今注目のニュース
死んだ彼氏が“脳”だけになって戻ってきた――“脳”と暮らす彼女の創作漫画が切ない
「出産に立ち会えない…」軍人に飛行機チケットをプレゼント
毎朝“推し”からモーニングコール……! びっくりして飛び起きるアラームに「真似するしかない」の声上がる

オフェンダー単語

オフェンダー

掲示板をみる(67)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

英語版を見てオフェンダー=サン熱が再発。前に描いたオフェンダー=サンを引きずり出す。

「見ィつけた~♪

  お前が最後だとよ

  起きろ!」




オフェンダーとは、サイバーパンクニンジャ活劇小説ニンジャスレイヤー」の登場人物である。

アニメでのCV江川大輔=サン。

概要へようこそー


ニンジャ名鑑#362【オフェンダー】
ソウカイヤのニンジャ
ソウカイヤの悪行を撃した市民を口封じの為に殺する任務を負う。
極めて残かつ卑劣なサディストであるが、ニンジャとの戦闘には慣れておらず、カラテも弱い。
◆殺◆

原作

ソウカイヤに所属するニンジャ主人公ニンジャスレイヤーに2番スレイされたニンジャである。

こう書くと知名度が高そうに聞こえるかもしれないが、オフェンダー=サンが登場するエピソード「ボーン・インレッドブラック」は書籍版限定収録であったため、書籍版を購入したヘッズしか彼の活躍を読むことはできず、相棒のスキャッター=サンともども長らくの間、知る人ぞ知るニンジャといったアトモスフィアであった。(ちなみに収録されている書籍は「ネオサイタマ炎上」の1巻。最初の書籍である)

コミカライズ

しかし、2013年コミカライズ展開が始まってからは状況が一変。「主人公がどうしてニンジャになったのか」という事を描かないのは色々アレであるためか、3つのコミカライズ作品のうち、「グラマラス・キラーズ」と「殺(キルズ)」の2つにおいて「ボーン・インレッドブラック」がウキヨエ化を果たす。小説同様、コミカライズ作品はネットでも無料で閲覧可であるため、書籍版を持たない人でもオフェンダー=サンの勇姿を拝めるようになったのである。

さらに書籍版10巻(マグロアンド・ドラゴン)の先着購入特典のオーディオドラマCDにおいて「ボーン・インレッドブラック」が音化。初期にべればメディアでの露出機会は格段に上がっていた。

とはいえこの時点でも、バンディット=サン等の有名ニンジャべると、そこまで知名度が高いわけではなかった。

アニメ

2015年4月16日ニンジャスレイヤーはついに運命のアニメ化を果たす。第1話に選ばれたのはオフェンダー=サンの出演する「ボーン・インレッドブラック」であった。

このアニメの内容には、オフェンダー=サン々以前に、アニメ自体の出来というか作というか、そりゃもう色々あったのだが、多くのヘッズは賛否両論色々ありつつも1話を繰り返し視聴。また、アニメは最新話以外は有料視聴なのだが、第1話だけは例外的に無料で視聴できるため、2話・3話と回が進んだあとでも一部のヘッズは1話を繰り返し視聴。

結果的に第1話冒頭のやりとりが多くの視聴者ニューロンに焼き付くことになり、最新話を視聴する際にもオフェンダー=サンの「見ィつけた~♪」という幻聴が聞こえる犠牲者視聴者が多数出現。

以降、アニメから入ったヘッズには『ニンジャスレイヤーの代表的なザコキャラ=オフェンダー』のような認識を受けることになり、オフェンダー=サンはアニメイシヨンを初視聴する人々への鉄砲玉のような役割を担うことになったのである。

幻聴というのはもちろんネタである。ネタコメをする時はやりすぎないようゆかしさとTPOを重点。ラブリスペクト、そしてラブだ)

ライバル

アニメイシヨンのネタ方面において地位を確立したと思われたオフェンダー=サンだったが、回が進むごとに新たなライバルセリフが出現している。以下にライバル達を挙げる。

「これは恭順のサインか?」

第2話冒頭でのアーソン=サンのセリフ。ドゲザするヤクザスミス=サン)の頭を踏みつけながらの発言だが、アーソン=サン自身が割と常識人タイプニンジャであるため、それほど印は強くない。


 

タマゴだ・・・」

タマゴだ・・・」

「マグ・・・いや、タマゴだ・・・」

第5話冒頭でのシガキサイゼン=サンのセリフ大事なことなので同じことを3度も繰り返す上、小説版と違って1度もマグロが食べられない事、CV東地宏樹=サンによるいい感じにやさぐれたなどで視聴者インパクトを与えた。


 

ライオンを放て!」

第6話冒頭でのラオモト・カン=サンのセリフクローンヤクザライオンをけしかけるというシチュエーション妙さもさることながら、そのライオンの絵柄がもろにフリー素材であったため、一部の視聴者ライオンリアリティショックを与えた。


 

これから俺の関連動画を紹介するんだ、いいだルルォ?

公式配信第1話。伝説の始まりである。

こちらは英語吹き替え版。

セリフの細部には変更があるものの、オフェンダー=サンのアトモスフィアはしっかり踏襲されている。
 
 
 
非公式動画では、当たり前だがネタ動画が多い。というか全部?


 
 


以下はスキャッター=サンがメイン動画
 

もうちょっと勿体つけようぜぇ、関連商品=サン

なお、オーディオドラマCDは先着購入特典であるため、普通マグロアンド・ドラゴンを購入してもい。注意。

こうも関連コミュニティが少ないとフラストレーションが溜まっちまう

落が分かる人たちがいたら紹介してください。

こんな関連項目、上から聞いてない!

ニンジャスレイヤー「ハイクを詠むがいい…オフェンダー=サン!」

嫌だ!死にたくない…!!

イヤーッ!

サヨナラ
き渡るシャクハチサウンドとともに爆発四散

掲示板

  • 65ななしのよっしん

    2016/05/08(日) 03:01:59 ID: bBti5OZQKU

    モータル殺して自信をつけたようなのは敵ではない、とのことなのでスカラムーシュ=サンより弱い可性。

  • 66ななしのよっしん

    2016/05/08(日) 11:26:00 ID: gtn4oGkL4h

    ナムサン!TV版では音の入りが遅い(フェードインが長い?)のでみぃ~つけたぁ~が聞き取りにくいのだ

  • 67ななしのよっしん

    2016/09/14(水) 23:33:19 ID: 7CqB6x2wLx

    >>sm26840873exit_nicovideo

急上昇ワード

最終更新:2019/07/20(土) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/20(土) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP