今注目のニュース
娘がお弁当を全部残してきた… 判明した「学校でのやり取り」に同情の声
呉服店のポスター「ハーフの子を産みたい方に。」に批判殺到 「ご意見を真摯に受け止める」とコメント
米アダルトグッズメーカー、広告を拒否され地下鉄会社を訴訟へ 「ED治療薬の広告はOKなのになぜ」

エレクトーン単語

エレクトーン

掲示板をみる(108)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

エレクトーンとは、ヤマハの製造・販売する電子オルガンの登録商標である。

だがメーカーを問わず電子オルガン普通名詞として用いられることも多い。

概要

上鍵盤、下鍵盤、ペダル鍵盤という3つの鍵盤と、エクスプレッション(表現)ペダルによって構成されている。最新機種では500えるプリセット音色を持ち、それぞれ各鍵盤に割り当てる事が可となっている。

その他詳細は、ヤマハ公式Wikipedia等を参照のこと。

有志による簡易説明

近況

電子オルガンの代名詞となったエレクトーンであるが、最近では出荷台数が大幅に落ち込んでいる。

1980年代初頭ごろからの家電量販店での安価な電子キーボード・電子ピアノの取り扱いは、新規ユーザーライトユーザー層にとって敷居の低い、エレクトーン以外の選択肢となった。高価な上に子会社楽器店や資本関係のない特約店のみの販路では太刀打ちできず、またニーズに合った高額なりの機プレミアを見出すこともできなかった。その後90年代前後からのシーケンサーの発展で、ライトシーンでの電子音楽演奏は次第に電子オルガンからシーケンサー+音モジュール自動演奏に取って代わられてしまう。エレクトーンは次第に庭の電子オルガンという役割から音楽教室用の備品という立場へと移っていったといえる。

2000年代に入ってエレクトーンの需要拡大を図るものの、楽器市場の縮小により未達に終わる。現在は (内の) エレクトーン/キーボード事業にはをいれずにいる。 (参考 [1]exit [2]exit [3]exit)

現行機種 STAGEA(ステージア)

現在STAGEA(ステージア)と呼ばれる機種が発売されている(ELS-NN(A) )。

分解・組立が可であり、搬入等が容易となった。6.5インチTFTフルカラー液晶を搭載し、インターネット接続や、譜面表示などといったことも可である。液晶はタッチネル式であり、柔軟な操作が可演奏時はリボンコントローラのような操作も可である(ロータリエンコーダも併せて搭載している)。インターネット接続では、ヤマハよりエレクトーン専用のサイトが開設されており、演奏用の音色データ譜面データをを購入したり、プロ演奏した録音データを直接購入したりとい ったことが出来るようになっている。また、不定期に開されるアップデータダウンロードし、機善や機追加をすることも出来る。

音色は、AWM音レイヤー(ELB-01/01K・DDK-7は2レイヤー)で構成されており、従来機種に搭載されていたFM音源止となった。同社のDTMより流用した高品位なエフェクトを搭載しており、各音色に対し2系統使用することが可。また、同社製キーボード等で採用されているSFFに対応しており、強い互換性を持つ。

当初、データ記憶媒体には、一世代前のELシリーズから引き継いだフロッピーディスクに加え、同社のシンセサイザー等で用いられているスマートメディア及び、USBメモリを新たに採用 していた。しかし、スマートメディアを生産していた東芝2005年に撤退を表明したことにより、後にスマートメディア非対応のSTAGEA typeUとして、仕様変更された。

な欠点としては、楽器としては起動に時間がかかりすぎること、値段が高いこと、内蔵シーケンサ完成度が不十分であるということである。

スタンダードカスタムプロフェッショナル、とグレードアップすることが可となっている。

ELS-01(スタンダードモデル)

STAGEAシリーズ庭向けモデル普及機種である。

FS鍵盤搭載。ホリゾンタルタッチ非対応であり、カスタムモデルより諸々の機かれている。

ELシリーズでの、EL-50/70・EL-500/700の位置付け。税込み定価693,000円

ELS-01C(カスタムモデル)

STAGEAシリーズ庭向けモデル最上位機種である。

スタンダードモデルに加え、FSV鍵盤(ホリゾンタルタッチ対応)、VL-70m相当のVA音オルガンフルート、足鍵盤のアフタータッチセカンドエクスプレッションペダルなどが搭載される。

ELシリーズでの、EL-90・EL-900の位置付け。税込み定価1,081,500円

ELS-01X(プロフェッショナルモデル)

STAGEAシリーズステージ向けモデルである。

カスタムモデルに加え、上下鍵盤が5オクターブ61鍵、足鍵盤が2オクターブ25鍵化される。ELシリーズ以前のステージ向けモデルとは異なり、鍵盤数以外の機や音色数などはカスタムモデルと同一である。ステージ上での演奏に特化(もちろん自宅用として購入できる)しており、PA接続に適したキャノン端子を備えている。また、スピーカーは別売りである。

ELシリーズでの、ELX-1・ELX-1mの位置付け。税込み定価1,680,000円

その他の現行機種

ELB-01/01K(STAGEA mini)

STAGEAシリーズ入門モデル。末尾Kは音楽教室用。SFF対応など、STAGEAとして最低限度の機は備えているが、グレードアップはできないため要注意。STAGEAシリーズ共通の240レジストレーションメニューに加え、ELB-01/01K専用のメニュー90種類追加されている。パーカッションに、動物のなき日常の音など子供向け音色を追加した“ワンダランドキット”を搭載。

ELシリーズでの、EL-1737・EL-100400の位置付け。税込み定価218,400円

DDK-7(D-DECK)

ライブキーボードモデル。厳密にはエレクトーンではないが、STAGEAスタンダードモデルと一定の互換性がある。STAGEAシリーズ共通の240レジストレーションメニューに加え、プロキーボディストによる作成の、D-DECK限定レジストレーションメニュー48種類追加されている。

オプションで足鍵盤を接続することが可。足鍵盤付で税込み定価509,250円

過去の主要機種

EL-900(m /B )

EL三桁シリーズ庭向けモデル最上位機種。
FSV鍵盤搭載(ホリゾンタルタッチ対応)。音色は、AWM音2系統・4オペレータFM音源2系統・VL-70m相当のVA音より構成される。MU50相当のXG音を備え、演奏バックMIDIファイルを流すことも可。VL-XGにも対応しているため、DTMとしてはMU50+VL-70m相当のスペックを持つ(但し無印以降では規制されているため利用不可)。

無印の他、さらに機を拡充したEL-900m、廉価版のEL-900Bが発売される。無印とmの違いはプリセット音色数や足鍵盤の複音対応など、Bとの違いはアンプなどである(EL-900mのアンプは、STAGEAよりも70Wも高いという、非常に高品位なものであった)。新たにmが発表された際、既に無印を所有していたユーザーのためにグレードアップキットが発売された。内蔵基の交換等により、mと同一のものとなる。このキットはBにも取り付けられるため、新品で最も安くmを手に入れる方法がBにキットを適用することであった。なお、mにグレードアップすることにより、マイクロチューニング・リードプライオリティ等の設定を除き、内部的にはステージモデルであるELX-1mと差異がくなる。

EL-90

EL二桁シリーズ庭向けモデル最上位機種。

FS鍵盤搭載。音色は、AWM音2系統・4オペレータFM音源1系統より構成される。EL3桁機より止となったD.R.E(ダイナミックレンジエンハンサー)という機が搭載されていた。これはタッチトーンに関わる機で、強く打鍵した際に高音域の伸びがより際立つようになる。ドラム音色の最大発音数が少なかったため、シンバルの発音が途切れるといったようなことが多発していた。

HS-8

Hシリーズ庭向けモデル最上位機種。

FM音源搭載、一部音色のみAWM音色対応になった。記憶メディアにはRAMパックを使用しているが、外付けのFDDを使用することによりフロッピーディスクにも対応する。また、この頃より、E-Seqと呼ばれるヤマハ独自のMIDIフォーマットに対応し、演奏などを記録することが出来るようになった。このE-Seq形式には、現行機種のSTAGEAでも対応している(なお、エレクトーンで用いられるE-Seq形式はエレクトーン独自のものであり、同社のシーケンサであるQYシリーズなどのものとは互換性がい)。

1992年に製造を終了するが、2000年頃まで曲集付属のFDで対応するものがあったほどの人気機種。

ELシリーズ止となったがSTAGEAで復活した機として、シーケンス内にレジストチェンジを組み込む機アカンパニメント(当時はアルペジオ)の音色を変える機などがHS-8に存在した。

メーカー非公式情報

テストモード

開発者向けの動作チェックモードLEDや鍵盤等の動作不良チェック出来る。下鍵盤2オクターブの、C#・F・A♭を同時に押さえながら電を入れると起動する。

ELシリーズの音色エディット

EL機種においては、純粋なサインウェーブ等パネル上から扱えない波形が数個存在する。また、AWM音色のエレメント単位での編集(2系統を備える機種のみ)やFM音源の編集、スプリットやアフターピッチといった機もパラメータとしては存在するが2色表示の液晶画面における編集が困難であるため、ADSR操作を除き、ユーザーによる編集機かれている(現行機種であるSTAGEAでは、止となったFM音源を除きこれら全てがエディットである)。

DTM音源互換の内蔵音源について

STAGEA及び、EL-900(m /B )はMU50相当、EL-700以下のEL3桁機はMU20相当のXG音をそれぞれ搭載している。但しSTAGEAについては、MU50相当ではあるものの、一部においてMU100以降のハイエンド機種用の波形やエフェクトを持っており、実際にはELシリーズのものにべ、かなり高品位な音へとグレードアップしている。また一部のハイエンド機種が搭載するVA音に関しては、音スペックはVL-70mと同等である。但し、入端末がVL-70mとは異なる(ホリゾンタルタッチ等、ウィンシンセには存在しないパラメータで演奏をする)ため、VL-70mと互換性が確保されているわけではない(MIDI 端子を経由しての外部からの利用は不可)。

音色編集に関して、楽器物理モデル単位でのエディットは、編集に高度な物理知識を必要とするという理由から、VL-70m同様に本体では一切行えなくなっている(新規に物理モデルを構成するには、1枚の金属からトランペットを作るのと同じだけの知識が必要となり、一般のユーザが編集すると音そのものが鳴らなくなってしまう)。

EL3桁機に存在するバグ

EL3桁機の一部機種にいて、複数のアカンパニメントパターンを連続して利用した際に前のパターンの音量やパンポット等の設定を引き継いでしまうというバグが存在する。これらはヤマハに基交換してもらうことにより修理を受けることが可(但し一般への告知はされていない)。

なお、EL2桁機種や、現行機種であるSTAGEAではこの問題は再現しない。

エレクトーン用データ(ELシリーズ)

MDR_xx.EVT
E-Seqファイル演奏データレジストレーションチェンジなどが記録されている。分解は384(但し再生が保障されるのはRPP同様の24まで)。SMF Format0と近似しているが、MIDIクロックリアルタイムメッセージファイル中に埋め込まれていたり、冒頭にカレンレジストと呼ばれるバルダン情報が埋め込まれていたりと、エレクトーン独自の部分が多く見られる。ファイル名に関して、xxMDRでの番号-1の値であり、拡張子EVTを小文字にするとリード分離情報の入ったデータとして認識される。
MDR_xx.B00
バルダンプフイル。音色データが入っている。自作音色や自作ドラムパターンも全てここに含まれる。上位互換・下位互換ともにある。分割することもでき、その場合は拡張子が.B46や.B47といったふうになる。
MDR_xx.V00
VAカスタムボイス情報が含まれる。VL-70mのバルダンプフイルに加え、AWMやFMのパラメータ(エレクトーンはVA単体で1音色のものはないため)が含まれる。
SONG.NAM
ネームファイル。エレクトーンは上記のようにファイルを数値連番にて管理しているため、視認性が悪い。それを解消するため、EL3桁機以降で採用された。1行=半角18文字である必要がある(きはスペースで埋め尽くされる)。
AUTO.RUN
一定の書式で記される自動再生用ファイル。これを記述することにより、フロッピーを挿入しただけで自動的に全ファイルを連続演奏したり‥といったことが出来るようになる。に店頭展示用途。

EL3桁機における動画再生

EL3桁機にいて、端末内のRAMに画像データを保存する領域があり、これを呼び出し液晶に表示することが出来る機種が存在する(単色モノクロ、ELX-1m・EL-900(m /B )は480x160ドット、EL-700・EL-500320x80ドット)。この仕組みにより、動画表示をすることが出来る(但し0.5fps程度という非常に低いスペックとなる)。

データは、動画表示における1例である。 サンプルexit

このデータをEL3桁機で再生すると、「YAMAHA Electone EL-Series...」という文字アニメーション表示される。

この機を利用し、組曲などにいて、楽章ごとに説明や表題等を表示したりといった使い方も出来る。

その他諸々

ニコ動においては「maru」、「mai」、「2段階右折の人」、「電鳥」、「ミコmiko)」、「HAL」、「踊る大捜査線の人」、「糖」等が演奏者として活躍。豊富な音色と 多な表現を可とする楽器ゆえ、かなり原曲に近い音楽を生み出している。

プロプレイヤーも存在する。財団法人ヤマハ音楽会に所属しているプレイヤー、もしくはヤマハ株式会社支援を受けている独立系のプレイヤーなどがいる。また、楽器店など で演奏・解説などを行う「デモンストレーター」も存在する。

ヤマハによる検定制度も存在し、13級から1級までのグレードがある(但し1級については本人からの申し込みにより取得することはできず、演奏活動状況による財団法人ヤマハ音楽会からの認定に限る)。
13~11級はエレクトーン初心者向け、 10~6級は学習者(初心者、中級者)向け、 5~3級はヤマハ講師またはヤマハ講師をす人向け、2、1級は演奏者(プロ)、または演奏者をす人向けのものとなっている。
しかし、この資格を取得して役に立つのはヤマハ講師になるときぐらいで、就職や進学などには一切役立たない。
6級までは大きなミスをしない限り基本的に受かるが、5級からは急に評価がシビアになる。
また、ピアノでも同等の制度が設けられている。

同じく財団法人ヤマハ音楽会より、エレクトーン演奏表示プログラム「etool」exitという、コンピュータ用の 高性演奏解析ソフトウェアが研究開発されている。

関連動画

関連項目

関連リンク

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/21(金) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/21(金) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP