今注目のニュース
「報道されない被災地」田園調布に大量の“高級災害ゴミ” 都市開発で“隠された”地名の意味
“赤ちゃん抱いた倉科カナ”に「可愛い」殺到
流行りの血液クレンジングを早速試した人のツイートが斜め上すぎると話題に

オットー・フランク・フォン・ヴァーンシャッフェ単語

オットーフランクフォンヴァーンシャッフェ

  • 0
  • 0
掲示板をみる(7)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

オットー・フランク・フォン・ヴァーンシャッフェ(Otto Frank von Wahnschaffe)とは、「銀河英雄伝説」の登場人物である。CV.仲野裕

概要

自由惑星同盟軍人、大佐
年齢は宇宙794年時に40代前半で、帝国からの亡命者出身(本人が亡命者かは不明)。
たくましい身体に加え、側頭部の毛と口ひげいために将官級の格を持つ。

同盟軍最強の陸戦部隊と名高い薔薇騎士連隊の第12代連隊長を務めた。

経歴

出身は亡命者だが、フォンの称号が示すように帝国貴族の係累であり、先祖は代々武門のである。

薔薇騎士連隊で戦闘と昇進を重ね、中佐に至ったヴァーンシャッフェは、宇宙791年、第11代連隊長ヘルマン・フォン・リューネブルク大佐帝国への逆亡命を受け、第12代連隊長に就任した。

宇宙794年、ヴァンフリート域の会戦時には、連隊とともに衛星ヴァンフリート4=2南半球に設置された後方基地の守りを務めることとなる。そのさなかの3月27日帝国軍グリンメルスハウゼン艦隊が同衛星北半球に降下すると、基地シンクレア・セレブレッゼ中将はこれを同盟軍後方基地への攻撃を企図するものと判断。ヴァーンシャッフェ自身はセレブレッゼの見解に必ずしも同意してはいなかったものの、ひとまず自ら部下を率い地上偵察を行うことになった。

標準時12時45分、彼は基地守備を副連隊長ワルター・フォン・シェーンコップ中佐に任せ、35名の兵士と6台の装甲地上車を率いて出発する。しかし途中、急傾斜の岩場に差し掛かった辺りで故障が発生し、進退の決定に悩むこととなった。幸いにも、彼らが帰らないのを知ったシェーンコップ以下が8時間30分あとに基地を出て後を追っており、29日8時40分に合流に成功する。

だがいっぽうで帝国軍側も偵察を派遣しており、先代連隊長であったリューネブルク准将が率いる帝国軍陸戦部隊が同盟軍偵察部隊に迫っていた。そして9時30分にはじまった帝国軍の攻撃により、ヴァーンシャッフェは右第二の下と左腿を装甲ごと大口径弾に撃ちぬかれて重傷を負う。数に劣り奇襲を受けたことを知ったシェーンコップは撤退を選び、ヴァーンシャッフェはシェーンコップの装甲地上車に運び込まれて戦域を脱出した。

装甲地上車の中でヴァーンシャッフェは応急手当を受けたが、可だった治療は包帯ゼリーパーム程度であった。これに加え解熱剤を用したが、鎮痛剤は自ら用を拒否している。そのまま彼は基地の病院に運び込まれたが、残された彼の体は手術に耐えられるものではなくなっており、3月31日6時30分に死亡した。薔薇騎士連隊における戦死した連隊長は彼が4人であった。

彼の戦死によって空白となった薔薇騎士連隊の揮権は、同日7時30分、セレブレッゼ中将の命により副連隊長シェーンコップ中佐が連隊長代理として引き継いだ。なお、その後の敗戦もあってシェーンコップ大佐に昇進し第13代連隊長に就任するのは同年8月15日まで遅れた。

人格・能力

性格は固く、冗談をあまり解さないタイプ

隊長に就任する前の中佐時代は、豊かな戦闘経験と部下への気前の良さで相応の人望を勝ち得ていた。しかし連隊長就任後は、将官への昇進をしているのか、部下には尊大、上層部には卑屈な態度に変貌。政治家や財界と結びつくようになり、部下からの人望も失われていった。その最期も栄に包まれたものとはいえなかったが、それでもなお鎮痛剤用を拒否し重傷の痛に耐えるなど戦士としての剛毅さは残していた。

彼が連隊長に就任してからのこれらの変化について、シェーンコップは「地位の向上と権限の拡大とに耐えるだけの、精的な格をもちあわせていなかった」と評しており、大隊長以下の地位にとどまっていれば器量相応の有能さと人望さを維持しえただろうという感想を抱いている。

ちなみに、戦死時に40代前半であったヴァーンシャッフェの先代連隊長であるリューネブルクは、その三年前の亡命時には32歳であった。

関連動画

関連項目

掲示板

  • 5ななしのよっしん

    2018/04/20(金) 21:44:39 ID: zmTwy9Mid6

    上は下の気持ちがわからんとはよく言われるが、下は上の気持ちがわからないものだ

  • 6ななしのよっしん

    2018/05/16(水) 23:29:28 ID: t9GEKsFCEm

    隊長就任後は上層部に卑屈になった、と言われるけど、実はリューネブルク逆亡命を受けて連隊解体の危機を脱するために止むを得ずそうなった、なんて可性もあるかな。
    まあ、その場合、連隊維持と引き換えにな任務ばかり押し付けられたろうし、それを々諾々と引き受けてくるから余計に部下から嫌われるようになったのかも。

  • 7ななしのよっしん

    2018/07/21(土) 18:59:47 ID: lU22zg+jU3

    リューネブルクの逆亡命以来、ローゼンリッター存続のために、少しでも信頼を取り戻そうと躍起になった結果、上には媚び、部下に尊大な態度を取るようになってしまったのかもしれません。

ニコニ広告誘導

急上昇ワード

最終更新:2019/10/20(日) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/10/20(日) 15:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP