オクターブ 単語

12件

オクターブ

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

オクターブとは、ある音階を基準とした、音の高さの異なる同名の音階までの音程である。

音楽関連用語の一覧

概要

例えば「ド」の音階を鳴らしたとき、1つ高い「ド」までの音程が1オクターブである。 ドレミファソラシドと数えると8番音階(8度上の音階)であることから oct という接頭辞を持つ単として octave と呼ばれるようになった。

半音単位に換算すると、5個+7個(ドレミファソラシ)=半音12個分である。 1オクターブを12等分した音階(音)は12平均律と呼ばれている(「等分」といっても倍率の等分なので「周波数の対数盛で等間隔」という意味であることに注意)。

音の高さが違うのに「同じ音階」に聞こえるのは、音の周波数がちょうど2倍になっているためである。 つまり1オクターブ上がるたびに周波数が2倍に、1オクターブ下がるたびに周波数は半分になる。 人間の可聴周波数は 20~20,000Hz で、上限と下限の間に1000倍の開きがあるが、この1000倍というのは約10オクターブに相当する(210 = 1024)。

周波数を2倍にする処理は、2進数で処理されるコンピュータにとって親和性が高く、ビットシフト演算だけでオクターブ変更ができたりしてシンセサイザー実装にも応用しやすい。

2倍に加えて3倍で音階を割り当てていくと、五度圏の考え方にゆきつく。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/23(火) 07:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/23(火) 07:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP