今注目のニュース
あんこうチーム勢揃い! 『ガルパン』キャストインタビュー。8年目のあんこう祭の話題に加え、意外な“ゲーム歴”で盛り上がる!?
北日本や北陸は雪や雨 北海道は暴風雪に警戒
観月ありさ(42)現在の劣化した画像が出回り伝説の少女の面影が全くないと話題に

エンペドクレス単語

エンペドクレス

  • 0
  • 0
掲示板をみる(1)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

エンペドクレス(Empedocles、紀元前490年頃~紀元前430年頃)は、古代ギリシア自然哲学者である。

生涯

紀元前490年頃、アクラガス(現アグリジェント)に生まれる。

ディオゲネス・ラエルティオス『哲学者列伝』によると、吹き荒れるを鎮めた、汚染されたを清めたなどの自然的な逸話を残したという。

晩年には自分が々の一柱であると考え、それを明するために、エトナ山の火口に飛びこみ、それが原因で亡くなったとされる(ただ、この説の偽は不明)。

エンペドクレスの思想

エンペドクレスの思想には、二つの側面がある。一つは「四元素説」、もう一つは「」「争い」である。

四元素説

タレスらミレトス学の影を受け、エンペドクレスも「万物の根アルケー)」とは何かを考えた。ただ、彼の特徴は、アルケーが一つではなく四つ存在すると考えたことである(多元論)。

エンペドクレスによれば、世界は火・・土・空気の四つの「根(リゾーマタ)」からなり、それらが集合離散して、物質が生成消滅しているのだという。

「愛」「争い」

エンペドクレスのもう一つの特徴は、アルケーを考えただけでなく、それがどのように生成消滅するかの原因を考えたことである。

エンペドクレスによれば、四元素を結合させるが「」(ピリア)であり、離散させるが「争い」(ネイコス)である。四元素はそれ自体では生成消滅せず、「」によって結合し、「争い」によって離散するという。

この背景には、パルメニデスの変化否定論がある。(タレスのいうような)が万物に変化したりといったことはありえない。のままであり、火は火のままである。ただ、それらが結合や離散を繰り返すことによって、万物が生成消滅する。

後世への影響

エンペドクレスの四元素説はアリストテレスに引き継がれた後、錬金術アラビア医学にも影を与え、長らく支配的であった。同時代にデモクリトスが原子論を唱えたが、アリストテレスが四元素説を支持したこともあり、長らく視されてきた。

近代になり、ドルトンやラボアジェが原子論の正しさを明し、四元素説は支持を失った。

逸話

前述したように、彼はエトナ山の火口に飛びこんで亡くなったとされる。火口に飛びこむ際、彼は履いていたサンダルを脱ぎ、きちんとえていたという。このことから、「エンペドクレスのサンダル」という言葉が広まったという。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 1ななしのよっしん

    2016/07/18(月) 22:02:51 ID: qaB/LVYmwp

    死因でほんと草生える

急上昇ワード

最終更新:2019/12/08(日) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/12/08(日) 06:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP