エンゴロ・カンテ単語

エンゴロカンテ

5.4千文字の記事
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

エンゴロ・カンテ(N'Golo Kanté, 1991年3月29日 - )とは、フランスサッカー選手である。
イングランドプレミアリーグチェルシーFC所属。サッカーフランス代表

ポジションは守備的MF168cm78kg。利き足は右足。

概要

小柄な体格ながらも圧倒的な運動量でピッチの広範囲をカバーしつつ、驚異的なデュエルの強さとボール奪取を売りにする世界最高峰の守備的MFであり、特に相手からボールを奪い取る技術は世界一と称されている。

23歳までトップリーグでのプレー経験がい遅咲きの選手だが、フランスカーンで頭を現し、2015年に移籍したレスター・シティで「奇跡優勝」に大きく貢献したことで一躍世界的にも有名な選手となる。その後、ビッグクラブであるチェルシーFCへ移籍すると、すぐにチームに欠かせない選手となり2017年プレミアリーグ優勝2021年にはUEFAチャンピオンズリーグ優勝という栄冠を手にしている。また、フランス代表としても、2018 FIFAワールドカップ優勝に貢献している。

世界的なスター選手となった後も手な生活を好まず、で謙虚な性格の持ちであることで知られている。遅刻癖があるらしいが、嬌のあるキャラクターチームメイトサポーターからされている。

経歴

1980年フランスへ移住したマリからの移民であり、パリ郊外のリュエイユ・マルメゾンで生まれ育つ。庭は非常に貧しく、幼少の頃から何キロも歩きながらゴミを拾い、そのゴミリサイクルセンターに運ぶ作業をして働いていた。しかし、ゴミ拾いだけでは貧困サイクルから抜け出すことはできないと考え、何か他のを探していた。

1998年ワールドカップフランスワールドカップ優勝を飾り、そのときのフランス代表に自分と同じ移民の選手が多くプレーしていたことからを受け、それまで一度もサッカーを見たことがなかったが、サッカー選手としてのキャリアを考えるようになる。

10歳のときに地元パリの小さなクラブであるシュレンヌでキャリアスタート。当時から体は小さかったものの、チームよりも走り、よりも戦い抜く選手だった。

ブローニュ時代

9年間シュレンヌでプレーした後、2010年にUSブローニュのユースに入団。2012年5月13日リーグ・ドゥのASモナコ戦でトップチームデビューを果たす。しかし、この年チームは19位でシーズンを終え、3部へ降格となる。

フランス3部に相当するナシオナル・チャンピオンシッププレーすることになった2012-13シーズンにはチームとして活躍し、37試合に出場し3ゴール記録している。リーグ・ドゥへの昇格は果たせなかったものの、ブローニュでの活躍がスカウトのを引き、ステップアップを果たすことになる。

カーン時代

2013年リーグ・ドゥのSMカーンへ移籍。背番号は17。加入1年からリーグ全試合に出場し、持ち前の尽蔵のスタミナを駆使してクラブリーグ・アン昇格に貢献する。

自身初となる1部リーグでのプレーとなった2014-15シーズンでも堂々としたプレーを披露。公式戦39試合3得点フル稼働し、トップレベルでも十分にやっていけるプレイヤーであることを明する。守備面で違いを作り、リーグ・アン残留に大きな働きを見せる。

レスター時代

2015年イングランドプレミアリーグレスター・シティへ移籍。背番号は14。当初はサイドやFWとして途中出場することが多かったが、第7節・アーセナル戦で5失点を喫したことから、クラウディオ・ラニエリ監督が献身的な守備を持ち味とするカンテをボランチへと固定。以降ハードワークレスターを助け、堅守速攻をベース奇跡的な躍進を遂げるレスターにとって欠かせない存在となる。最終的に37試合に出場し、もが予想できなかったレスタープレミアリーグ優勝に大きく貢献。レスター加入前は名の存在だったカンテは、この「おとぎ話のような」シーズンの活躍により、一躍世界的な名手として名を馳せることとなり、オフシーズンにはあまたのビッグクラブによる争奪戦が繰り広げられる。

チェルシー時代

2016年7月16日プレミアリーグチェルシーFCに5年契約全移籍することが発表される。背番号は7。移籍3200万ポンドとされ、レスター加入時の評価額の4倍にまで上昇している。その献身的なスタイルですぐさまアントニオ・コンテ監督の信頼を掴み、中盤のダイナモとして定着。2016年10月15日に古巣のレスターを相手にMOMに選ばれる活躍を見せる。首位を走るチェルシーキーマンとして高い評価を受け、PFAの年間最優秀選手賞とFWA年間最優秀選手賞をダブル受賞するなど、チェルシープレミアリーグ優勝に大きく貢献。個人としては、移籍を挟んで2年連続でプレミアリーグ優勝を果たしている。

2シーズンとなった2017-18シーズンも引き続きチェルシーの中盤に欠かせない存在として活躍。他のチームはいかにカンテが守るエリアを避けてボールを運ぶかを考えるようになるほどだった。このシーズンに初めてUEFAチャンピオンズリーグピッチにも立っている。選手とコンテ監督の確執が表面化し、不安定なチーム状況の中でも安定したプレーを続けていた。

2018-19シーズンは就任したマウリツィオ・サッリ監督ボールポゼッションを重視するスタイルのため、アンカーの位置にプレーメーカータイプのジョルジーニョが置かれ、1列前のポジションで起用されるようになる。慣れないポジションと役割への適用に苦しみ、サッリ監督の起用法に疑問のもあがっていたが、徐々に攻撃面でも違いを生み出せるようになり、パスワークボール運びでも貢献できる選手へと進化するようになる。2019年5月29日には、UEFAヨーロッパリーグ優勝に貢献し、同大会の最優秀選手に選ばれる。

2019-20シーズンは、開幕前に負った膝の負傷で出遅れることとなり、さらに2019年9月フランス代表に参加した際に足首を負傷し、戦線を離脱。復帰後またも10月の代表戦後に負傷を負う。このとき、フランク・ランパード監督フランス代表監督のディディエ・デシャン批判している。これまで常にシーズンフル稼働していたが、このシーズンハムストリングを痛めるなど負傷を繰り返し、結局リーグ戦での出場は22試合に留まり、シーズンの半分近くを離脱することとなった。

2020-21シーズンは、ランパード監督との確執が報じられるようになり、チェルシーからの退団が噂される。2021年1月トーマス・トゥヘル監督が就任した当初はコンディション不良もあってスタメンを外れていたが、マテオ・コバチッチの負傷離脱もあってスタメンに返り咲くと、レアル・マドリードを下したCL準決勝の2試合で攻守両面での重要な働きを見せて勝利に貢献。サッリ監督時代に培ったパス捌きやプレッシング回避技術がトゥヘル監督の戦術の中で役立つようになる。シーズン終盤のプレミアリーグで負傷を負うが、2021年5月29日CL決勝には間に合わせる。ここでもマンチェスター・シティを相手にチーム心臓として重要な働きを見せ、ビッグイヤー獲得に大きく貢献。攻守に渡って大きな存在感を示し、決勝のMOMに選ばれている。

2021-22シーズン開幕前後の時期に負傷を繰り返し、万全の状態でスタートを切れなくなる。それでも復帰後はチームに安定感をもたらすと、11月23日プレミアリーグ第12節古巣のレスター戦ではドリブル突破からミドルシュート叩き込むスーパーゴール勝利に貢献する。チームでの重要度は変わらず、トゥヘル監督からも大きな信頼を寄せられるものの、新型コロナウィルス感染や筋肉系や膝の怪を繰り返してシーズンの半分くらいしか稼働できず、チーム優勝争いから脱落し冠に終わる。

2022-23シーズンも開幕直後に慢性的な右太ももの負傷によって戦線を離脱。欠場中にチームは低迷し、トゥヘル解任という事態にまで発展する。

フランス代表

それまでアンダー世代を含めた代表には縁がかったが、レスターで見せた活躍がディディエ・デシャン監督に認められ、2016年3月に初めてフランス代表に選出される。3月25日オランダ戦で代表デビューを果たし、4日後のロシア戦で代表初ゴール記録

2016年6月に開催されたUEFA EURO2016メンバーにも選出される。当初はボランチの位置でレギュラーとして出場していたが、ラウンド16のアイルランド戦で前半で交代させられて以降はサブとなり、決勝のポルトガル戦では出場機会がかった。

EURO2016以降は全に代表のとして定着し、ポール・ポグバやブレーズ・マテュイディと共にフランスの中盤を支える存在となる。ロシアW杯欧州予選では7試合に出場し、スウェーデンオランダといった強と同居したグループを首位で通過しての本大会出場を達成している。

2018年6月には、27歳にして初出場となる2018 FIFAワールドカップ ロシア大会に出場。開幕から決勝までの全試合にスタメンとして出場し、フランスの中盤の守備の要として活躍。グループリーグ第3節のデンマーク戦ではMOMに選ばれている。決勝のクロアチア戦では、ルカ・モドリッチとのマッチアップに苦しみ、戦術的な理由で後半10分に交代したものの、フランスの2度ワールドカップ優勝に大きく貢献したプレイヤーとして称えられている。

ワールドカップ後は、フランス代表に参加する度に負傷してしまい、そのたびに戦線離脱になっていることからフランス代表と所属するチェルシー側で轢が起きたこともある。2020年11月4日UEFAネーションズリーグポルトガル戦でおよそ4年ぶりとなるゴールを決めている。

2021年に開催されたEURO2020では、前回と違ってチームの大柱的な存在となり、4試合全てにフル出場するが、ポール・ポグバら中盤に攻撃色の強い選手が起用されたことでカバーしければならない負担が増えてしまい、守備を安定させることができず、ラウンド16でPKの末にスイスに敗れている。

個人成績

シーズン クラブ リーグ 試合 得点
2011-12 ブローニュ リーグ・ドゥ 1 0
2012-13 ブローニュ ナシオナル 37 3
2013-14 カーン リーグ・ドゥ 38 2
2014-15 カーン リーグ・アン 37 2
2015-16 レスター・シティ プレミアリーグ 37 1
2016-17 チェルシー プレミアリーグ 35 1
2017-18 チェルシー プレミアリーグ 34 1
2018-19 チェルシー プレミアリーグ 36 4
2019-20 チェルシー プレミアリーグ 22 3
2020-21 チェルシー プレミアリーグ 30 0
2021-22 チェルシー プレミアリーグ 24 2
2022-23 チェルシー プレミアリーグ

プレースタイル

ハードワークを持ち味とするレスターの中でも特に運動量が豊富な、機動のあるボランチ。フランス代表で活躍し、レアル・マドリードチェルシーでも活躍したクロード・マケレレの後継者とも言われている。

元々FWの選手だったこともあり、ボランチとしては破格の攻撃センスと縦への推進を持ち合わせており、かき役だけに留まらず、決定的なパスやサイドからのクロスを供給することもできる。

その中でも特筆に価するのは何と言ってもまたボール奪取である。165cmの小柄な体からは考えられないほどのパワフルタックルを持ち味としており、レスター優勝した2015-16シーズンでは26試合を消化した時点でタックル成功回数79回、パスカットに関しては109回成功している。

メインポジションは中盤の底だが、マウリツィオ・サッリ監督によってインサイドハーフでもプレーするようになり、攻撃的なタスクもこなす頻度が増えている。

エピソード

関連動画

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/09/26(月) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2022/09/26(月) 23:00

スマホで作られた新規記事

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP