オネスト(競走馬)単語

オネスト

1.4千文字の記事
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

オネストOnesto)とは、2019年生まれのアイルランド生産・フランス調教競走馬である。

概要

FrankelOnshore、Sea The Starsという血統。言わずと知れた世界最強で、種牡馬としても着実に結果を出していた。な成績はないもの、半G3勝利したJet Awayがいる。イギリスクラシック二冠馬で、種牡馬として数々の名を送り出していた。
特徴的な配合をしているがそれについては後述。

2歳時(2021年)

9月24日シャンティ競馬場未勝利戦デビューし、ステファン・パスキエを背に初勝利を挙げる。その後は10月20日ドーヴィル競馬場条件戦を2着で、2歳時を終えた。

3歳時(2022年)

4月17日のフォンテーヌブロー賞(G3)で始動するが8着。続いて距離を伸ばしてグレフュール賞(G2)に出走して、後方から追い込んで後続に2身半差を付ける快勝でグループ競走初勝利を果たした。その後はジョッケクルブ賞(G1)に出走し、後方から末脚を伸ばすもVadeniの5着に敗れた。

更に距離を伸ばしてパリ大賞(G1)に出走。2番人気タイに支持された。レースSimca Mille逃げオネストは後方から。挑戦に入ると残り400m付近でスパートを開始。逃げSimca Milleとの追いべをクビ差で制してG1初制覇を果たした。

の始動戦はアイルランドに遠征してアイリッシュチャンピオンステークス(G1)に出走。距離短縮のせいか5番人気低評価だった。レースは最後方から競馬を進め、中間点で位置取りを上げてLuxembourgの横に付けた。先行勢の間から直線に進出し、外から伸びたLuxembourgとの叩き合いとなるも最後で後れを取り半身の2着。敗れはしたもののVadeniには先着し、中距離でも勝負になることを明した。

その後、地元フランスの大一番である凱旋門賞(G1)に出走。あまり極端な馬場では走らせたくないとのことだったが重馬場での開催となり、後方から末脚を伸ばすも10着に敗れ去った。

3歳最終戦ジャパンカップ(GⅠ)を選択して出走するも、前が壁となって7着に敗れた。

血統表

Frankel
2008 鹿毛
Galileo
1998 鹿毛
Sadler's Wells Northern Dancer
Fairy Bridge
Urban Sea Miswaki
Allegretta
Kind
2001 鹿毛
*デインヒル Danzig
Razyana
Rainbow Lake Rainbow Quest
Rockfest
Onshore
2013 栗毛
FNo.11
Sea The Stars
2006 鹿毛
Cape Cross Green Desert
Park Appeal
Urban Sea Miswaki
Allegretta
Kalima
2002 鹿毛
Kahyasi *イルブルボン
Kadissya
Kerali High Line
Sookera

クロスUrban Sea S3×M3Northern Dancer S4×S5Danzig S4×M5Blushing Groom S5×M5

特徴的なものがアーバンシー3×3(25)クロスを持っていること。での3×3ならばやや重い配合とはいえまぁいないことはないのだがでこの濃さのクロスはなかなか見られないものである。

関連動画

オネスト(競走馬)に関するニコニコ動画動画紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/01/30(月) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2023/01/30(月) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP