オダギリジョー単語

オダギリジョー

2.6千文字の記事
掲示板をみる(195)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(10)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

オダギリジョーとは、1976年2月16日まれの男性俳優である。妻は女優香椎由宇またの名をこうだくみ

特撮ファンからは『仮面ライダークウガ』、『ヒーロー嫌いのヒーロー』として知られる。

概要

映画監督していたが、記述ミス演技の勉強をするようになったことが、彼の俳優人生の始まりである。

養成所卒業後、彼の出世作となる仮面ライダークウガ主人公五代雄介役が決まる。一年間務めあげた後は俳優にとどまらず、その活躍の場を広げていく。近年では長年のだった映画監督や、ドラマの脚本活動も行っている。

破天荒かつ良くも悪くもマイペースを貫く性格であり、自身が特撮などの変身ヒーローが嫌いだった(変身怪人など、あり得ないことが嫌いであるため)ことの告白したことはその一つである。

それ以外にも、どんな場であっても格式にとらわれないスタイルファッションセンスを貫いたり。
韓国ファンめられたサインに「こうだくみ」と悪ふざけで書いて、韓国人ネット住民達を大激怒させたり。
歴史的な低視聴率打ち切りとなった初の単独ドラマに関して、しなくていいのにわざわざ言及して自嘲してみたり。

飾らないとも、破天荒ともとれる行動の数々が方々で賛否を呼んでいる。

CMではコメディチックな役柄で登場することも多い。人生選択肢カードから選ぶというLIFE CARDCMは未だ記憶に新しく、オダギリジョーの演技の高さが見られるCMでもある。

仮面ライダークウガ/五代雄介

前述の通り、クウガ終了後は本来自分が変身ヒーローが嫌いだったことを明かしている。本人く、現実的にあまりにもありえない内容や、雑な場面転換など(所謂特撮ワープなど)が嫌いだったからだとされる。
事実特撮系のオーディションでは特撮作品を酷く冒涜する発言を繰り返して、そういった話が自分に来ないようにしていた。
だが、それだけ嫌悪感を示しながら、オダギリは仮面ライダークウガオーディションに合格してしまう。最初は嫌で嫌で仕方なく、断ろうとしていたようだが、東映プロデューサー(当時、現・角川書店プロデューサー高寺成紀の熱心な説得と方針説明により、「俳優をやめるか死ぬか悩んだ」とるほど嫌っていた特撮番組への出演を決める。
特に高寺から言われた「今までの仮面ライダーをぶち壊したい」という方針を聞いて「この人(高寺)面い」「壊すなら、得意だ」と感じ、ある程度前向きに撮に向かえるようになったらしい。

このことから、一条さん役の葛山信吾は「クウガってすごいですよね、だってオダギリジョーが仮面ライダーだったんだから(笑)」という趣旨の発言をしており、オダギリジョーが一年間仮面ライダーを演じたということは、今となっては正に奇跡のような出来事である。

この「嫌いだった」という暴露をキッカケに、五代雄介演技に感銘を受けた特撮ファンから、オダギリジョーは大ブーイングを受けた。しかし、彼が嫌いなのは彼の信条に合わない特撮作品であり、自身が出演し、周囲の人間と作り上げた仮面ライダークウガを貶める発言は、少なくともの場では皆無であり、むしろ着や敬意を表している。
また、こういったクウガを賞賛する発言は、前述の本音を明かすと同時にられているものも多くある。

以下、思い入れを訴えている発言の一部

また、いまでもクウガ関係者の集まりには積極的に顔を見せ、みのり役の千崎若菜結婚式には大トリとして出席した。また、高寺Pをはじめとしたクウガスタッフが創り上げた大魔神カノンにも最後の大トリとして出演している。

つまるところ、オダギリがヒーロー特撮嫌いなのは、特撮ファンとしては残念ながら紛れもない事実であり、クウガについて質問を受けると必ずと言って良いほど「嫌だった」と答えている。
が、同時にクウガに関しての思い入れスタッフへの尊敬には偽りがないといえよう。

放送終了後、映画化祈願サイトコメントには、このような発言が残されている。

「こんなとした青空をみると、やっぱり雄介のことを思い出しませんか?オダギリの中に存在する人格のひとつである「雄介」が、まるで狼男満月を感じるがごとく、ウズウズと動き始めます」仮面ライダークウガ映画応援サイト『ポレポレ』・応援メッセージより)

なお、サイトにはサムズアップをしながら自身が署名したを手に持ったオダギリの写真が今でも掲載されている。

上記のような事があっても、番組終了から10年以上経った現在もまだ一部のネット上で「オダギリがクウガ黒歴史にしている」と言う都市伝説が伝わっているが高寺によれば、こうした都市伝説に対し「悪意を感じる」exitコメントしている。
実際2014年4月王様のブランチへ出演した際もクウガに出演した頃の自身の思いを答えたり、舞台挨拶などでクウガについて言及することがしばしばある。

これに関連して、爆笑問題太田光が「クウガのこと経歴から消そうとしてるもんなw」という冗談めいた煽りに対して「消してませんよwwwやらしいこと言わないでくださいwwww」と答えている。 

そもそも、本当にクウガ黒歴史にしていたら、クウガ終了後も当時の出演者やスタッフ飲み会だったり結婚式に参加したり、『大魔神カノン』の最終回ゲスト出演する事はなかったであろう。

オダギリジョーにとっての「仮面ライダークウガ」を黒歴史にしているのは、実は々なのかもしれない。

出演作品

関連コミュニティ

オダギリジョーに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 193ななしのよっしん

    2021/09/17(金) 23:35:16 ID: sfnWhR3MT2

    グロンギ飲み会でオダギリが映ってるのあったけど今でもクウガの事を大切に思ってくれてるのは本当に嬉しい。

  • 194ななしのよっしん

    2021/10/01(金) 22:51:41 ID: 96q9P7ZYEs

    この人の出演作はどれも面
    監督映画もとても良かった

  • 195ななしのよっしん

    2022/01/05(水) 01:32:32 ID: yjTlIp6SLH

    仮面ライダーなんかより家族のうたのほうがよっぽど黒歴史よ…。
    それまで仮面ライダー出身のイケメン俳優ポジだったのに低視聴率男扱いされてしまった。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/18(火) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/18(火) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP