今注目のニュース
性犯罪の刑法改正求め、4万5千人の署名提出 当事者団体「誰が見てもこの実態はおかしい」
夜中2時に鳴ったインターホン 「一人暮らしの女性宅への訪問者」にゾッとする
「家に大きな氷があると楽しい」という人生の裏ワザ 氷を使った遊び方を解説した漫画に「ワクワクする」

オオミチバシリ(けものフレンズ)単語

ケモノフレンズノオオミチバシリ

掲示板をみる(275)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

オオミチバシリ(けものフレンズ)またはG・ロードランナー(けものフレンズ)とは、スマートフォンゲームなどの各種メディアミックス作品『けものフレンズ』に登場するアニマルガール及びフレンズである。

CV:三上枝織(ゲーム版)、高柳知葉(アニメ版)

概要

アメリカ大陸砂漠・荒野地帯に生息する走りが得意なオオミチバシリフレンズ。こう見えてカッコウ仲間である。英語名はGreater Roadrunnerで、Gはグレーター(Greater)の頭文字

地上で生活しており、は飛べるがそんなに上手ではなく、長くは飛べない。走るスピードは最高時速30kmにも達することで知られ、アメリカでは団体のマスコットキャラクターに採用されるなど親しまれている。

アプリ版

オオミチバシリ」の名前で登場。

も足を踏み入れた事のない未知の土地に強い憧れを持つ、根っからの開拓者フレンズ。自称「砂漠の開拓者」。ミチバシリの名の通り地上を走り回る事を好み、特になきを突き進み見た事のない色を見て刻み付けるのを何よりも好む。

フレンズ化した事でヒトの四肢を手に入れた。ヒトの体と元動物の身体が合わさった事によりステータスは更にパワーアップ不毛の大地だろうと過酷な環境だろうと構わず突っ走り、なきを全速で爆走し、知らない土地への好奇心を持ってフロンティアを探しめる。

鳥類フレンズで元動物も飛行出来るがを飛ぶ事はく走って移動する。

外見

髪型はこげ色のロングヘアーで、側頭部にはが付属し後頭部には冠羽を模したチョンマゲ・尻尾みたいな小振りのポニーテールが付いている。また、中央と白色の点々が付いている。前の一房は元動物の嘴を模した色と形状をし、前の左右には元動物の周りの模様を表現したオレンジ色と白色ヘアピンが付けられている。

青色ネクタイで飾られた、白色の斑点が付けられたこげ色のパーカーキツネ色の半ズボンを着用し、タイツとランニングシューズを履いている。お尻からはデカい尾羽が生えている。

ゲームでの扱い

パッション属性()のレアリティレベル3のフレンズとして登場。コスト300・攻撃タイプは中距離サイズはM。鳥類フレンズだが留扱いではないのか「まったり浮遊部」には加わっておらず、所属グループし。

所持スキル「不滅の開拓者精」は発動から20のみ自身の移動スピード35%アップする。攻撃時は己の羽根を投げ付けて攻撃。スキル発動時には嬉しそうな顔で走り抜ける。

開拓者・冒険者らしく好奇心旺盛で新しい物事へ挑戦する開拓者魂を持ち、爽やかで親しみやすく前向き。落ち着きのない性格のなようで、同じ場所にじっとしていられない様子。後退という選択肢はなく、常に前へ走り続けるのみ。

前述した通り本人にへの興味い様子で憧れもい。く「大地を踏みしめてこその”けもの”よ!」

BD付ガイドブック以降

けものフレンズBD付オフィシャルガイドブックにてデザインが大きく変更され、名前も「G・ロードランナー」に変更された。以降、ChaosTCGけものフレンズぱびりおんけものフレンズ2などでもこの姿と名前で登場している(けものフレンズFESTIVALでは「グレーターロードランナー」)。

ゲーム版では動物としてのオオミチバシリのイメージが反映されていたが、本キャラではアメリカ文化におけるグレーター・ロードランナーイメージが反映されている。特に短編アニメーション映画作品群『ルーニーテューンズ(Looney Tunes)』に登場するキャラクターロード・ランナー (Road Runner)の影が強く(むしろモロに)反映されている。

名前通り地上を全疾走するのが得意で大好きな爆走。その走りで遅刻知らずらしく、どんなに予定に遅刻しそうでも得意の爆走!走!疾走!迷走!の走りで間に合わせるとしている。ただし、走る時は基本何も考えておらず途中でを確認するという行為もしないようで、気付いた時には見知らぬ場所に居たなんて事も多い(本人は気にも留めない)。

コヨーテとは親友同士の間柄で、よく互いにちょっかいを掛け合っている。コヨーテからは「気になってしょうがない・荒野のライバル」とかなり意識されている。この関係は『ルーニーテューンズ』におけるワイリー・コヨーテ (Wile E. Coyote)との関係を元ネタとしている。

外見

灰色ショートヘアでもみ上げ部分をオレンジ色と白色リボンめている。側頭部からはオオミチバシリのを模したソレが付き、額部分からは元動物の冠羽が生えている。前の1部は黒色に変色しの斑点が浮き出ている。

ロード・ランナーの外見の色合いを模した、胴体部分が水色・腕部分が青色・首回りが黄色の半袖Tシャツ灰色スパッツを着ている。にはロード・ランナーの鳴きの表記であるBeeP!と堂々と印されている。

立ち絵イラストでは口にトーストパンを加えてキーポーズを取っている。

アニメでの活躍

お絵カキコより
アニメ2期・第7話「ぴーどのむこう」にて登場。プロングホーン後輩太鼓持ちプロングホーン相手には常に丁寧で喋り持ち上げまくるが、他のフレンズ相手だとバカにしたような表情を取ったり生意気な口調で話し出す。また、爆走しまくっていた他媒体のG・ロードランナーと違って走らない

距離走で勝負していたチータープロングホーンだったが(この勝負は持久に秀でたプロングホーンが有利だが、特に考えずにそうなったのか策略なのかは不明)キュルルちゃんの裁定の結果、互いのも考えてプロングホーンと組んでチーターサーバルカラカルチームとの変則リレー走勝負で決着をつける事となった。

リレーでは第1走者としてカラカルと競走するが、本人は最初から走る気がかったようでいきなり飛行してリレーを行い、ソレに怒った・本が刺されたカラカルと競走そっちのけで小競り合いを繰り広げた(バトン自体は両者共に次走へ渡している)。

レースは突如乱入してきたセルリアンによってレースとなった。その際にチータープロングホーン助けてくれたことに対して、それまでの態度を翻して素直に感謝の言葉を述べている。

その後、おを探しに新たなに出るキュルルちゃん一行を見送りつつ、またかけっこを始めたチータープロングホーンを追いかけていった。

ロードランナーという名前でミライさん動物紹介でも地上を時速30kmで走り抜けると説明されているのに、作中では一切地上を走らず、元動物を飛ぶのが苦手なハズなのにを飛んで高く上がったり長距離を飛行しちゃっている。

有名アニメシリーズキャラクター元ネタの1つにしているのにそれらしい事は全然しない・にも書かれた鳴きもしない・コヨーテのコの字も出て来ない。挙句の果てに見送りの時にキュルルちゃんから渡された記念スケッチにはチータープロングホーンしか描かれておらず、全にハブられてしまうというヒドイ扱いを受けている。

ゴマすりクソバード

この結果、インターネットではけものフレンズ2のG・ロードランナーは「ゴマすりクソバード」と呼ばれるようになってしまった。元は蔑称ではあるものの、時が経つにつれて「ゴマちゃん」などの称でけものフレンズ2ロードランナーに親しみを持って呼ぶ層も現れつつある。

詳しくは「ゴマすりクソバード」を参照。

関連動画

関連静画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/25(火) 05:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/25(火) 05:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP