カギ 単語

76件

カギ

4.1千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

カギ(鍵)とは

  1. を開けしめする時の中にはそれの必要ない鍵もある。
  2. また他の人がを開けれないようにする事。
    (例:カギをかける。カギを手に入れる)
  3. 重要な内容を解く・容易にするためのためのヒント・手がかり。
    (例:カギを握る・キーワード

特に任意で開閉状態を切り替えられるものをす。
ロープや結束バンド拘束しただけでは、逃げ出せないが鍵とは呼ばれづらい。

鍵を開くものを開錠・アンロック(Unlock)
鍵をかけるものを施錠・ロック(Lock)と呼ばれる場合もある。

鍵を差し込む場所はとも呼ばれ、前方後円墳のような形で表される場合も多い。

広義には英語でのKeyといった呼称も普及しており、○○キーと呼ばれる場合も。

曖昧さ回避

概要

身近な例ではなど、留守や在宅時、泥棒き巣・強盗などに入られないよう用いられる。

に限らず、それを持ち去ったり動かせないよう施錠する場合もある。
博物館イベントにおける触れられる展示品など、金属製のワイヤーと併用される場合もある。

重品・個人情報企業秘密・重要文化財・危険物・兵器銃火器弾薬品(劇薬)のある場所や引き出し・庫・現輸送、容疑者の手錠刑務所や猛の檻など、容易に盗まれたり開かれ逃走されては騒ぎになるものに用いられるなど幅広い。

門戸や物置も施錠できるが、面倒だったり大したものがない場合は施錠されない事も多い。

また盗難を防ぐため庫やノートパソコン自転車などを柱やなどに物理的に連結してしまうものもある。後者地球ロックとも呼ばれる。

パソコンスマホ銀行口座など、物があってもパスワードを入しなければ機を利用できないのも一種のカギ代わりである。定された回数を間違えると一定時ロックされてしまう場合もある。

顔・紋や・網膜といった生体認証(項参照)が用いられる場合もある。

  • 開錠に時間がかかるよう、2つ以上の鍵を備えるドアも多い。
  • ドアチェーン・U字ロックなど、開錠状態においても一定の防犯を補助するものもある。
  • 番号錠など、鍵がなくとも番号で開錠できるものもある。
  • 近年は自動車のカギなど、電波送信によって直接触れずともロックを解除できるものもある。
  • 特に厳重なものは鍵だけでなく警備員や監視カメラが見っている場合もある。
    • 開錠や開閉にランプが点する、ブザーが鳴るといった周囲への注意喚起や二重対策。
  • 片側からのみ開錠できる、ドアを閉めた際に自動で施錠されるオートロックもある。
  • つっかえ棒などで物理的に開放不可にする場合もある。
  • 検問・改札・受付によって代用している場合もある。

特に強固なものは鍵だけでなく、戦車のような分厚い鋼を備えているなど面い。
むしろ移動を的としていない分、戦車の装甲より分厚い。

装飾品

キーホルダーのように鍵自体を装飾したり存在を立たせるものもある。
水中に落とすと回収困難であるため、船舶の鍵にはフロートを兼ねている例もある。

理科室」「102号室」など名称が書かれたネームプレートがついている事もあるある

小さなライトGPSが付属し、落失や暗所での実用性を上げたものもある。

物理的に破壊する

厳密には鍵があっても等を物理的に破壊する手もなくはない。開錠(物理)

ただしリスクが高すぎる。

  • 騒音や振動で居住者・周囲に犯行を気付かれる。
  • 破壊に時間がかかる可性がある。
  • 専用の特殊機材・技術が必要になる。
  • 重機・重車両などで突っ込む場合、隠密性がない。
  • 特殊機材・重車両など、購入元やレンタル元が特定されてしまう。
  • に見合わない報酬では割に合わない。
  • に見合う報酬があるなら、そもそもセキュリティが充実している可性がある。
  • 対戦車兵器爆薬などを使うと、盗みたかった中身ごと破壊してしまう場合もある。

軍事作戦特殊部隊などは爆薬ドアごと吹っ飛ばしたり、破壊用の弾薬を使用したショットガンで破壊する、高層階でもをぶち破って突入する場合もある。き巣には理だな。

フィクションにおいて

鍵そのものが探されたり、入手することで行動範囲が広がる場合も多い。

部屋に鍵が掛かっており先へ進むことができないシーンあるある
どう見ても薄い木ので、手に持っているや思いっきり蹴飛ばせば壊せそうなものもある。

RPGなど宝箱が施錠されている場合もある。盗賊や専用スキルの出番。

凄腕の強盗団や怪盗、それらに対する防御側など
開錠/破壊、それらからの防衛/死守などが的となる場合も多い。

生体認証だから、本人の玉だけを持ってきた」なんてエグいものもある。(ヒエッ

「密室殺人」「密室トリック」など、施錠された部屋の中で被害者が死んでおり、鍵も部屋の中といったネタ探偵・推理モノなどではあるある。隙間からワイヤーで器用に鍵を滑り込ませたり、そもそも別途に脱出路がある、元から鍵が機してない場合もあるなど柔軟な発想が必要になる。

表現として

欠点

防犯に便利な反面、物理的・機特性に起因したトラブルも多い。
大まかに分けると開錠/突破される開かなくなるといったトラブルが多い。

外出後「鍵かけたっけ?」といった一種の不安がよぎる場合もあるある

本人が部屋の鍵を開けるのを待ち、一緒に入ってくる押し込み強盗などの実例もあるので要注意。
帰宅時・開錠時は手元だけでなく周囲・背後も良く見よう。
歩きスマホなんてしてる場合じゃない。
それでもするだろうけど。

電子的な鍵の欠点

非常用に通常の鍵が併用されている場合もある。

最後に

  • 鍵があるから大丈夫・安心ではないので要注意。
  • 相手やその所属を確認せず、うかつに開けてはいけない。
  • 開いてしまった鍵に鍵としての効はない。
    • いくら優れた鍵と鋼でも、扱う人間がいい加減で油断すると意味がない。
    • 相手は物陰から、不用心なあなたが開錠する間を待っているかもしれない。
  • 複数の鍵や種類を併用したり、開錠/破壊困難、開錠状態を認識しやすくする手も。

関連項目

関連項目

曲名
名称・作品名
小説

その他、音読みで「けん」と呼ばれ名前等に用いられる場合もある。
(例)鍵盤ハーモニカなど。

鍵の検索結果 - ニコニコ大百科 (nicovideo.jp)

この記事を編集する
関連記事

子記事

兄弟記事

  • なし

掲示板

おすすめトレンド

ニコニ広告で宣伝された記事

急上昇ワード改

最終更新:2024/07/22(月) 13:00

ほめられた記事

    最終更新:2024/07/22(月) 13:00

    ウォッチリストに追加しました!

    すでにウォッチリストに
    入っています。

    OK

    追加に失敗しました。

    OK

    追加にはログインが必要です。

               

    ほめた!

    すでにほめています。

    すでにほめています。

    ほめるを取消しました。

    OK

    ほめるに失敗しました。

    OK

    ほめるの取消しに失敗しました。

    OK

    ほめるにはログインが必要です。

    タグ編集にはログインが必要です。

    タグ編集には利用規約の同意が必要です。

    TOP