今注目のニュース
「マスクして」店員の言葉に女性が激昂、SNSで批判集まる
声優・安元洋貴による「#作ってあげたい宗悟ご飯」の写真に反響続々「マジで飯テロ」「愛を感じる」
コスプレイヤー火将ロシエルが"和テイスト"コスプレで色気を表現

オーディン単語

オーディン

  • 4
  • 0
掲示板をみる(79)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

オーディン(Odin)とは、北欧神話に登場するである。オーディーンとも。

オーディンの名は英語での読みで、古代北欧で使われていた古ノルドではオージンÓðinn古英語ではウォーデンWodenドイツ語ではヴォーダン(Wodan)もしくはヴォータン(Wotan)と呼ばれる。

なお、ゲルマン諸における「水曜日」、すなわち英語のWednesday・オランダ語のwoensdagデンマーク語ノルウェー語スウェーデン語のOnsdagはいずれも「オーディンの日」に由来している。

概要

々の一族「アース」の王で、北欧神話における、すなわち々の頂点に君臨する最高ギリシャ神話におけるゼウスの立ち位置に等しい。

原初ブーリ息子ボル巨人族のベストの子。兄弟ヴィリ、ヴェーとともに始祖の巨人ユミル巨人族もろとも打ち倒し、ユミルの身体から世界を、2本の木の幹から人間を創造した。

戦争と死、魔法である。性格も複雑で、様々なものに姿を変える変身も備えていた。それにあわせて「万物のアルフォズル)」「禍を引きおこす者(ベルヴェルク)」「姿を変えるもの(スヴィパル)」など数多くの名前を持ち、全てあわせると数十にもなる。

知識に対して非常に貪欲で、自らを犠牲にする事もいとわない。
世界樹ユグドラシルにおいて、グングニルに身体を刺し貫いた上で九日九晩首をるという秘体験の果て、9つのと18のルーンを覚えた。この逸話にちなみ、かつてオーディンへげる生贄は首に縄をかけて木にるし、で刺し貫いたという。またタロットカードの大アルカナられた男」の原ともされる。
またユグドラシルの根元にあるミーミルを飲み知恵と魔法を習得したが、代償として自らの片を差し出した。このことから「隻眼」とも呼ばれ、失った片を隠すように帽子をかぶった姿で描かれるようになった。

終戦争・ラグナロクにおいては、ロキ息子である巨フェンリルみ込まれるという最期を迎える事が予言されている。

所有物

銀色く宮殿ヴァーラスキャールヴ(Valaskjálfに住み、そこに設えられた玉座リズキャルヴ(Hliðskjálfから全世界を見らしている。

もうひとつ色にく館・ヴァルハラ(Valhöll)を所有していて、エイヘリャル(einherjarと呼ばれる戦士達の魂が戦乙女ヴァルキュリャによって集められている。集められた戦士たちはラグナロクに備えて、日々殺し合いによる演習を繰り返す。エイヘリャルを多く集めるために、人間の王たちを戦わせて戦死者を増やしたりもするという。

狙ったものに必ずあたるグングニルGungnirを所有し、ラグナロクにもこれを武器として出する。また九晩ごとに同じ重さの腕輪8個を滴らせる不思議な腕輪ドラプニルDraupnirもオーディンの所有物である。

乗騎は8本足の駿スレイプニルSleipnirを駆け、府にも楽々辿り着く俊足を誇る。
ありとあらゆる出来事を把握する為、フギン(Huginn)ムニン(Muninnという2羽のを従えている。それぞれ「思考」「記憶」を意味する彼らは明けに飛び立って世界中を飛び回り、になるとオーディンの戻り、肩に止まって報告するという。
また足元にはゲリ(Geri)・フレキFreki)という2頭のり、オーディンから食物を貰っている。オーディン自身は食事を必要とせず、ワインのみを口にしているという。

創作作品などにおけるオーディン

というだけあって、北欧神話モチーフに採用している作品の多くにその名が登場する。
以下に紹介するのはその一部。

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/07/03(金) 18:00

ほめられた記事

最終更新:2020/07/03(金) 18:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP