今注目のニュース
お菓子の「ポイフル」買うと新商品ポイフルもらえるって。 セブン行こ~!
消しゴムはんこ画家による「浴衣と朝顔」がプロの技 浮世絵版画のような制作過程にワクワクが止まらない
【明田川進の「音物語」】第28回 音響会社のお金の話

エンケラドゥス単語

エンケラドゥス

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
Enceladus(Saturn II
発見日 1789年8月28日
発見者 ウィリアム・ハーシェル
 (イギリス
土星からの距離 238020km(均)
均半径
との較)
252.1Km
(0.145
質量
との較)
1.08×1020kg
(0.001
自転周期 1日8時間53
転周期 1日8時間53
傾斜 0.019度(土星に対して)
傾斜 0度
表面温度 75K
表面重力
との較)
0.113m/s²
(0.07)

エンケラドゥスとは、土星の第2衛星である。

概要

ウィリアム・ハーシェルによって1789年8月28日発見され、同年11月12日に第1衛星ミマス」と共に発表された。

ギリシア神話巨人族の1人「エンケラドス」。

発見されたのはミマスよりもエンケラドゥスの方が先であるが、9番に発見された衛星までは土星から近い順に番号が割り振られている。
そのため、9つの衛星の中で土星に2番に近いエンケラドゥスが第2衛星となった。

土星衛星の中では6番に大きい。
自転周期は転周期と同期している。
また、エンケラドゥスと第4衛星ディオネとは2:1の共鳴関係にあり、エンケラドゥス転周期はディオネの半分という状態にある。

表面は一面厚い氷に覆われており、反射率が高い。
近年の調で氷のひび割れから蒸気が噴き出していることが確認された。

厚い氷の下にはが存在する可性が高く、生命体の存在が期待されている。

関連動画

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/09/23(月) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/23(月) 23:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP