エリザベス女王杯 単語

310件

エリザベスジョオウハイ

7.9千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

イギリスの生んだ
近代競馬
達に教える――

「誇り」とは
運命」とは

全ての世代の
の頂点へ

JRA 2012年度第37回エリザベス女王杯 TVCMより〜


GBR英国王室GBR
エリザベス女王杯
QUEEN ELIZABETH II CUP

GI京都競馬場・芝2200m


エリザベス女王杯 (英: Queen Elizabeth II Cup)とは、11月中旬頃にJRAが催す限定GIレースである。施行条件は3歳以上限定、斤量定量(3歳54kg/4歳以上56kg)、京都競馬場2200mコース

通称「エリ女」。

概要

1970年、前身である「ビクトリアカップ」が創設される。それまで菊花賞に参戦するしかなかった3歳のため、中~長距離競走として用意された牝馬三冠レース終戦である。1975年英国女王エリザベス2世英国馬主競馬ファンとして知られた)来日を記念し、翌1976年ビクトリアカップの施行条件を引き継ぐ形で「エリザベス女王杯」が新設された。
当初の英称はQueen Elizabeth II Commemorative Cupであったが、2012年にバッキンガム殿(英国王室)からエリザベス女王即位60周年記念(ダイヤモンドジュビリー)競走として実施することが特例で許可されたことに伴い、翌2013年から現在Queen Elizabeth II Cupに変更された。

1995年の第20回までは前述の通り牝馬三冠レースの最終戦として芝2400mで行なわれていた。当初から当時桜賞・オークスでは除外されていた外国産馬の出走が認められていたことや、モデルとなったレース歴史も新しいことから「クラシック競走」「八大競走」の組みには含まれない(グレード制導入前のレース格は八大競走+ジャパンカップに次ぎ、概ね宝塚記念と同格)。そのため、立ち位置を引き継いだ現在秋華賞と同じく「牝馬三冠」の一つではあるものの「クラシックではないという少しややこしい立ち位置にあった。

1996年に行われた番組編で牝馬三冠三冠は新たに創設された秋華賞に移され、エリザベス女王杯は距離2200mに短縮したうえで齢条件も旧4歳(現3歳)以上(=古も出走可)に変更し、日本初の最強決定戦に生まれ変わった。現在ヴィクトリアマイルとともに路線の頂点を担う競走として定着しているが、近年は同に行われるジャパンカップで好走する立っており、このレースを使わずにジャパンカップに向かう有も多くなっている。

なお、2022年までは日本で古が56kgを背負うGIは、天皇賞(春)安田記念宝塚記念天皇賞(秋)・エリザベス女王杯の5レースのみであったが、2023年からは古が出走できるG1は全て56kgに変更されている。

エピソード

秋華賞と同じく京都競馬場で行われるレースであるが、ハイペースになりやすい秋華賞と対照的に均~スローペースになりやすく、人気薄の前残りもままあり、差しは折り合いと勝負からの切れ味をめられる。

牝馬三冠を巡る歴史的なものから、古開放後もたびたび起こる大荒れ決着など、いろんな意味で記憶記録に残りやすいレースでもある。

3歳限定時代

1976年 第1回にしてくも二冠を達成したテイタニヤが三冠に挑戦。レース本番は「稍重」の馬場を味方につけた同厩の悪巧者ディアマンテ優勝調教師稲葉師は2頭で牝馬三冠を達成。
1980年 麗なる一族」初のクラシックホースハギノトップレディ優駿牝馬17着の大敗から距離の壁逃げ切り勝利桜花賞との牝馬二冠を達成。
1984年 サラブレッド系種キョウワサンダー勝利2022年現在一の非純血サラによるGⅠ勝利
1986年 メジロラモーヌ勝利し、初の三冠となる。
1989年 20頭中20番人気サンドピアリス優勝し、単勝43,060円を記録2021年現在GI含め重賞競走最高額の単勝配当。
1993年 二冠牝馬となったベガが体調不良など不調の中ぶっつけ本番で三冠に挑戦するも、3着に敗れる。1着は後のダート女王ホクトベガで、関西テレビアナウンサー(当時)馬場鉄志の「ベガベガでもホクトベガです!」は名実況としてられている。

古馬開放後

1996年 開放・距離短縮初回。
ヒシアマゾンゲートを壊し外発走。2着入線も斜行による進路妨により7着降着。
1999年 メジロドーベルが初の連覇。この年から際競走に。
2003年 アドマイヤグルーヴがこの年の牝馬三冠で敗戦していたスティルインラブへのリベンジを果たす勝利。また、海外が2頭初参戦し、タイガーイルが3着に入着した。
2004年 アドマイヤグルーヴが連覇(2頭)。
2006年 1着に入線したカワカミプリンセスが斜行し進路妨をしたとして降着になり、2着以下が繰り上がった。
2008年 スタート直後にポルトフィーノ上が落はそのまま逃げる形となり、直線でリトルアマポーラを大外捲りし先頭でゴールした(実際には落して騎手が騎乗していないでの入線は認められないので、競走中止扱い)。
2009年 クィーンスプマンテテイエムプリキュアって大逃げ。そのまま1・2着に逃げ残り、三連単150万円越えと大荒れのレースとなった。
2010年 英国スノーフェアリー海外として初制覇。
2011年 昨年と同様の脅威の末脚でスノーフェアリーが連覇(3頭)。
2012年 エリザベス女王即位60周年記念(ダイヤモンドジュビリー)競走として施行。
準三冠馬ヴィルシーナが2着に敗れ、GI4戦連続(ステップレースを含めれば5戦連続)2着の記録を達成。
2013年 バッキンガム殿(英国王室)より特別許可を貰い、欧文名を称。
2020年 ラッキーライラックが連覇(4頭)。
2021年 京都競馬場装に伴い阪神競馬場での開催。
馬券内どころか掲示板内の入線が全て重賞勝利で決着、くわえて人気上位5頭すら入らず三連単339万円の大波乱のレースとなった。
2022年 エリザベス女王即位70周年記念(プラチナジュビリー)競走として施行。エリザベス女王崩御のため取りやめ。前年に続き阪神競馬場での開催。
合わせてGI13勝のジェラルディーナGI初制覇。
2着がライラックウインマリリンで同着となり、1986年以降では初のJRAGI2着同着に。

主な前走・前哨戦

競走名 格付 施行競馬場 施行距離 間隔 優先出走権
京都大賞典 GII 京都競馬場 芝2400m 5週
府中牝馬ステークス GII 東京競馬場 1800m 4週 1着
秋華賞 GI 京都競馬場 2000m 4週

歴代優勝馬

回数 開催日 競馬場 距離 優勝 性齢 勝利騎手 勝ち時計
第48回exit_nicovideo 2023年11月12日 京都 2200m ブレイディヴェーグ 3 C.ルメール 2:12.6
第47回exit_nicovideo 2022年11月13日 阪神 2200m ジェラルディーナ 4 C.デムーロ 2:13.0
第46回exit_nicovideo 2021年11月14日 阪神 2200m アカイイト 4 幸英明 2:12.1
第45回exit_nicovideo 2020年11月15日 阪神 2200m ラッキーライラック 5 C.ルメール R2:10.3
第44回exit_nicovideo 2019年11月10日 京都 2200m ラッキーライラック 4 C.スミヨン 2:14.1
第43回exit_nicovideo 2018年11月11日 京都 2200m リスグラシュー 4 J.モレイラ 2:13.1
第42回exit_nicovideo 2017年11月13日 京都 2200m モズカッチャン 3 M.デムーロ 2:14.3
第41回exit_nicovideo 2016年11月13日 京都 2200m クイーンズリング 4 M.デムーロ 2:12.9
第40回exit_nicovideo 2015年11月15日 京都 2200m マリアライト 4 蛯名正義 2:14.9
第39回exit_nicovideo 2014年11月16日 京都 2200m ラキシス 4 川田将雅 2:12.3
第38回exit_nicovideo 2013年11月10日 京都 2200m メイショウマンボ 3 武幸四郎 2:16.6
第37回exit_nicovideo 2012年11月11日 京都 2200m レインボーダリア 5 柴田善臣 2:16.3
第36回exit_nicovideo 2011年11月13日 京都 2200m スノーフェアリーGBR 4 R.ムーア 2:11.6
第35回exit_nicovideo 2010年11月14日 京都 2200m スノーフェアリーGBR 3 R.ムーア 2:12.5
第34回exit_nicovideo 2009年11月15日 京都 2200m クィーンスプマンテ 5 田中博康 2:13.6
第33回exit_nicovideo 2008年11月16日 京都 2200m リトルアマポーラ 3 C.ルメール 2:12.1
第32回exit_nicovideo 2007年11月11日 京都 2200m ダイワスカーレット 3 安藤勝己 2:11.9
第31回exit_nicovideo 2006年11月12日 京都 2200m フサイチパンドラ[1] 3 福永祐一 2:11.6
第30回exit_nicovideo 2005年11月13日 京都 2200m スイープトウショウ 3 池添謙一 2:12.5
第29回 2004年11月14日 京都 2200m アドマイヤグルーヴ 4 武豊 2:13.6
第28回exit_nicovideo 2003年11月16日 京都 2200m アドマイヤグルーヴ 3 武豊 2:11.8
第27回exit_nicovideo 2002年11月10日 京都 2200m ファインモーション 3 武豊 2:13.2
第26回exit_nicovideo 2001年11月11日 京都 2200m トゥザヴィクトリー 5 武豊 R2:11.2
第25回exit_nicovideo 2000年11月12日 京都 2200m ファレノプシス 5 松永幹夫 2:12.8
第24回exit 1999年11月14日 京都 2200m メジロドーベル 5 吉田豊 2:13.5
第23回exit_nicovideo 1998年11月15日 京都 2200m メジロドーベル 4 吉田豊 2:12.8
第22回exit 1997年11月16日 京都 2200m エリモシック 4 的場均 2:12.5
第21回exit 1996年11月10日 京都 2200m ダンスパートナー 4 四位洋文 2:14.3
第20回exit 1995年11月12日 京都 芝2400m サクラキャンドル 3 小島太 2:27.2
第19回exit 1994年11月13日 京都 芝2400m ヒシアマゾン 3 中舘英二 2:24.3
第18回exit 1993年11月14日 京都 芝2400m ホクトベガ 3 加藤和宏 2:24.9
第17回exit 1992年11月15日 京都 芝2400m タケノベルベット 3 藤田伸二 2:27.1
第16回exit_nicovideo 1991年11月10日 京都 芝2400m リンデンリリー 3 岡潤一郎 2:29.6
第15回exit 1990年11月11日 京都 芝2400m キョウエイタップ 3 横山典弘 2:25.5
第14回exit_nicovideo 1989年11月12日 京都 芝2400m サンドピアリス 3 2:28.8
第13回exit_nicovideo 1988年11月13日 京都 芝2400m ミヤマポピー 3 松田 2:27.2
第12回exit 1987年11月15日 京都 芝2400m タレティガール 3 蛯沢 2:29.3
第11回exit_nicovideo 1986年11月2日 京都 芝2400m メジロラモーヌ 3 河内洋 2:29.1
第10回exit 1985年11月3日 京都 芝2400m ワードウイング 3 内田 2:26.8
第9回exit 1984年11月4日 京都 芝2400m キョウワサンダー 3 樋口 2:28.4
1984年(第9回)よりグレード制導入。GIに格付け
第8回exit 1983年11月20日 京都 芝2400m ロンググレイス 3 河内洋 2:30.1
第7回exit 1982年11月21日 京都 芝2400m ビクトリアクラウン 3 嶋田功 2:29.2
第6回 1981年11月15日 京都 芝2400m アグネステスコ 3 西浦勝一 2:28.1
第5回exit 1980年11月16日 京都 芝2400m ハギノトップレディ 3 伊藤清章 2:27.9
第4回 1979年11月18日 阪神 芝2400m ミスカブラヤ 3 岡部幸雄 2:32.6
第3回 1978年11月19日 京都 芝2400m リードスワロー 3 武邦彦 2:29.1
第2回exit 1977年11月20日 京都 芝2400m インターグロリア 3 福永洋一 2:28.7
第1回 1976年11月26日 京都 芝2400m ディアマンテ 3 松田 2:28.5

歴代複勝圏内

1着~3着の人気順(1着のみ単勝オッズ)も併記する。

年度 優勝 2着 3着
2023年 ブレイディヴェーグ
(1番人気、単勝2.4倍)
ルージュエヴァイユ
(5番人気
ハーパー
(3番人気
2022年 ジェラルディーナ
(4番人気、単勝8.1倍)
ウインマリリン
(5番人気
ライラック
(12番人気
(同着)
2021年 アカイイト
(10番人気、単勝64.9倍)
ステラリア
(7番人気
クラヴェル
(9番人気
2020年 ラッキーライラック
(1番人気、単勝3.3倍)
サラキア
(5番人気
ラヴズオンリーユー
(3番人気
2019年 ラッキーライラック
(3番人気、単勝5.4倍)
クロコスミア
(7番人気
ラヴズオンリーユー
(1番人気
2018年 リスグラシュー
(3番人気、単勝4.7倍)
クロコスミア
(9番人気
モズカッチャン
(1番人気
2017年 モズカッチャン
(5番人気、単勝7.7倍)
クロコスミア
(9番人気
ミッキークイーン
(3番人気
2016年 クイーンズリング
(3番人気、単勝6.1倍)
シングウィズジョイ
(12番人気
ミッキークイーン
(2番人気
2015年 マリアライト
(6番人気、単勝15.2倍)
ヌーヴォレコルト
(1番人気
タッチングスピーチ
(4番人気
2014年 ラキシス
(3番人気、単勝6.8倍)
ヌーヴォレコルト
(1番人気
ディアデラマドレ
(6番人気
2013年 メイショウマンボ
(2番人気、単勝3.9倍)
ラキシス
(6番人気
アロマティ
(5番人気
2012年 レインボーダリア
(7番人気、単勝23.0倍)
ヴィルシーナ
(1番人気
ピクシープリンセス
(5番人気
2011年 スノーフェアリー
(1番人気、単勝2.7倍)
アヴェンチュラ
(2番人気
アパパネ
(4番人気
2010年 スノーフェアリー
(4番人気、単勝8.5倍)
メイショウベルーガ
(2番人気
アパパネ
(1番人気
2009年 クィーンスプマンテ
(11番人気、単勝77.1倍)
テイエムプリキュア
(12番人気
ブエナビスタ
(1番人気
2008年 ポルトフィーノ
リトルアマポーラ
(4番人気、単勝13.2倍)
カワカミプリンセス
(1番人気
ベッラレイア
(2番人気
2007年 ダイワスカーレット
(1番人気、単勝1.9倍)
フサイチパンドラ
(3番人気
スイープトウショウ
(2番人気
2006年 カワカミプリンセス
フサイチパンドラ
(7番人気、単勝26.2倍)
スイープトウショウ
(2番人気
ディアデラノビア
(4番人気
2005年 スイープトウショウ
(2番人気、単勝2.8倍)
オースミハルカ
(5番人気
アドマイヤグルーヴ
(4番人気
2004年 アドマイヤグルーヴ
(2番人気、単勝3.3倍)
オースミハルカ
(5番人気
エルノヴァ
(4番人気
2003年 アドマイヤグルーヴ
(2番人気、単勝3.6倍)
スティルインラブ
(1番人気
タイガーイル
(10番人気
2002年 ファインモーション
(1番人気、単勝1.2倍)
ダイヤモンドビコー
(2番人気
レディパステル
(4番人気
2001年 トゥザヴィクトリー
(4番人気、単勝5.9倍)
ローズバド
(2番人気
ティコティコタック
(5番人気
2000年 ファレノプシス
(3番人気、単勝6.4倍)
サイエアデール
(1番人気
エイダイイン
(10番人気
1999年 メジロドーベル
(2番人気、単勝3.9倍)
サイエアデール
(7番人気
エガオヲミセテ
(5番人気
1998年 メジロドーベル
(2番人気、単勝4.6倍)
ランフォザドリーム
(5番人気
エアグルーヴ
(1番人気
1997年 エリモシック
(3番人気、単勝8.8倍)
ダンスパートナー
(1番人気
エイシンサンサン
(8番人気
1996年 ダンスパートナー
(1番人気、単勝2.4倍)
フェアダン
(3番人気
シーズグレイス
(11番人気
1995年 サクラキャンドル
(10番人気、単勝26.5倍)
ブライトサンディ
(5番人気
フェアダン
(2番人気
1994年 ヒシアマゾン
(1番人気、単勝1.8倍)
チョウカイキャロル
(2番人気
アグネスパレード
(4番人気
1993年 ホクトベガ
(9番人気、単勝30.4倍)
ノースフライト
(5番人気
ベガ
(2番人気
1992年 タケノベルベット
(17番人気、単勝91.3倍)
メジロカンムリ
(2番人気
ニシノフラワー
(6番人気
1991年 リンデンリリー
(1番人気、単勝2.4倍)
ヤマノカサブランカ
(4番人気
スカーレットブーケ
(7番人気
1990年 キョウエイタップ
(8番人気、単勝13.6倍)
ウショウアイ
(1番人気
ウィナーズゴールド
(2番人気
1989年 サンドピアリス
(20番人気単勝430.6倍
ヤマフリアル
(10番人気
シンビクトリー
(14番人気
1988年 ミヤマポピー
(6番人気、単勝13.3倍)
シヨノロマン
(1番人気
マチカネネイトハン
(8番人気
1987年 タレティガール
(4番人気、単勝12.3倍)
マックスビューティ
(1番人気
トップコート
(5番人気
1986年 メジロラモーヌ
(1番人気、単勝1.3倍)
スーパーショット
(7番人気
ロイヤルルキ
(10番人気
1985年 ワードウイング
(6番人気、単勝18.7倍)
アササスケール
(1番人気
ナカミアンゼリカ
(12番人気
1984年 キョウワサンダー
(14番人気、単勝68.2倍)
キクノペガサス
(5番人気
ダイアナソロン
(1番人気
1983年 ロンググレイス
(1番人気、単勝4.6倍)
シャダイソフィア
(5番人気
グロバルダイナ
(2番人気
1982年 ビクトリアクラウン
(2番人気、単勝3.4倍)
ミスラディカル
(4番人気
ラブリースター
(13番人気
1981年 アグネステスコ
(4番人気、単勝8.5倍)
タケノダイヤ
(3番人気
サクラスマイル
(5番人気
1980年 ハギノトップレディ
(3番人気、単勝8.0倍)
タケノハッピー
(2番人気
タマモコトブキ
(12番人気
1979年 ミスカブラヤ
(2番人気、単勝7.5倍)
アグネスレディー
(1番人気
ハーバーアトリ
(3番人気
1978年 リードスワロー
(1番人気、単勝5.8倍)
ラブリウショウ
(4番人気
オーナーブッチ
(5番人気
1977年 インターグロリア
(3番人気、単勝8.6倍)
リニアイン
(2番人気
ネンジョオー
(4番人気
1976年 ディアマンテ
(8番人気、単勝20.5倍)
ニッショウダイヤ
(2番人気
フジエクスプレス
(7番人気

関連動画

関連静画

関連コミュニティ

関連項目

十大競走
桜花賞 - 皐月賞 - 優駿牝馬 - 東京優駿 - 菊花賞 - 天皇賞(春) - 天皇賞(秋) - 有馬記念
同格とされた競走
ジャパンカップ
ジャパンカップ創設後に八大競走に準じるとされた競走
宝塚記念 - エリザベス女王杯
競馬テンプレート
中央競馬の世代別GI
五大クラシック
桜花賞 - 皐月賞 - 優駿牝馬 - 東京優駿 - 菊花賞
その他の世代別GI
2歳 朝日杯フューチュリティステークス - 阪神ジュベナイルフィリーズ - 
ホープフルステークス
3歳 NHKマイルカップ - 秋華賞
止・変更された競走
2歳 阪神3歳ステークス
3歳 ビクトリアカップ - エリザベス女王杯
競馬テンプレート

脚注

  1. *カワカミプリンセス1位入線後12着降着による繰り上がり。
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

ほめられた記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP