今注目のニュース
実践投入寸前までいったけど実際には使用されなかった10の兵器とその理由
μ’s、約4年ぶりに9人集結 「Snow halation」で会場は“オレンジ色”に包まれる
長谷川博己、小栗旬宅で深夜熱唱「最悪な感じ」に

オーロックス単語

オーロックス

  • 3
  • 0
掲示板をみる(38)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(3)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

オーロックスとは、ウシウシ属に属するウシの一種である。
畜系統の子孫として存在しているコブウシは今でも健在だが、純な野生種のオーロックスは絶滅している。

概要

畜として飼われているの祖先であり、原とも呼ばれる大柄な

元を辿ると時は遡りおよそ200万年前、インド周辺で進化したと見られている。その後分布を広め、11000年前の更新末期にはヨーロッパアジア・北アフリカなど幅広く分布していた。

人との関わり合いも古く、15000年前のラスコー洞窟画にもその姿が描かれていた。石器時代には既に人類の狩猟の対とされたり、畜化がされたのが見てとれていたようだ。

生態

大きな個体はホッキョクグマよりも体が巨大で、体高は均2m程度はえていたとされる。これは当然人間よりもずっと大きかった。全体的に筋々のたくましい体を誇っていて、さらに80cmもあるは前方に突き出ており、これらの特徴は戦いにおいて威を発揮した。

体色は雄が、雌や子供褐色で、体格は雄のほうがでかい生息地は開けた疎原など、森林の中のような自然世界においてで暮らしていたようである。群れの構成は様々で、単独行動をとっていた個体などもいた。
繁殖期は8月から9月にかけてやってきて、その間はしい繁殖闘争が行われていたという。その後子供5月から6月頃に生まれていた

性格は普段こそおとなしいものの、危険を感じるとそのと鈍重そうな見たによらない筋肉任せの素さで、パワフルな戦いを繰り広げていた。

絶滅の原因

な理由は人間の過剰な狩猟自然破壊による生息地の減少によるものであった。野生種のオーロックスにとっては後者のほうが深刻だった。

すべきはオーロックス減少を見た際の人間に対する対応である。
人間は当時としてはしくオーロックスの保護区を成立させ、オーロックスを密猟者から守ろうとしていた。種の重要性を理解していた諸侯達は、各地で保護区を作って種の存続に励んだ。

諸侯「…………なんて、私達がそんな軟弱なことをすると思ったか!馬鹿め!

実はこの保護区とは、諸侯達が安心して狩りを楽しむための保護区であり、要するに「ここで狩りしていいのは俺達だけだかんな!テメエラはやりたきゃ他でやれ!」という意味での禁猟区設定であった。
諸侯達は、身体が大きい癖に素く走ることが出来るオーロックスを、恰好のハンティング対として見ていたようで、趣味狩猟を彼等は思惑通り特ににも邪魔されることなく、楽しんでいたという。
そのため、保護区内のオーロックスを根絶やしにすると保護区を畳み、次の狩場の確保をすという負のスパイラルが続いていった。

こんなわけで、ただでさえ減少の一途を辿っていたオーロックスは、滅亡ロードを転げ落ちていくことになり、ついにはその保護区もポーランドヤクトルフだけになっていた。
流石にそこではまともな保護も考えていたのかもしれないが、そこではついぞ密漁が絶えることはなく、オーロックスはこうして種の回復ができなくなるまで減少した。
1620年にはついにオーロックスは1頭だけとなった。その1頭は後生大事に育てられていたが、その約7年後、保護区のの中で死んでいるのが発見された。こうしてオーロックスは絶滅を迎えた。
死の相として、最後の1頭をも密猟者が殺したという説があるが、事実かどうか定かではない。

最後の1頭が死んでいたには、オーロックスの存在を後世に遺すため、後に石碑が立てられた。

あれから数百年……オーロックス復元計画

オーロックスから生した畜達の大体は、オーロックスには似ても似つかなかった。
だが、1920年、ミュンヘン動物園でこのオーロックスによく似た特徴を持つ2頭のを掛けあわせ、現代にオーロックスをらせようという計画が持ち上がり、実行された。

結果として論見は成功したが、かつてのオーロックスとは思えない、やや小柄な体格で生まれてきてしまった。また、あくまでそっくりさんなだけで、中身は到底オーロックスとは別物である。

この復元オーロックスは、この計画を立ち上げた動物園長であるルッツ・ヘックにちなんで、ヘックキャトルと呼ばれるようになった。

関連項目

掲示板

  • 36ななしのよっしん

    2018/06/22(金) 20:45:55 ID: Ts79nk7oKm

    >>26 >>30
    これが高二病ですか

  • 37ななしのよっしん

    2019/05/24(金) 03:54:11 ID: vp4tKXFETS

    まあ人間なんて勝手で結構だろう、何故なら他の種も勝手に生きてるから
    それが滅ぶことで人にがあるのか益があるのかは知らんけど
    でも種が滅んだってことはそうあるべき弱い種だったってだけだし、逆に人間含め種が存続してるならそれはそれでそうあるべき強い種だっただけだと思う

  • 38ななしのよっしん

    2019/07/20(土) 05:18:15 ID: 4BmJT/XB5s

    このスレ見るだけで人間って傲慢だな…って思える
    論記事の内容もだけどな…

急上昇ワード

最終更新:2020/01/20(月) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2020/01/20(月) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP