エレキ(遊戯王)単語

エレキ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(12)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

エレキ(遊戯王)とは、遊戯王OCGモンスター群である。

概要

エレキ(遊戯王)が登場したのは第一期。その後、”THE SHINING DARKNESS”にエレキの名を持つカードが数種。さらに二カ後の”DUELIST REVOLUTION”パックに登場した「エレキマイラ」が、エレキが必要なカードとして登場。テーマエレキ」が生まれる。
エレキ名前に入ったカードは全部で27枚。モンスターが19枚、そのうち4枚がチューナーで2枚がシンクロモンスター。関連魔法が4枚、残り4枚の魔法族に関する効果のカードである。
モンスターは全て属性で3枚を除き族のため、そちらのサポートを使用できる。

直接攻撃が6枚、二回攻撃が3枚も存在する。また相手をしびれさせる事を意識してか、相手のモンスタープレイヤーの行動を封じる効果が多い。相手デッキによっては行動を封じることすら可であろう。弱点としては攻守が低い事と展開がそれほど高くない事、チューナーの大半が汎用性に欠けている事など。しかしながら、ジュラゲドなどの汎用サポートによって静かに間接強化されたのが幸いしたのか、2017年には大阪などでの公式大会で、幻奏との混成ビートらしきデッキが好成績を残した模様。

モンスターはエレ+キが頭につく言葉のカード

カード説明

以下、遊戯王カードwikiより。

1999年3月発売”BOOSTER1”

エレキッズ/Wattkid
通常モンスター/3/属性/族/攻1000/守 500
攻撃は意外と強い。甘く見ると感電するぞ。

第一期に登場した通常モンスター。特にエレキデッキでの役割はいが、このモンスターの存在が「エレキテーマを生みだしたのは間違いないであろう。

2010年2月20日発売”THE SHINING DARKNESS”

エレキリン/Wattgiraffe
効果モンスター/4/属性/族/攻1200/守 100
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
このカードが直接攻撃によって相手ライフ戦闘ダメージを与えた時、 相手はこのターンエンドフェイズ時まで 魔法・効果モンスターの効果を発動する事ができない。

直接攻撃と相手のカードの効果を封じるを持つ。

エレキツネ/Wattfox
チューナー(効果モンスター)/2/属性/族/攻 800/守 100
このカードが相手によって破壊された場合、 そのターン相手はモンスターの特殊召喚 及び魔法・効果モンスターの効果を発動する事ができない。

2チューナー。相手に破壊された場合、相手のカードの効果を封じる効果を持つ。

エレキツツキ/Wattwoodpecker
効果モンスター/3/属性/族/攻1000/守 100
このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。
このカード戦闘を行ったモンスターは表示形式を変更する事ができない。

二回攻撃と、戦闘したモンスターの表示形式を封じる効果。

エレキューブ/Wattcube
装備魔法
モンスターにのみ装備可
装備モンスターの攻撃は自分の墓地に存在する モンスターの数×100ポイントアップする。
また、自分フィールド上に表側表示で存在するこのカード墓地へ送る事で、 自分フィールド上に表側表示で存在する モンスター1体の攻撃1000ポイントアップする。

装備したモンスターの攻撃を、墓地族×100上昇させる効果と、これを墓地に送りフィールド上の族一体の攻撃を永続的に1000上昇させる効果。族専用。

2010年4月17日発売”DUELIST REVOLUTION”

エレキンギョ/Wattbetta
チューナー(効果モンスター)/2/属性/族/攻 100/守 0
このカードが直接攻撃によって相手ライフ戦闘ダメージを与えた時、 相手は手札を1枚選択して捨てる。

直接攻撃で手札を捨てさせる効果があるものの、それを狙うならもっといいモンスターが何体も存在する。
効果は決まればいいぐらいの気持ちで、エレキシンクロのために使用するのが一番であろう。

エレキツネザル/Wattlemur
効果モンスター/2/属性/族/攻 800/守 100
このカードが相手によって破壊された場合、 次の相手ターン、相手はバトルフェイズを行う事ができない。

相手に破壊された場合、次の相手のバトルフェイズを飛ばすという変わった効果のモンスター

エレキジ/Wattpheasant
効果モンスター/4/属性/族/攻1000/守 800
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
このカードが直接攻撃によって相手ライフ戦闘ダメージを与えた時、 フィールド上に表側表示で存在するモンスター1体を選択し、 このターンエンドフェイズ時までゲームから除外する。

直接攻撃モンスター。一時的な除外効果が付随する。
ちなみに自分のモンスターも除外できる。相手エクシーズモンスターを除外すれば、エクシーズ素材が全て墓地に送れる。

エレキマイラ/Wattchimera
シンクロ・効果モンスター/6/属性/族/攻1400/守1200
エレキ」と名のついたチューナーチューナー以外のモンスター1体以上
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
このカードが直接攻撃によって相手ライフ戦闘ダメージを与えた時、 相手の手札をランダムに1枚デッキの一番上に置く。

エレキという、エレキデッキ用のシンクロモンスター
ロックデッキならば、相手を行動不能にする可性のある効果を持っている。攻撃が低いので、普通に使えば相手ターン戦闘破壊される。

エレキュア/Wattcine
永続魔法
自分フィールド上に存在するモンスターが 相手ライフ戦闘ダメージを与えた時、 与えた戦闘ダメージの数値分だけ自分のライフポイント回復する。

エレキではなくサポート。専用であるが、回復量はそこそこ見込める。
ただライフが増えただけではアドバンテージはとれない。ライフ回復する事で使えるカードと併用するべき。

エレキャノン/Wattcannon
永続
フィールド上にレベル4以下のモンスターが召喚・特殊召喚された時、 相手ライフ60ポイントダメージを与える。
この効果は1ターンに1度しか使用できない。

エレキではなく、サポート。「1ターンに1度」の制約がでかく、なため速攻性もない。

2010年7月17日発売”STARSTRIKE BLAST”

エレキーウィ/Wattkiwi
チューナー(効果モンスター)/3/属性/族/攻 600/守 100
このカードフィールド上に表側表示で存在する限り、 自分フィールド上に存在する「エレキ」と名のついたモンスターが攻撃する場合、 攻撃モンスター戦闘では破壊されない。

3のチューナーエレキが攻撃時に戦闘破壊耐性を与えるが、攻撃された時は

エレキリギリス/Watthopper
効果モンスター/1/属性/族/攻 0/守 0
このカードフィールド上に表側表示で存在する限り、 相手は表側表示で存在する他の「エレキ」と名のついたモンスターを 攻撃対に選択できず、カードの効果の対にする事もできない。

これ以外のエレキは、攻撃対にも効果対にもならなくなる。二体のキリギリスが並べばロックになる。

エレキトンボ/Wattdragonfly
効果モンスター/2/属性/族/攻 900/守 100
このカードが相手によって破壊された場合、 自分のデッキから「エレキ」と名のついたモンスター1体を特殊召喚する事ができる。

エレキリクルーター戦闘破壊・効果破壊双方に対応しているうえ、攻守問わず特殊召喚できる。マクロコスモスなどによる一部の差別除外も苦にせず発動できるなど、リクルーターとしては優秀な部類。
レベル2モンスターの中では攻撃が高めなので、「ジャンク・ウォリアー」ともそこそこ相性がいい。

エレキリス/Wattsquirrel
効果モンスター/3/属性/族/攻 700/守 100
このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。
このカード戦闘を行った効果モンスターの効果をダメージ計算後に効化する。

二回攻撃と効果を効にする効果を持つ。攻撃が低いので、そこに補助が必要。

エレキャッスル/Wattcastle
フィールド魔法
このカードフィールド上に存在する限り、 「エレキ」と名のついたモンスターを攻撃したモンスターの攻撃は、 そのダメージ計算後に1000ポイントダウンする。

エレキ専用のフィールド魔法エンドフェイズまでと書かれてないので、永続的に下げられる。
攻撃した後に効果が適用されるためエレキ一体を犠牲にしなければならない。

エレキャッシュ/Wattjustment
装備魔法
レベル3以下のモンスターにのみ装備可
装備モンスターの攻撃80ポイントアップし、 効果は効化される。
装備モンスターが相手ライフ戦闘ダメージを与えた時、 自分のデッキからカードを1枚ドローする。

エレキではなくサポート。ドローは良いのだが、エレキは元々の攻撃が低いため800では足りない、さらに効果を失っていては意味がない。

エレキーパー/Wattkeeper
通常
自分の墓地に存在するレベル4以下の 「エレキ」と名のついたモンスター1体を選択して発動する。
選択したモンスター墓地から特殊召喚する。 この効果で特殊召喚したモンスターは、 このターンエンドフェイズ時に破壊される。

エレキ専用のカード

2010年11月13日発売”STORM OF RAGNAROK”

エレキメダイ/Wattberyx
チューナー(効果モンスター)/3/属性/族/攻 300/守 0
このカードが直接攻撃によって相手ライフ戦闘ダメージを与えた時、 相手の手札をランダムに1枚捨てる。

3のチューナー。手札を捨てさせる効果は出来ればいいぐらいの気持ちで、出したターンシンクロに回した方が良い。

エレキモグラ/Wattmole
効果モンスター/3/属性/族/攻 0/守 100
このカードは1度のバトルフェイズ中に2回攻撃する事ができる。
このカードが裏側守備表示のモンスターを攻撃した場合、 ダメージ計算を行わず裏側守備表示のままそモンスターを破壊する事ができる。

二回攻撃+裏側守備を破壊する効果を持ったモンスター。皆既日蝕の書やレインボーライフなどと併せれば、ある程度は活用できると思われる。

エレキリム/Watthydra
シンクロ・効果モンスター/7/属性/族/攻1500/守1500
エレキ」と名のついたチューナーチューナー以外のモンスター1体以上
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
このカードが直接攻撃によって相手ライフ戦闘ダメージを与えた時、 自分のデッキからカードを1枚選択してゲームから除外する。
発動後2回の自分のスタンバイフェイズ時にそのカードを手札に加える。

エレキ専用の7シンクロモンスター。直接攻撃と、タイムラグのあるサーチ効果を持つ。このモンスターが場を離れても手札に加えられる。ただ、ギリギリ奈落の落とし穴の圏内に入り、平和の使者による攻撃制限を受けてしまう攻撃なのが辛い
リムコンゴの一部族に伝わる想上の怪物

エレキー/Wattkey
通常魔法
自分フィールド上に表側表示で存在する「エレキ」と名のついたモンスターは、 このターン相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。

エレキ全体に直接攻撃を可にさせるカードエレキ自体の低攻撃が問題、元から直接攻撃のあるエレキには意味がない。それでもトドめになりうる効果。

2011年7月16日発売”PHOTON SHOCKWAVE”

エレキングコブラ/Wattcobra
効果モンスター/4/属性/族/攻1000/守 500
このカードは相手プレイヤーに直接攻撃する事ができる。
このカードが直接攻撃によって相手ライフ戦闘ダメージを与えた時、 自分のデッキから「エレキ」と名のついたモンスター1体を手札に加える。

直接攻撃効果と、戦闘ダメージを与えた時にエレキモンスターをサーチする効果。
自身もサーチできるためか、稀に他のデッキ出張する。

エレキャンセル/Wattcancel
カウンター
手札から「エレキ」と名のついたモンスター1体を捨てて発動する。
相手モンスターの召喚・特殊召喚を効にし破壊する。

エレキを手札コストに、モンスターの召喚を効にするトラップ

2012年2月18日発売”GALACTIC OVERLORDexit

エレキテルドラゴン
通常モンスター/6/属性/ドラゴン族/攻2500/守1000
常に電気中を浮遊するドラゴン
古代より存在し、その生態には未だが多いものの、古のルールにより捕獲は禁止されている。

エレキだが、ドラゴン族であり、通常モンスター
エレキトンボデッキから特殊召喚が可だが、エレキと相性の良い各種ロックカードに引っかかり、
エレキシンクロ素材にもできないため、シナジーは薄いが、エレキトンボからリクルートでき、なおかつエヴォルカイザーラギアエルシドールミドラーシュなどを戦闘破壊できるのは見逃せない。

ドラゴン族・通常モンスターがらみの効果を持ち、ランク6のエクシーズモンスターを有する聖刻との相性が良い。

2014年9月13日発売"EXTRA PACK -KNIGHTS OF ORDER-"

エレキック・ファイター
効果モンスター/3/属性/サイキック族/攻1500/守 300
エレキック・ファイター」の効果は1ターンに1度しか使用できない。
(1):このカードが召喚・特殊召喚に成功した時、 相手の墓地カード1枚を対として発動できる。 そのカードを相手のデッキの一番上または一番下に戻す。

エレキとは名前しか関係いが、ドローロックデッキトム戻し効果は悪くない。しかしサイキック族なのがネックか。緊急テレポートに対応しているレベルなのだが、2018年6月まで制限カードになってしまっていたので、エレキとの兼ね合いが難しかった。

2017年10月14日発売"EXTREME FORCE"

電送擬人エレキネシス
効果モンスター
4/属性/サイキック族/攻1800/守 0
(1):手札・フィールドのこのカード墓地へ送り、相手フィールドモンスター1体を対として発動できる。
その相手モンスターの位置を、他の相手のメインモンスターゾーンに移動する。
この効果は相手ターンでも発動できる。

エレキとしても属性サイキックとしても希少な下級アタッカー。効果はメタというよりは、疑似的な奪取耐性・墓地調整用といったところ。

関連動画


関連静画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2020/09/20(日) 16:00

ほめられた記事

最終更新:2020/09/20(日) 16:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP