今注目のニュース
子犬の口を2週間縛り付け大怪我をさせた飼い主の女、逮捕 身勝手な動機に怒りの声相次ぐ
『グッディ』サバンナ高橋、闇営業問題の反応に心配の声 「様子が…」
警視庁も重大関心。神戸山口組を揺るがす在阪組織トップの住民票事件

オーラ単語

オーラ

掲示板をみる(16)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

オーラとは、ラテン語の「aura」または、古代ギリシャAncient Greek)の「αρα」がになっており、古代ギリシャの方は「優しい」「そよ」などを意味し、ラテン語の方は「そよ」「優しい「空気」「息を優しく吹く」などのような意味を持つ、どちらかと言えば古代ギリシャラテン語とも考えられる。

現在の英単として「aura」と言えばそこから「人間が発する空気」「人間の雰囲気」「なんとなく感じる」「なんとなく感じる臭気」などの意味で使われている。

曖昧さ回避

(同音異義があればここに挿入して下さい)

概要

日本で「オーラ」と言えば人間から発する「独特な雰囲気」「感覚として分かる偉大さ」などの意味で使われいる。

に「芸人のオーラを感じる」や「オーラを身にまとう」のように使われる。

またアニメ漫画にもこの「オーラ」は頻繁に登場し、「敵からオーラを感じるぞ」みたいに発言した場合は「には見えないけど分かる強さ」のような雰囲気などで使われる。

ヴァレリー・ハント博士による非主流派科学のオーラ研究

 UCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)の筋運動学の名誉教授、ヴァレリー・ハント (Valerie V Hunt) 博士は、霊者などが霊視して報告する「人体の周囲のオーラの色」と、人体が発する低ミリボルテージ電気信号の周波数のパターンとの相関関係を実した、と述べている。
(注釈。「ボルテージ (voltage)」とは、電圧、電圧量、ボルト数などの意味であり、「人体が発している低ミリボルテージ信号」とは、「人体が通常、発している、ごく微量の電圧(ミリボルト単位)の電気信号」をす。「全人類が発している、ありふれた電気信号」である)

 ハントは被験者の体表に筋電図用の電極をあてて、生体電場エネルギーの測定を行った。電極には化物製の基本電極が用いられた。電極からのデータ遠隔測定装置をつうじて別室の測定室に転送され、記録された。
 ハントは、ロザリン・ブルイヤーという、人体オーラ場の変化を判読する遠隔者の協をえた。オーラを観察しているあいだ、被験者のからだの筋電図電極からのデータがなんらかの電気的変化を示してもブルイヤーには知らせないことになっていた。ハントはブルイヤーの観察結果が筋電図電極で記録された変化と「全に」相関していることに気づいたという。

 実験に協した科学者たちは、記録された波動パターンフーリエ解析法とソノグラム周波分析法で数学的に分析した。その分析の結果も、ハントの研究成果を裏づけた。

 ブルイヤーがレポートしたオーラの色と、それに対応する固有の波動形と周波数とが完全に一致していたのだ。ブルイヤーがオーラ内のある特定の場所に青色を観測すると、電子測定は同じ場所に青色と対応する固有の波動形と周波数を記録した。
 ハントは、さらに7人のオーラ観察者と同じ実験を繰り返した。1988年2月の結果は、次のような色と周波数の相関を示しているとされる。

      250 - 275 Hz プラス 1,200 Hz
      250 - 475 Hz
黄色    500 - 700 Hz
オレンジ  950 - 1,050 Hz
      1,000 - 1,200 Hz
    1,000 - 2,000 Hz プラス 300 - 400 Hz 600 - 800 Hz
      1,100 - 2,000 Hz

 これらの周波数は、全体的にはの色の逆の順序になっている。

(注釈。ただし、だけは例外である。の場合は、最初に記述してある数値が固有の要な周波数帯である。そのあとに「プラス……」と記述してある二番、三番の数値は、飛び火したように存在している固有の、より狭い周波数帯である)

 ハントは、「感覚知覚者がオーラの放射を見、描写してきた何世紀もの間、彼らの主観的な色放出の観察を明する、これが最初の客観的な周波・振幅・時間の電子的拠である」とっている。

 この研究に対し、第三者による検証実験は行われていない。そのため肯定の明も否定の明もないまま、判断保留の状態が異常に長引いている。

(出典はリチャード・ガーバー医学博士ミシガン州トロイト、ウェイン州立大学で代替医学の教をとる)と、バーバラアン・ブレナン(大気物理学修士号を取得。NASAアメリカ航空宇宙局に勤務した経歴あり)の著作)

(「バイブレーショナル・メディスン」 リチャード・ガーバー著 日本教文社)
(「の手」 バーバラアン・ブレナン著 河出書房新社

ヴァレリー・ハン博士英語の論文。

http://www.somatics.de/HuntStudy.html

http://www.rolf.com.au/downloads/ucla.pdf#search='Valerie V Hunt aura'

 ハン博士は同様にチャクラの研究も行っている。

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/26(水) 17:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/26(水) 17:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP