、その後ようやくSFC以前の作品のリメイクも始動し、もはや今のFEには希望しか見えないじゃないか!と言わんばかりの好意あるエムブレマーも多く存在した。今もなお同人が盛り上がっており、炎の戦は毎年開かれている上にスマッシュブラザーズFEは2つも確保されており、FEの名を知らぬものは何処にもいない上に何を悲観視する必要があるのかと今のFEに自信を持っている者たちである。

覚醒・if~新時代~

そして『新・暗黒竜と光の剣』『新・紋章の謎』のリメイク2作を経て、5年ぶりの全新作『覚醒』、そして続く『if』は、エムブレマーの閥関係にも大きな影を及ぼすこととなった。

時代を重ねて洗練されたインターフェイスや、過去作の要素を拾い上げ発展させた結婚・子世代システムスキルシステム新・紋章の謎から継続されたマイユニット、今時のイラストレーターの起用や詰み防止の仕様などさまざまな現代的なアプローチによって、売上面で停滞気味だった過去FEを大きく上回る売上を叩き出して、多くの新規エムブレマーを生み出すことになった2作。なおそもそもこの2作は作品として直接的なつながりはなく、変化した部分も少なくないが、このような議論においては大抵まとめてられる。
覚醒if」とも呼べる新規エムブレマーの層は非常に大きなものとなった。

しかし、選択制のプレイヤー救済システムの存在そのもの、マップ難易度バランスが「てごわいシミュレーション」たりえなくなったとされたり(ifでは善傾向)、この点ばかりは肯定からも低評価なことが多いシナリオ面、良くも悪くも今っぽいキャラクター描写といった、大雑把に言えば「ライト化」した部分に反発した旧来のエムブレマーも多く、彼らの執拗な新作叩きに辟易して彼らを忌むべき老害として拒絶する新規エムブレマーをも生み出し、新たな舞台で、エムブレマーの新たな争いは(案の定)幕を開けてしまうのであった。
特筆すべき点として、「覚醒の売上次第ではFEシリーズは終了していた」、つまり覚醒シリーズ継続の立役者であることが明言されているというのがあり、「覚醒ifに否定的だがその功績や立場は肯定する」というややこしい層も存在している。

この時代の徴的な傾向は、加賀時代はもちろんGBA炎以降も全てひっくるめて「古参」、覚醒以降を「新参、という分類が当たり前のようになったことである。加賀時代とそれ以外としての争いを繰り広げた彼らも、もはや同じ懐古扱いになる時代になったのである。まあ封印の剣2002年ゲームですからね……
とはいえそれらの閥そのものがくなったかといえば当然そんなわけもないので、ファン同士の対立の構図はもはやカオスと言っても過言ではないほど、さまざまな様相を見せ始めている。いよいよもってガノタめいてきたな。

オールスター

また、新作のヒットFEに新たな潮流を生み出したか、アトラスとのめんどくさい古参を抱えた者同士のコラボ幻影異聞録♯FE』、帰ってきたTCGサイファ』、ついにソシャゲに降り立つ『ヒーローズ』、ある意味ファン待望の『無双』と、FEにもオールスター系の外伝作品が色々登場することとなったが、参戦する作品と言えば覚醒if(まあ新作で新作のファン向けにアプローチするのは当然の帰結ではあるのだが)、次いで元祖として暗が優遇され、それ以外の作品が登場しなかったり少数だったりする事例が多い。
参戦したらしたでイラストやら台詞やらに苦言を呈する者も出てきたりして(これは正当性のある批判であることも少なくないが)、これらの作品の誕生は、エムブレマーのめんどくさい部分を新たな形で確認させてくれることにもなった。
今になって過去作に手を付けられるより放っておいてくれるほうが良いと心を閉ざすか、新たな火が吹き込まれることを喜ぶのか……それは各々が出すべき結論であろう。

なお、そんな中で発売している『外伝』リメイクの『Echoes』は、時代をえたリメイクに付き物のキャラ付け批判がある程度で総じて評判は良く、少しでも世代を繋ぐ架けとなってくれたかもしれない。

最後に

FEとは固定客の多いゲームでありながら、実際には多くの人が入っては出て行く界でもある。それ故にFE一つとってもエムブレマーと言えど嗜好が違って当たり前なのである。というか20年以上続いているシリーズだからねこれ。

「これはいい」「これは駄」でなく「これもいいね」「あれもいいね」とwinwinの関係が望ましく、それでも気に食わない面が気になるなら男は黙ってしっこくハウスである。

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 1125ななしのよっしん

    2019/06/19(水) 14:01:22 ID: CWtSLLLq5k

    中には覚醒if エコーズのこんなところが嫌いってじゃなくて覚醒if エコーズだから嫌いって人も居るしもはやそんな人にはゲームのの内容何てどうでも良い。
    覚醒以降だからクソゲー」ってしか思ってない。

  • 1126ななしのよっしん

    2019/06/24(月) 00:27:54 ID: CWtSLLLq5k

    UIテンポDS辺りからかなり良くなってるのに「敵ターンや戦闘アニメのスキップは出来なくしろ」だの「危険範囲表示はくせ」だの「カジュアルモードミラ歯車止しろ」だの言ってるのは流石に老害と言われても仕方ない。
    UIを不便にすることで難易度を上げて欲しいのか?

  • 1127ななしのよっしん

    2019/06/29(土) 01:45:00 ID: CWtSLLLq5k

    全てのFEの良い点悪い点を認めた上で多くの作品を楽しめていればでもエムブレマーかもしれない。
    ⚪⚪はクソゲー!じゃなくて⚪⚪はあの点は良くないけどこの部分は良かったから今後に生かして欲しいなって言える人じゃないとエムブレマーとは言えない。

急上昇ワード

最終更新:2019/07/16(火) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/16(火) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP