エメラ単語

エメラ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

エメラは、ボンバーガールに登場するキャラクターである。担当声優日笠陽子
楽曲の記事をお探しの方はこちら

概要

かつて戦闘用に作られたボンバーガール・エメラ。
今はメイド用にカスタムされ表舞台からは姿を消していたけど、
ひょんなことからボンバーバトルに参加することに・・・

勝利がワタシの任務です」

趣味事等のメイド業務、それがワタシの使命。でもお買い物は楽しいです。
好き:設定されていません。でもは一撃必殺級に可愛いと思います。
嫌い:設定されていません。でも錆びを見ると凹みます。ああ恐ろしい。
(公式サイトより)

元々ボンバーバトル用に制作されたアンドロイドメイド用途にカスタムされていたモデルが、またボンバーバトル用に仕様変更されているというある意味変わり種のボンバーガール。元が戦闘用だからなのか感情表現が薄めで、チャットボイスにもそれは現れている。しかし一部ボイスでは異様にはっちゃけているため、なんとも不思議な雰囲気を漂わせている。芸人とも称された中の人の気質もあるのかもしれない。

プロフィールで説明されている通り買い物好きで、漫画で皆と一緒にに出かけるついでにショッピングに行こうとしていた。そのときの的は「皆でボンバーガールをやりにいく」だったが、この漫画公式SNSアップされた当時はまだ稼働していなかった。それをモモコにつっこまれた際は「なん…だと…」という表情をしている。ちなみにオレンは「初ロケテから何か月経ったと思ってんだよ~」と自虐ネタ笑い飛ばしていた。オレンさん、何かどころか1年経ってるんですよ…。

水着イベント第2弾で専用のメイド水着実装された。もちろんエメラに着せると立ち絵も変化する。水着になったためか解放感があるようで、弾けた立ち絵になっている。また水着を着る際は素肌スキンを装備しているらしく、手触りは本人くすべすべでかわいいとのこと。しかしこメイド水着は色々と危ないデザインのため、着るキャラクターによっては怪しい雰囲気を漂わせる。
あと、ロボキンのまま水着を着用してほしいというメカフェッチーファンアートという形で追いかけられることに

ボンバーガール出身のキャラクターとしては初めてMMDモデルが作成されている。関連動画参照。

デフォルメではあるが、武装神姫の新作アーケードゲームのロケテストに登場を果たした。

なお同社製作Dance Dance Revolutionに同名の楽曲が存在するがキャラクターとは関係。
Emera

ゲームにおいて

ステータス HP BOMB(初期 / 最大) FIRE(初期 / 最大) SPEED(初期 / 最大)
2 / 3 1 / 6 2 / 3
スキル スキル1
(使用可レベル)
スキル2
(使用可レベル)
追加スキル1
(使用可レベル)
追加スキル2
(使用可レベル)
Δスレッド
(Lv1)
Ωデリート
(Lv5)
αブラスト
(Lv3)
Σスレッド
(Lv4)


特徴:エメラはシューターの中でも連射が得意なボンバーガール
手数の多さで残りHPが少ない敵にとどめを刺したり、
距離の強ビームを射出して、味方の進路を切り開こう!
(公式サイトより)

初期選択可シューターだけあって、使い勝手の素直な射撃攻撃スキルったボンバーガール

連射可で、撃ち漏らしにくい「Δスレッド」をはじめ、狙撃用の「αブラスト」や「Ωデリート」などの対マップ兵器えており、序盤から仕事が尽きないのが利点。
これによりソフトブロック破壊に勤しむ敵を一方的ダウンさせたり、攻撃判定で進路を封鎖する基本的な立ち回りの他、敵味方のオブジェクトが入り乱れる中でも使いやすい性ベース内の防衛で活きる。

欠点はシューター共通の鈍足ゆえに、スキルの硬直やボムの配置ミスといった形で懐に入られるとキルされやすい。またスキルの都合上相手に近づく頻度が他のシューターより高いため、反撃などで返り討ちに遭いやすいという問題もある。
距離用の「スレッド」系は、斜め撃ちが可だったり、全弾撃ち尽くすまで再使用開始のタイマーが始まらないためスキルの回転率が悪く感じるなど、直観的でない部分をうまく使いこなす必要のあるテクニカルな部分も付いて回る。
戦況におけるスキル選択もプレイヤーの好みや最適が分かれるところ。エメラ使いの見どころの一つ。

CPUのエメラは基本的に百発百中の精度なので射程に入っているとまず食らってしまう、CPU戦では注意されたし。歩きながら進行方向と逆にスレッドを放つなどの芸当も然と行う(人力では不可能)
単発火力は他のシューターより低め。現時点での体と相談して、スレッドを回避し、時には相打ち覚悟で懐に入るほうが良い結果を出せる場合もあることは対策として覚えておきたい。

スキル

SNSの漫画において

自ら「感情アンドロイド」を売りにしているが喜怒哀楽普通にあり、感情に火が付くことも多々ある。また表情に出さないだけで自分の欲求には忠実だったりする。後述の通り漫画でも感情豊かになりつつあるが未だに自分には感情がいと言いっている。

当初はボケでもツッコミもなかったが、初年度の水着イベント彼女ボケであることが発覚し、初期メンバーモモコ痛が進むことに。稼働開始から半年が経過した2019年以降は積極的にボケに参加することも多くなり、Ω有情破顔拳極上パロディウスカプチーノよろしく激怒攻撃も行っている(両方とも被害者はシロで、吹っ飛ばされる様はテニプリパロディネタ)。

素肌スキンを装着すると一部のパーツがどこかに行ってしまうのだが、それをシロ摘されると「細かい事はしにしようや」と返答してごまかした。スタッフの印に残ってしまったのかSNSでもたまにこの台詞が飛び出し、2020年誕生日イベント副題にもなった。なお泳ぐと119km/hというとんでもないスピードを出すらしい。

オレンセットリアクションに放り込まれることも多い。またコラボキャラであるサンタ型ツガルとは友達という設定。

1周年記念で組んだ初期メンバーバンドではベースを担当(中の人ネタでもある)。しかし漫画では一切演奏せず内蔵しているスピーカーからベース音を出していた。

武装神姫の新作アーケードゲームBATTLE CONDUCTORのロケテストが開催されると、自身のロボ設定を持ち出し、武装チームに猛アピールしている。その念願がったのか僅かだが出演を果たした。また自身のフィギュア化の願望もあり、コナミに直訴しようと乗り込もうとしたり駄々をこねたりしている。

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/20(日) 07:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/20(日) 07:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP