今注目のニュース
SUV人気はなぜ?今後はどうなる?
保護3日で人間を警戒し威嚇する子猫。しかし「ちゅ~る」をあげた瞬間の反応が可愛すぎたと話題に!
電磁波を遮断し、脳を守るキャップ「ブレイン・コート」が販売されている件

オメガモン単語

オメガモン

掲示板をみる(213)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

オメガモンとは、デジタルモンスターに登場するデジモンである。

概要

オメガモン劇場版デジモンアドベンチャーぼくらのウォーゲーム」に初登場した
デジモンシリーズの中でも最強格のデジモン

騎士のワクチン種で、究極体デジモン

ウォーグレイモンメタルガルルモンが合体したデジモンとして登場。
デジモンらしい屈強そうなデザインにしようとしていた他スタッフに反し
細田守が「細いと忠みたいなつぶらな瞳で行こう」としたことで
このような路線のデザインで誕生したという。

右腕にメタルガルルモンの頭の形をした「ガルキャノン
左腕にウォーグレイモンの頭の形をした「グレイソード」を装備している。
身体は元の二体とは似ても似つかないくらいの純メイン

後の作品ではロイヤルナイツとして、一個体としてのオメガモンへと設定が移り変わり、合体して誕生したという設定は初代アドベンチャーのみになっている感がある。

また、X抗体バージョンも存在する。通常のなだらかなデザイン較して、 X抗体版はデジモンらしくシャープデザインへと変化した。
必殺技は「オールデリート」というおっかない技名になった。
しかも「オメガインフォース」という未来を先読みするを得たのでほぼ無敵。ただし後先考えてないような最強設定はデジモンではよくあること。

尚、当初はオメガモンという名前ではなく、「ガルルグレイモン」という名前でゲームに登場している。
初登場作品は「デジモンアドベンチャー アノードテイマー&カソードテイマー」という作品である。

などなど、その後もいくつかの作品で登場している。以下にそれを記す。

各作品におけるオメガモン

ぼくらのウォーゲーム

無印劇場版第二弾で、アニメとしては初登場作品。

太一のウォーグレイモンヤマトメタルガルルモンが融合したデジモン。ジョグレス進化とも言われているが本編中は言で進化した。(クロスウォーズへの客演時にはテントモンがただの合体であると説明した。)

世界中から送られてきた、応援メールを受けて変化したものであり、その戦闘力は凄まじい。グレイソードでディアボロモンの攻撃を切り返し、ガルキャノン増殖したディアボロモンを一掃するという、圧倒的な戦い方で鮮な印を残した。

本作品における印が強いためか、この作品のオメガモンを絶対視するファンも多い。

なお、この作品ではオメガモンになってから一言も喋らなくなってしまった。
概要にもある様に、ガルルグレイモンという名前だったが、この作品の為に新しく制作され、以後の作品ではオメガモンとして登場する。

因みに当初オメガモンは「ダサい」と言われていた様だが、映画開後見事にそれを払拭し、絶大な人気を得た。

ディアボロモンの逆襲

02の劇場版第二弾。復活したディアボロモン退治のために再び進化

今作は合体の仕方が若干変更されている。そのせいで負けた時は腕が取れてしまった。

初めて付きで活躍した作品でもある。言うまでもなく坂本千夏山口眞弓

戦いの末に再びディアボロモンの策略にはまり、さらに悪なアーマゲモンと戦うことになるが、敵のパワーに押され敗北。その後オメガモンのインペリアルドラモンに授け、パラディンモードへと進化させる。

アーマゲモン敗北したことはファンの中でもショックだったようで、当時は盛んに「どうして負けたのか」という議論が行われていた。

冒険者たちの戦い

テイマーズ劇場版第一作。無印ラスボスであるアポカリモンのデータの残りから生まれたというメフィスモンを追っていたが、テイマーズメンバーがいる現実世界に逃げ込まれ、仕方なくその世界のテイマー達に協を要請する。

坂本千夏山口眞弓であることから、無印世界のオメガモンではないかと言われているが、明言されていないので詳細は不明。

しかしメフィスモンの設定といい、どう考えてもお染みのオメガモンとしか思えない設定である。

デジモンセイバーズ

テレビアニメでは一応これが初登場。ロイヤルナイツの一員で、高橋広樹

とはなんぞや?」とイグドラシルに問うたが、視聴者は逆にこう問い返した。

お前の登場意義とはなんぞや?」

それくらい出番も台詞も少ない。出番があっても全然喋らないし(しかも初めて言葉を発したのは本当に最終回直前)あまりまともな戦闘シーンがない。それくらい視聴者をやきもきさせる活躍だった。

しかしは元インプモンの高橋広樹が起用されていて妙に 

声優の無駄遣いと言うべきかどうか微妙なところである……。

ただし、登場シーンを見てもわかるように他のロイヤルナイツべても別格扱いをされており、人気があるが故に下手に動かすのが難しいキャラだったと思われる。
同じく人気の高いデュークモンも最前線で戦いはしたが、主人公である大たち一行に後れを取る場面はなく、同じロイヤルナイツであるスレイプモンと相打ちで戦線離脱する、という扱われ方をしている。 

DIGITAL MONSTER X-evolution

初めて一個体としてのオメガモンが映像化された作品のオメガモン。一応テレビ放送されているので(元々映画作品だった)テレビデビューはこちらが先。

田中秀幸で、ロイヤルナイツの一人で、一応一個体としてのオメガモンのキャストとしては公式ということなっている。(ゲームでも田中秀幸である)

イグドラシルの命で全てのデジモン殺しようとするが、レジスタンスや同僚のデュークモンに阻まれてしまう。

その後、どんどんイグドラシルに対する不信感を深め、最終的にはX抗体を手に入れてイグドラシルにを立てた。

登場当初は、当時のファンとしてはあまりにもギャップがすごすぎて皆がショックに思うくらいのヒールっぷりだったが、別個体なので仕方ない。しかし悪にはなりきれずに最終的にはデジタルワールドのために動くようになった。

だけあってとても威厳がある。

デジモンクロスウォーズ

島田敏

伝説デジモン、デジメモリに封印された存在として登場。
視聴者からはとっくに忘れられかけていたがれっきとしたキーパーソンで、工藤タイキ達をデジタルワールドへ導いた存在である。

中の人がタクティモンと同じなため、視聴者もが「実はタクちゃんがタイキ達をはめようと……」なんて不安がるかと思いきやそこは島田敏の演じわけがる!

なおデジメモリに記載されていた技はグレイソード、カードゲームでもほとんどサブ技扱いされてきただけに大出世か。

3期最終回付近ではなんと歴代主人公デジモンが集結。
ウォーグレイモンだけかと思われたがなんとヤマトも駆けつけ、オメガモンに合体するというサプライズが行われた。
ちなみにデジクロスと勘違いしたゼンジロウにテントモンがただの合体とご丁寧に解説した。
ファンでもジョグレス合体進化だと意見がわかれていたが、ここにただの合体であると終結したのである。

関連種・亜種

関連動画

関連商品

関連静画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/08/17(土) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/08/17(土) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP