今注目のニュース
クロちゃん、都知事選より好きな女子ランクを投票、ネットで大炎上
東京都知事選、現職の小池氏が再選
店でひと言話しかけた2人を射殺 怒らせた理由に「信じられない」の声

オーバーホール単語

オーバーホール

  • 3
  • 0
掲示板をみる(8)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

オーバーホールは、機械分解して汚れを取ったり、磨耗している部品を新品に交換したりする修理作業のこと。一般ではまず使われない単であるが、チューニングや機械を扱っている人であればもが知っているほどの、専門用と化している。

概要

機械と言うものは、長く使っていると内部の部品が経年劣化していって、最悪の場合破損したり、そうでなくても何らかの異常をきたす物である。そんな状態になる前、もしくはなった場合に修理が必要になってくる。

修理の内容として、上記にあるように部品の汚れを取って綺麗にして寿命を延ばしたり、もう少しで壊れそうな部品を交換して再度組み立てる工程全般をす。

修理の内容や額はピンキリなので、機械が苦手な人は信用ある業者に依頼したほうがよい。中には業者に頼らず、自分で知識を溜め込んで部品や工具をえ、自修理する猛者も居る。こういうことをやっている人はたいていの場合DIYの一環、または趣味でやっていることが多い。

一般的に、機械寿命と設定されている年数は10年だが、最近では買い替え促進や、重大事故が発生する前に修理を促す的で5~6年程度に設定されている。

車においてのオーバーホール

は、まさに機械の塊である。そんな中でもとりわけエンジンミッション(ATならトルコンなど)は精密部品の集合体で、ここが壊れると、一括払いではまず手が出ないほどの修理費が発生する。額にすれば、小で概ね20万円。大チューニングが進んだものであれば50万円を越えることもざらである。そこに客からの注文が加わると値段はさらに跳ね上がっていく。
具体的な例を上げるとメニューにきりがないが、普通に乗っている人であればオイルシール(オイルパッキンとも言う)の劣化や、メンテナンスにおける、油脂類の交換を適度に行わなかった故の焼き付きや潤滑不良で壊れる、等が挙げられる。

ただし、一般レベルでオーバーホールが必要になるほど走ることが非常に稀で、ましてや「寿命は10年10万キロ」が明期からまことしやかに信じられている状態では、オーバーホールまでして乗り続ける人は、よほど着がある人なんだとして特異なで見られがちである。

ちなみに、チューニングすることを前提とした場合、新品のエンジンでも慣らし運転後にオーバーホールをすることで耐久性やレスポンス、僅かながらパワーなどが向上する。
万一エンジンブローした場合、素直にオーバーホールするか、少し信頼性を妥協してリビルドエンジンを探すか、どうせチューニングするんだから、思い切ってコンプリートエンジンを載せるかで頭を抱えやすい。この辺はお財布と相談して決めましょう。

まとめ

いくら技術が進歩して機械の性が増したといっても、それをえる耐久性を要するとなると、どうしても高額になるので、ある程度は妥協しているのが実情である。そして、修理を請け負う業者が居ないと専門知識がい為、いざ壊れたときにも直せなくなるので機械はいつかは壊れなければいけないものである。

関連項目

  • オーバーホールに関する項を紹介してください。
この記事を編集する

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2020/07/06(月) 12:00

ほめられた記事

最終更新:2020/07/06(月) 12:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP