今注目のニュース
“豆乳アイス”や“ヴィーガン”流行で大豆に脚光、肉・チーズ・バターなどの代替食品が続々、“ホット豆乳”提案も活性化
吉岡里帆、スペインの生ハムに感激「永住あるかもな」
劇団ひとり、隣人との“騒音トラブル”解消で「幸せ」

オカルト単語

オカルト

  • 3
  • 0
掲示板をみる(167)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

オカルトとは、で見たり触れて感じることのできない何かである。

概要

本来は「隠されたもの」という意味であるオカルトは昔から、不可思議なもの、または非倫理的なものにつけられるレッテルである。従来は、現代では科学的であるとされている万有引力なども、見えないものを論じているとしてオカルトのレッテルを貼られていたこともあり、時代によってその意味、対は異なる。

現代では非科学的なもの全般に用いられている。幽霊超能力魔術UFOなど科学的な存在が実のされていない超自然現象がオカルトに該当する。広義では、マイナスイオン、波動、ゲーム脳などの疑似科学、またはニセ科学科学的な実のされていないものという意味ではオカルトに属するかもしれない。ただこれらはあくまでも科学っぽさをまとったなにかであり、オカルトであるかは議論の分かれるところである。

このようなオカルトや擬似科学が存在するとしている一部の自称識者は、よく昔の万有引力、地動説を玉にあげる。今は科学的に認められていないだけで、それらは確固として存在しておりいつか明されるだろうとしている訳である。

確かにその可性も決してないわけではないが、もしそうだと信じるならばせっせと商品化したり規制する前に、それらが存在する科学的な考を行ってもらいたいものである。少なくとも、実験考察を行いもせず、倫理的な考なしに、非科学的な論を展開してそれを実行に移すことは意味がないだけでなく、公害のようなとんでもないをもたらさないとも限らない。常識人ならわからないものはわからないものとそっとしておこう

オカルトは上述のように、よくわからない何かを扱うために恐怖の対として扱われることが多い。ゆえにオカルトはホラー小説や恐怖映画にも度々実在する何かとして扱われている。その中では、そのよくわからない何かを理解できるかできないか、見えるか見えないか、干渉できるかできないかで登場人物の立ち位置や役割、または生死の行方180度変わる。またそのが作品のメインテーマとなっていることも多い。恐怖映画などではそのよくわからない何かに襲われて、何も理解できずに殺されるパターンと、後に理解して反撃することで九死に一生をえるような2パターンに分けられる。これは正体がわからないことが、オカルトの長所であることを暗にしているつまり正体がわかればそれはオカルトではなく、ただの現となる。

逆説的に正体がわからないことこそが、恐怖でありオカルトなのである。ゆえにオカルト系掲示板では、そのよくわからないものの正体を暴こうと日議論が行われている。逆によくわからないものをさらによくわからなくしようと、愉快犯からプロの演出までが見るものの体を震え上がらせるような創作もしかして本物?)を投稿している。それに嵌ってしまうと最後、頭の中によくわからない何かが湧き出して、それを掲示板に報告せずに入られなくなる。そうなると立なオカルティストだ。さらに上級者は見えるようになるらしい(何が?)。そこまで来ると黄色い救急車の出番だ。

ニコニコ動画においては、そういうよくわからないものを扱う動画につけられるタグとして機している。具体的には恐怖映像魔術儀式につけられる。ただ前述のように嵌ってしまうと、ゲシュタルト崩壊に導かれてしまうかもしれないので、用法・用量を守って正しくご視聴ください。

精神化領域での「心霊現象」についての考察

この文書では、幻視、幻聴などを総称して「幻覚」と統一して、精化領域での心霊の一部の考察を行う。。また、精神障害者などに対する偏見を招く事がいよう十分に注意して説明を行う。また、これは精化領域で医学的に明されていることであり、全ての「心霊」について説明しているわけではないことに注意されたい。参考文献Pub Med」という、もが閲覧可な、ネット上の論文集である。

化領域の病気で、幻覚は統合失調症や解離性障によくみられる。統合失調症とはその病状をよく表現した言葉である。は通常、論理野、視覚野、聴覚野、運動野などの各分野が、人間現実の事に対応できるように「統合」して働いている。その統合が崩れてしまう(失調してしまう)のが「統合失調症」である。ここでは、統合失調症に関する詳細な医学的説明はしない。

心霊に関して、健常者が「幻覚を見る(霊などが見える)」という現が最も起こり易い状況は、違法なドラッグである。しかし、それ以外に特殊な心理状態を生み出す状況に置かれている健常者にも「幻覚」は発生する。ここでは「恐怖を感じる状況」「予期不安を感じる状況」「何かを妄信している状況」などとする。

それらのような状況に置かれている健常者の心理状態は、通常とは違い、何らかの奮がに発生している。奮をもたらす内物質は様々だが、ここでは「アドレナリン」が大量に生産されていると仮定する。アドレナリン奮や快楽をもたらす代わりに、不安・焦燥ももたらす。そして「アドレナリン」は「ドーパミン」という内物質の前駆物質である。

アドレナリン」が大量に生産されると「ドーパミン」も同時に大量に生産される。このドーパミン量不均衡」の状態が「幻覚」を直接引き起こす。ドーパミン」は、各野の統合に関して非常に重要な内物質であり「ドーパミン量の不均衡」は、の各機の統合を崩してしまう(失調させてしまう)。それが故に、健常者の置かれている環境や、心理状態により、一時的な統合失調の状態になり「幻覚」を見る事になる。「霊者」と称されている者は、統合失調症の症状の一つである「頑なな妄想(信念など)」を健常な状態で持っていると考えられる。だが「霊者」はあくまでも健常者であることに注意したい。

これらの現を止めるために使用する品で代表的なものは「ハロペリドール筋肉注射」であり、これを投与すれば「幻覚」は数分で感じなくなる。この品はドーパミンアンタゴニストと呼ばれるもので、内のドーパミン量を適切に調節する事により、の統合を回復する。

ホラー映画を見る方、心霊スポットなどに行く方、霊感が強い方になどで、心霊が苦手で困っている方は、一度科学アプローチを試すために、精科医に相談して見る事をお勧めする。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

掲示板

  • 165ななしのよっしん

    2019/10/01(火) 03:24:20 ID: LnapPMCgbe

    大震災を防ぐ為にハープで中規模な人工地震を定期的に起こしているんだろうか?
    311はそれに失敗して大規模化したって感じか?

  • 166ななしのよっしん

    2019/10/06(日) 17:18:18 ID: etLbKN+10x

    「これ幽霊だよ」にたいて「これはほこりだろww幽霊なんているわけないってwww」って返されたら「なんやこいつ空気読ねぇアスペか?」って思われるだけなので心の中にとどめる事にしよう・・・なおこれをオカルトじゃないもので例えると
    人が話してる事によこから全否定してオレが正しいって言う感じのやつ

  • 167ななしのよっしん

    2019/10/12(土) 11:55:39 ID: MhTE643OJS

    >>161
    1/3の血を混ぜてから人を作るを持っても、は掘るより簡単に錬成できないのか……

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/23(水) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/23(水) 06:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP