オウケンブルースリ単語

オウケンブルースリ

1.4千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

オウケンブルースリ(英:Oken Bruce Lee、香:功夫巨2005年2月24日~)とは、日本競走馬種牡馬である。

:ジャングルポケット :*シルバージョイ(:Silver Deputy)

な勝ち:'08菊花賞(GI)、'09京都大賞典(GII)

概要

競走馬デビューくて2歳の7月からであるが、このは体の作りが遅れ、デビューしたのは3歳の2008年4月だった。

そこから勝ちをあげていき、神戸新聞杯の3着で出走権を得るとその年の菊花賞を制した。このG1制覇はデビューから184のことであり、この記録メジロマックイーン記録275)を塗り替え、グレード制以降最短の菊花賞勝利となった。(※この記録2014年トーホウジャッカル更新されている。)ジャパンカップで5着に入着するが、予定していた有馬記念は疲れが出たので回避した。

2009年は、阪神大賞典から天皇賞していたが、怪天皇賞春以降の上半期シーズンを回避することとなった。京都大賞典からスタート、このレースを快勝し、天皇賞は4着に敗退する。ジャパンカップでは直線最後方からの猛追で突っ込んでくるが、ウオッカに2cm差で敗れた。

この走ので、2010年は全休となった。

2010年2012年末まで競争を続けたが、たまにGIIで2着にくるくらいで勝利することなく引退した。

もともと脚元が弱いで、またジャングルポケット産駒独特の痛を持っており、体質的には弱い。

名前の由来は、オウケンという冠名と、ブルース・リーを合わせたもの。しかし名前の規定が9文字までなので「ブルースリ」となり、その中途半端さに嫌がる競馬ファンもいる。

ジャングルポケットは性格が変なで、オウケンブルースリにもそれは遺伝しており、デビュー2戦におかしなレースを披露している。

種牡馬入りすることはできたが、長距離でしか実績を残していないことと体質が弱いことが嫌われたのか、初年度に23頭、2年は12頭と少なかった。しかしその2年産駒からオウケンムーンが共同通信杯(GIII)を制することになった。ここからの巻き返しはあるだろうか。

2023年1月をもって種牡馬引退。今後はウイニングチケットスズカフェニックスが繋養されている、うらかわ優駿ヴィレッジAERUで功労として余生を送る。

血統表

ジャングルポケット
1998 鹿毛
*トニービン
1983 鹿毛
*カンパラ Kalamoun
State Pension
Severn Bridge Hornbeam
Priddy Fair
*ダンスチャーマー
1990 黒鹿毛
Nureyev Northern Dancer
Special
Skillful Joy Nodouble
Skillful Miss
*シルバージョイ
1993 栗毛
FNo.13-c
Silver Deputy
1985 鹿毛
Deputy Minister Vice Regent
Mint Copy
Silver Valley Mr. Prospector
Seven Valleys
Joy of Myrtlewood
1984 鹿毛
Northern Jove Northern Dancer
Junonia
Myrtlewood Lass Ribot
Gold Digger

主な産駒

関連動画

 

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/06/09(金) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2023/06/09(金) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP