今注目のニュース
企業の4割「新卒内定者の3分の1以上が辞退」 「内定までなんとか持ち込めるが、その後他社比較の上で断られる」
年収700万円台の家賃は?「年収750万円、家賃5万円。東京は高いから避ける」 一方「家賃20万円。通勤時短優先」
副業で不安に感じていること1位「税金の処理が面倒」、2位「本業に支障が出そう」

オシャボ単語

オシャボ

掲示板をみる(131)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

オシャボとは、ポケモン“オシャレボール”略称・通称である。

概要

ポケモンを捕獲するボールには、最も基本となるのツートーンで有名なモンスターボール以外にも、スーパーボールハイパーボールを始めとした様々な性デザイン・色・登場エフェクトボールが存在する。オシャボにこだわるということは、ポケモンを捕獲する際に「安価な or たくさん持っている or 性の良い or その状況に適したボール」を使うのではなく、

  1. そのポケモンを入れたいデザインや色、または登場エフェクトボール
  2. ゴージャスボールプレミアボールなどの自分の好きなボール

といったオシャレボールを使うという、直接バトルに影を与えない、いわゆるひとつのロマンである。

第5世代(~BW2)までは、タマゴから産まれたポケモンは例外なく全て基本のモンスターボールに入った状態で産まれてきた。その為オシャボはほぼ野生産に限られ、対戦で使うには、

などの理由から、(元々タマゴの産まれない伝説のポケモン以外には)本当にこだわる一部のプレイヤー以外にあまり普及しなかった。しかし第6世代(XY)で、性別がポケモンが入っているボールマスターボール、プレシャスボールを除く)がタマゴに遺伝するようになってから状況は一変。特にORASで、ネットのレート対戦において過去作産の個体が使用できなくなったことや、教え技が解禁されたことをキッカケに、用のポケモンを入れたいボールで孵化・厳選するトレーナーが急増した。第7世代ではボール遺伝の条件がさらに緩くなり(後述)、その傾向に拍がかかっている。

基礎知識

種類・解説

冗長的になるのを防ぐため、また実用性という2つの的のため、以下の記述は第6世代以降をメインとしている。

(※ 基本エフェクト:環状のに包まれると共に、の筋が5本程度、中心から外側に向かって放射状に拡散

通常ボール

ショップで購入でき、ストーリーを進めると購入できる種類が増える。捕獲率の差以外に特別な効果はない。

名称 外観 特徴
モンスター
ボール
基本エフェクトの色は。同時に小さく丸い黄色が数個飛び出す。当たり前だが、ビリリダママルマインタマゲタケモロバレルにはよく似合う。通称モンボ。
スーパー
ボール
基本エフェクトの色は水色。同時に小さく丸い水色が数個飛び出す。ダイブボールの要素がいらない場合のポケモン補になるほか、ドククラゲボーマンダ色違いビリリダママルマインタマゲタケモロバレルによく似合う。
ハイパー
ボール
基本エフェクトの色はベースに、外側にが混じる。同時に小さく丸い黄色が数個飛び出す。やや敬遠されがちではあるが、黄色を基調とした飛行/電気タイプエモンガサンダーを中心に、体色に黄色のものが多い電気タイプとの相性は決して悪くない。
プレミア
ボール
基本エフェクトの色は。同時に小さく丸い紫色が数個飛び出すと共に、キラキラく。オシャボ勢に人気ボールその1。特にそのい外観とっぽいエフェクトから、体色がっぽいポケモン、特にレシラムとの相性はバツグンである。

特殊ボール

特定の種類のポケモンを捕まえやすいなど、様々な効果を持っている。基本的に売られているショップが限られている。

名称 外観 特徴
ゴージャス
ボール
基本エフェクトの色は。同時に小さく丸い紫色緑色が数個飛び出す。オシャボ勢に人気ボールその2。名前の割に、エフェクトはそれほどゴージャスでもない。どんなポケモンでも合わせやすいほか、一“懐きやすい”という捕獲後にも継続する効果を備えている為、とりあえず迷ったらこれに入れておく人も多い。特にギラティナ色違いギルガルドブラッキーボールカラーと体色が完全に一致する。通称ゴジャボ。
ダイブ
ボール
基本エフェクトの色は水色。同時に小さく丸い水色の滴が数個飛び出す。オシャボ勢に人気ボールその3。水タイプや体色のポケモンはこれに入れておけばほぼOKとも言われる。中でも、特に色違いスイクンマリルリシャワーズとの相性はバツグンである。通称ダイボ。
クイック
ボール
基本エフェクトの色は。同時に黄色電撃様のが周囲を走ると共に、小さく丸い青色が数個飛び出す。やや敬遠されがちではあるがエフェクト普通カッコ良く、電気タイプには非常に似合う。特にライボルトボールカラーと体色が完全に一致するほか、サメハダーとはベース黄色いXのデザイン特性の加速から考えても非常に合っているといえる。
ダーク
ボール
基本エフェクトの色は。同時にに近い紫色の直線的な炎様のオーラが噴き出すと共に、やや大きめの丸い紫色の球が数個飛び出す。というスイカみたいな見たからやや敬遠されがちではあるが、そのエフェクトも相まって、悪・ゴーストとの相性は非常に良い。特に色違いサザンドラボールカラーと体色が完全に一致する。通称ダクボ。
ヒール
ボール
基本エフェクトの色はピンク。同時にピンク色キラキラく。可らしいポケモンイメージの強いポケモンや、ピンク色の多いフェアリータイプにはイメージも含めて較的合わせやすい。特にニンフィアボールカラーと体色が完全に一致する。通称ヒルボ。
ネスト
ボール
基本エフェクトの色は。同時に緑色の環と共に、小さく丸い緑色が飛び出す。緑色という事で草タイプポケモンエフェクトの関係からが関係するポケモンにも似合う。第5世代からエフェクトが大きく変わったボールの1つ。
ピート
ボール
基本エフェクトの色は。同時にボールの模様に似た、中心がで周囲が黄色の、やや大きめの丸いが数個飛び出す。体色にオレンジのものが多く、ほかのボールには中々合わせにくい炎タイプのオシャボ補筆頭。特に色違いウルガモスは、その体の模様とボールデザインエフェクトが一致する。通称リピボ。
タイマー
ボール
基本エフェクトの色は。同時にポケモンを中心としてその周囲を囲むように、アナログ時計の時の位置にやや大きめの丸い紫色がキレイに並びながらキラキラく。ボールデザインエフェクト共に中々合うポケモンを探すのが大変なボールである。第5世代からエフェクトが大きく変わったボールの1つ。
ネット
ボール
基本エフェクトの色は。同時にが噴き出す。あまり注されていないが、実は重なエフェクトを持つボールである。第5世代からエフェクトが大きく変わったボールの1つ。また名前が『ネットボール』なので、今のから今後網の様なエフェクトに変わる可性も考えられる。中々手の出しにくいボールである。

ガンテツボール(通称)

第4世代、それもHG・SS限定のボールぼんぐりという木の実を、ガンテツという職人に加工してもらう事で入手する。全7種。第7世代では再び登場したが、1シナリオで各1個しか手に入らないため、オシャボ勢を絶させている。

6世代では登場エフェクトは共通で、色は黄色のグラデーション。同時に小さく丸い黄色紫色が数個飛び出すと共に、キラキラく。第7世代ではそれぞれに登場エフェクトが設定された。

名称 外観 特徴
ムーン
ボール
オシャボ勢に人気ボールその4。“みかづきポケモン”のクレセリア、“げっこうポケモン”のブラッキーという、設定からして似合うであろう2種を長らく入れることができなかったが、第7世代ではブラッキーは可となった。通称ムンボ。
ラブラブ
ボール
ミミロップクチートサーナイトなど、いわゆる“嫁ポケ”を入れたがる旦那トレーナーは数知れず。そのほか、ハートピンクデザインから、ラッキー系統などの体色がピンクイメージのあるポケモンとの相性が良い。通称ラブボ。
ヘビ
ボール
ボールデザインイメージからカビゴンなどの重いイメージのあるポケモンや、ほかのボールだとやや合わせにくい鋼、岩タイプとの相性が良い。通称ヘビボ。
スピード
ボール
やはりそのデザインから電気タイプ、特にライコウサンダーはよく似合う。通称スピボ。
フレンド
ボール
選択肢の限られやすい草タイプポケモンや、体色がポケモン補になる。特にロズレイド草タイプで体色が、なおかつ懐き度が進化条件(フレンドボールの効果は“捕獲した時点から懐いている”)という所からも非常に合っているといえる。
ルアー
ボール
登場時は設定ミスからか緑色体だったが、第6世代でそれまでゲームではだった部分がイラスト通り水色になった。その外観のみならず“釣ったポケモンを捕まえやすい”というルアーボールの効果からも、ギャラドスを入れるのにはピッタリである。通称ルアボ。
レベル
ボール
ほかのガンテツボールとべるとその“V”のマークとは裏地味であり、正直あまり人気のないボールである。

イベントボール

普段は持ち歩けない、特定の状況下でのみ使用可ボール。存在する世代が限定されている物が多い。

名称 外観 特徴
サファリ
ボール
基本エフェクトの色は。同時に小さく丸い緑色が数個飛び出す。第4世代以前のサファリゾーン、もしくはノモセ大湿原で入手出来る。その迷彩の外観やエフェクト、またサファリイメージから色違いガルーラ色違いケンタロスを入れるのにはピッタリである。通称サファボ。
コンペ
ボール
エフェクトはガンテツボールとまったく同じである。入手手段はHGSS取り大会のみのため、必然的に入れることのできるポケモン虫ポケモンのみに限られる。
ドリーム
ボール
基本エフェクトの色はピンク。同時に紫色様のものに包まれながら、キラキラく。入手が『PDW現在は終了した第5世代のネット連動サービス)』or『ARサーチャー(3DSダウンロードソフト)』のみであり、その大半がPDWのため、現在では自での新入手が大変困難なボールである。加えてエフェクトが個性的で魅的なので人気が高い。通称ドリボ。
ウルトラ
ボール
ウルトラビーストが登場する際の間が裂けるようなエフェクトで、デザインと合わせてコイルダンバルなどの機械的なポケモンによく似合う。ウルトラビースト捕獲イベントで有限個しか手に入らない……と思いきや、ある方法で大量に入手することが可である。

遺伝不可能

名称 外観 特徴
マスター
ボール
基本エフェクトの色は。同時に小さく丸い紫色が数個飛び出すと共に、キラキラく。の外観とエフェクト、中央にデザインされた“M”の文字、そして最高性ボールという設定から、登場時点からミュウツー専用ボールとして用されてきた。さらに伝説なのでボール遺伝は関係なくむしろ必ず捕獲出来るという点が捕獲しにくい伝説ポケモンの厳選とも好相性と、璧で非の打ち処がない。余談だがメタモンマタドガスにも似合う。通称マスボ。
プレシャス
ボール
基本エフェクトの色は水色の複合。な外観、そしてその個性的なエフェクトから、配布限定としての特別感は十分。


関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/26(月) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/26(月) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP