エリシオ 単語

10件

エリシオ

7.5千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

エリシオ(Helissio)とは、1993年仏フランス生まれ仏フランス調教競走馬である。
オリバーペスリエとか呼ばれてたりしていた若き日のオリビエ・ペリエ日本で学んだことを活かした騎乗で、凱旋門賞史に残る圧勝を見せた快足。人呼んで「走る機械のような」。

な勝
1996年:凱旋門賞(G1)サンクルー大賞(G1)リュパン賞(G1)ニエル賞(G2)ノアイユ賞(G2)
1997年:サンクルー大賞(G1)ガネー賞(G1)

血統背景

サドラーズウェルズという以外に種牡馬になれた理由はなかったが、種牡馬としてはと違うを歩み、南半球や短距離路線で成功したフェアリーキングは特に強調要素のないエリスシアトルスルー初期の活躍GI2勝のスルーピーという血統。
1歳8月のセールで当時マドリー競馬場の代表であった実業エンリケ・サラソラ氏に35万フランで購入され、撃っていいのは撃たれる覚悟々は関係ないエリールルーシュ師に預託され、フランスデビューすることとなった。

競走馬時代

3歳春~じゃじゃ馬、相棒に出会う

デビューは大きく遅れ、3歳の3月となった。重馬場デビュー戦をドミニクブフ騎手を背に10身差圧勝という衝撃的な勝ちっぷりで突破し、遅ればせながらクラシック戦線に参戦することになった。
次走はクラシック登竜門ノアイユ賞(当時G2)。逃げようとしたがハナを強硬にしたを行かせて2番手から進め、直線でバテた逃げを交わすとそのまま4身差つけて押し切ってまたも圧勝。ジョッケクルブ賞路線の本命格に浮上した。
この勢いのまま当時ジョッケクルブ賞のプレップレースであったリュパンへ。今回もハナは取られたが2番手で折り合い、ノアイユ賞と同じように直線で先頭に立ち押し切りにかかる。ここでグランクリテリウム勝ちルーソリテールの猛追を受けたものの3/4身差でなんとかぎきりG1勝利を飾った。

そして1番人気大本命で迎えた本番・ジョッケクルブ賞。例によってハナかれたうえ今回はブフ騎手が当時2400mという距離を勘案してか抑え気味にいったのだが、折り合いを著しく欠き消耗。地では滅びゆくフェアウェイ系末期のきらめき・ラグマールの追込が決まる中下がっていき5着に敗れた。それでも3身しか離れていなかったので、スタミナ面もそこまで問題はなかったようである。
ということで折り合いを欠く乗り方をしてしまったブフ騎手戦を解任され、代わって冒頭にも書いた通りオリビエ・ペリエ騎手に乗り替わりとなった。

ペリエ騎手に乗り代わって初戦は当時3歳に開放されていた頃のサンクルー大賞。ところでひとつ上の欧州1995年クラシック世代は粒いであり、4戦4勝で英ダービーキングジョージ凱旋門賞をぶち抜いたこと*ラムタラを筆頭に*ペンタイア、シングスピール、*ピルサドスキーと名いなのだが、このレースにはその中からスウインが出走しており、最も手強い相手となった。
レースはやはり1995年世代のポリグロート(ソレミア)がしたため2番手で折り合い、直線で先頭に立つ勝ちパターンに入ると追撃してきたスウインを後に1身差つけて勝利。7着に敗れていたラグマールにもジョッケクルブ賞での借りをキッチリ返し、15年ぶりの3歳による勝利を達成したのであった。

3歳秋~天衣無縫の圧勝劇

サンクルー大賞後は夏休みを取りニエル賞から凱旋門賞した。ということでニエル賞に出走。ジョッケクルブ賞で2着してエリシオに先着していたポラリスフライトやジョッケクルブ賞では折り合いを欠いたエリシオにも後着したが後にパリ大賞を勝ってきたカーリアン産駒グレープツリーロードくらいしか相手はおらず、ハナを取るとそのまま々と逃げ切り快勝。予定通り凱旋門賞に向かった。
この年の凱旋門賞は上の世代が強いこともありメンツが分厚く

とまあ、2400m・12f路線の役が集合した1996年決算となったこのレースペースメーカーを制してハナを切ったエリシオは先頭を疾走。2番手*ピルサドスキーを引き付けつマイペースでフォルスストレートを通過。直線に入るとまだ持ったままのエリシオに対し2番手*ピルサドスキー以下はもう必死で追っており、そこに満を持して仕掛けたペリエ騎手に応えエリシオはロケットみたいな二の脚で一気に抜け出す。*ピルサドスキー上のウォルタースウィンバーン騎手も「ペリエ騎手が追い始めて二歩でもう追いつけないとわかった」とこぼした程勢いに差があった。
残り70m地点でペリエ騎手が振り返って大きな差を確認すると手にガッツポーズするくらいの余裕の大差をつけてゴールに飛び込んだ。
記録上は5身差で当時の最大着差記録であったシーバードの6身差には届かなかったものの、ペリエ騎手が立ち上がりガッツポーズして減速せずずっと追っていたら10身はついたとも言われる大楽勝であった。
*ピルサドスキーを管理するマイケル・スタウ調教師も「怪物に負けた。今年ピルサドスキーはどんどん強くなっていたのだが……運がない、ここで走る機械のようなに出くわすとは……」と全に旗を上げ、識者からは「地競走の最高峰には見えない、(中でふるいにかけられて差が付きやすい)障害競走ゴール前みたいだった……」と評価されたほど。
ちなみにに書いた通り、ペリエ騎手日本で学んだペースメイキングや溜め具合をうまく転用してこの逃げ切りを実現させたという。

この大楽勝劇の後、休養に入るかと思われたがなんとジャパンカップからの招待を受諾し遠征。日本種牡馬入りが決定し顔見世でやってきた*ペンタイア、カナディア際Sでチーフベアハートらを下し念願のGI初制覇を飾るも前走BCターフでは(先の凱旋門賞でスタウト師が「今年強くなっている」と評していた)同期同厩のピルサドスキーの2着に敗れていたシングスピール、アーリントンミリオンGI3勝のアワッド、セントレジャーの勝ち・巨トラテジックチョイスアメリカ重賞フラッグダウンコックスプレートメルボルンカップを同一年にぶち抜いたオセアニア最強をオクタゴナルと競っていたセイントリーの6頭とともに、日本大将格で初の4歳(旧齢表記、今だと3歳)秋天イナー・バブルガムフェロー、この年は古開放初年度のエリ女白井寿昭師の宣言通り制したダンスパートナー、初年度のNHKマイルカップ衝撃時計で勝った○外*タイキフォーチュン秋華賞の勝ちっぷりは良かったが4歳(旧齢表記)が戦えるのか?と思われたやはり○外*ファビラスラフインらに襲いかかる……予定だったのだが、セイントリーが豪州からの直行便がないため30時間の長を押してやってきた疲れからか当日に熱発して回避となり、外招待は本含め6頭となった。余談だが、セイントリーのスカイチェイスも同じく熱発を起こして1988年ジャパンカップを回避しており、リベンジを果たすことはわなかった。

さてレースの方はハナを切ろうとしたがカネツクロスが外から被せに来たので譲って2番手、向こうでもよくやっていたパターンで折り合って勝ちに行ったが、凱旋門賞での圧勝劇で調子ピークは過ぎていたのか、いつものような二の脚がなく、ランフランコ・デットーリに応え勝ちきり、1番人気に推されながら惨敗した方の祖母ハイホーク念をらしたシングスピールと最内から飛び出した日本調教の4歳初連対を果たした*ファビラスラフイン叩き合いに加わることはできなかった。
しかし巨トラテジックチョイスとの叩き合いには競り負けず、同着ながら3着は確保した。これは凱旋門賞を勝った後にジャパンカップに出走した凱旋門賞最上位着順であった。ちなみに後の凱旋門賞ということならオールアロングの2着がある。
1996年はここで休養となり、年度表ではカルティエ賞年度代表馬・最優秀3歳・最優秀3歳を受賞した。最優秀3歳はこの年のみの部門であり一の受賞である。

4歳~実力、スピードの証明

明けて1997年は第2回となるドバイワールドカップ(当時はまだ高額賞リステッド)から戦線復帰予定であったが、大雨でナド・アルシバ競馬場水浸しとなって延期になったのを嫌って帰。彼が不在の順延されたレースシングスピール勝利し、ジャパンカップ勝利と合わせて世界的名へ飛躍するステップとなった。日本ファンとしてはホクトベガ事故死があまりにも印に残ってしまったが……

さて、めて仕切り直して地元フランスガネー賞から復帰。前年のBCターフ勝利最強クラス名乗りを上げた*ピルサドスキーやストラテジックチョイスらがったレースであったが、2番手から進めて重馬場の中理にハナを切ったくに潰れたあたりで先頭に立つとそのまま押し切って6身差で圧勝。マイペースで行かせたら強いことをめて示した。
その次走は2年連続の出走となったサンクルー大賞。専属契約の都合でペリエ騎手が降キャッシュアスムッセン騎手を迎えることになった。有は回避してほぼおらず、得意の重たい馬場ということもあって1.1倍とほぼ元返しレベル人気に応え、逃げ切って5身差圧勝。
騎手アスムッセンのまま意気揚々とキングジョージに向かった。この年のキングジョージはメンツが分厚く、ジャパンカップドバイワールドカップコロネーションカップと3連勝中のシングスピール、前走でメンバーエクリプスステークスを快勝して来た*ピルサドスキー、前記2頭と同い年のスウイン、この1年間は前記3頭以外には先着を許しておらず前走でスウインリベンジを果たしたばかりの1996年英セントレジャーなどG13勝シャントゥ、そしておなじみセントレジャーなどG12勝のストラテジックチョイスらと顔を合わせることとなった。さすがは”The Race of the Decade”(10年に一度のレース)と評されただけのメンツである。
しかしハナを切るまでは良かったが、中で群に飲まれてしまうと群でもがき、最後の直線も思うように前が開かずに苦労。スウインの3着に敗れた。

騎手がペリエに戻った次走に選んだのはなんとマイルG1ムーラン・ド・ロンシャン。ここには同い年の1997年最強クラスマイラーで、前走ジャック・ル・マロワ賞を勝ち連覇してきた*スピニングワールド、この年のプール・デッセ・デ・プーラン(フランス2000ギニー)勝ちで、当時はまだマイル戦線にいたデイラミな相手となった。
今まで2000m以上しか走ったことがなかったのに1番人気に推されたものの、流石ハナを切ることはできず3番手で折り合って追走。直線で一旦先頭に立つなど意地を見せたが、*スピニングワールド々と突き抜け3身差つけて圧勝。しかし2着を確保したのだから素晴らしいスピードを見せたといえよう。

このレースをステップに凱旋門賞連覇に挑むこととなったが、やっぱりメンツがすごかった。

ら、キャリア際色も豊かなメンツが顔をえた。しかし何よりも恐ろしい存在は当年のジョッケクルブ賞、こちらもペリエ騎手戦であったが迷いなくエリシオを捨てこちらを取ったほどの才を持つ3歳・*パントレセレブルであった。
なお、ヨコハマが勝ったフォワ賞からは小島太サクラ軍団を背負った1996年年度代表馬サクラローレルが参戦予定であったが、予後不良級の負傷で競走中止となってしまい参戦はわなかった。勝機は薄かっただろうが見たかったところである。
さてレースの方は逃げようとしたがハナかれスウインにピッタリとマークされ、ようやく先頭に立ったのは800mすぎの地点であった。しかも理に前を行ったのでかなり速いペースとなってしまい、これではいくらなんでも潰れる……と思われたがフォルスストレートを回って直線に入っても持ち前の根性でり倒す。流石に*パントレセレブルレコードペースを切り裂く凄まじい末脚で飛び出すとついに尽き下がっていくが、3番手集団に追いつかれるともう一度を発揮し6着にはり込み、前年度王者の誇りは見せた。このレースを最後に引退した。通算成績は13戦8勝。

引退後

引退後は社台グループに買収されてジャパンカップを走った日本種牡馬生活を送ることとなった。シンジケート総額は総額19億8000万という、かなり気合の入った額であった。
キングジョージ後に一度買収交渉が破談しながらもりにって輸入にこぎつけただけあって、相当な期待を持たれていたと思われる。
産駒の出来も良かったようで、種付け数は初年度こそ100そこそこであったが2年180頭、一番少なくなりやすい3年151頭と人気を博していた。
しかしその期待に応えられたとは言えず、初年度はチューリップ賞を勝ったヘルスウォールのみしか重賞に勝てず、その後人気は降下。2003年からはブリーダーズスタリオンステーション放出された。

初年度と2年にシャトル種牡馬に向かっていたオーストラリアでは2002年から2003年にかけて初年度産駒エレナスがG13勝をマークして注を集めたため、2003年に再びオーストラリアに向かった後は日本に帰ることはなかった。
2004年からは2年連続でイギリスリースされ、その後2005年には北アイルランドに正式に売却され、北アイルランドを転々としながら種牡馬生活を続行したが、20歳のとき、2013年に急死した。死因心臓発作とみられる。

結局輸出後にポップロックが活躍した日本でも、エレナスが出たオーストラリアでも、欧州でも成功と言えるほどの成果は出せなかった。
しかしとしては絶不調の武豊に勝ちがなかったマイルチャンピオンシップ勝ちを届けたサダムパテックや、オーストラリアに散った悲運のアドマイヤラクティサダムパテックの半ヴィクトリアマイル勝ちのジュールポレールといった活躍を出したのが救いであろうか。

血統表

Fairy King
1982 鹿毛
Northern Dancer
1961 鹿毛
Nearctic Nearco
Lady Angela
Natalma Native Dancer
Almahmoud
Fairy Bridge
1975 鹿毛
Bold Reason Hail to Reason
Lalun
Special Forli
Thong
Helice
1988 鹿毛
FNo.10-c
Slewpy
1980 黒鹿毛
Seattle Slew Bold Reasoning
My Charmer
Rare Bouquet Prince John
Forest Song
Hirondelle
1981 鹿毛
Val de l'Orne Val de Loir
Lithia
Hermanville Cutlass
Peaceful Lane
競走馬の4代血統表

クロス:5代内アウトブリード

こうして血統表を眺めると、後にG18勝を挙げ大活躍し種牡馬として日本に輸入された*ファルブラヴととてもそっくりな血統である。
スルーピーにスタミナが勝ったの配合のだったりするのもそっくり。種牡馬としては*ファルブラヴが勝っていると思うが、としてはどっこいどっこいだろうか。じきに抜かれるかもしれないが…

主な産駒

関連動画

ちゃんこつおい

in府中

マイルでも負けないスピード

この画強すぎィ!

関連項目

この記事を編集する

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

記事と一緒に動画もおすすめ!
もっと見る

急上昇ワード改

最終更新:2024/04/13(土) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2024/04/13(土) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP