今注目のニュース
スマホ見ながら自転車事故、女子高生が書類送検…賠償金が「1億円」規模になるケースも
三石琴乃と緑川光が見知らぬ天井でサービスサービスぅ シンカリオン×エヴァコラボでミサトとシンペイの次回予告風動画公開
加藤浩次、パワハラ蔓延する社会に苦言 「よく言った」と称賛相次ぐ

カス単語

カス

  • 6
  • 0
掲示板をみる(72)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(6)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

カスとは、なんらかの取るに足らない物事を示す名詞、あるいは罵倒の意味を持つ接尾語であるカス。

概要だカス

基本的に口(こうご:日常コミュニケーションに用いられる言葉遣いだカス)の体言締め(たいげんしめ:名詞+~だで構成される述だカス)、もしくは命形の句に接続される形で使うカス。したがって前文の語尾のような使い方は間違いだカス。また省略としてはksと表記されることが多い気ks

接尾語としては広く普及しているが、コミュニケーションに多用するのは非推奨という変わった特性を持つカス。これは後述のカス症候群と併せて説明するカス。

カス症候群について

カス症候群(カスケード:kascade)とはネットワークパラノイアの症例の一つ。感染するとウェブサイトメールなどの文章で語尾にカスを定期的につけてしまう症状を発症する。いったん発症してしまうと、周囲に悪感情をもたらし、どのような文章を書いても荒らしアンチ扱いをうけ説得消失してしまうため、期の治療が必要であるが、いまだ根治にいたる療法は発見されていない。

なぜ彼らが語尾に「カス」というを頻出させるようになったのかという、特定の感染明らかになっておらず、学説上の仮説はいくつか存在するものの、いずれも通説とは言い難い。

消しゴムのカス説

学業やデスクワーク消しゴムを使用するたびにカスが出るが、それの飛自然呼吸で過度に吸引した場合に、内にカス場(フォーカス)を形成し文章に悪影を及ぼす、という説。

てんぷらのかす説

てんぷらのかす(かす)をうどんやそば、お茶漬けに入れて摂り過ぎると、中症状となり、かすのことしか考えられなくなるため、文章にカスが頻出する、という説。同様にかすやおから大豆のかす)の過剰摂取が原因だとする説も。

ダマスカス説

シリア首都ダマスカスであるが、この都市歴史は非常に古く、ここから遠く東方の地日本まで移住したダマスカス人の末裔が、かに遠き祖先たちの故郷の名前を想い、語尾にカスを自然とつけてしまう「先祖がえり」をおこしている、とする説。

ググレカス説

カスの語尾の連呼は、古代ローマの知識人『ググレカス』の信奉者による布教活動だとする説。しかし、ググレカス自身の存在が後世の創作ではないかとする識者もおり、また布教活動としてはまったく詳細が明確でないため、信憑性にかける。

ボケ症候群について

カス症候群同様、語尾ボケを定期的につける症状もあり、こちらは痴呆症とよばれ、やはり治療法や感染特定されていない。なお、物事を忘れたり思考が低下するなどの症状はイメージ人権保護の観点から、痴呆ではなく認知症称されたため、そちらと混同される心配はなくなったと言える。

関連動画カス×n

関連商品だろカス(タム)

 

関連項目でガス

掲示板

  • 70ななしのよっしん

    2019/03/06(水) 23:08:34 ID: vuaGvRZE/t

    アンサイクロペディアみたいな記事ですこ

  • 71ななしのよっしん

    2019/03/21(木) 23:59:35 ID: YKhfjAbsOD

    名詞+カスについて調べてました。「迷惑な廃人」って意味で使われてる?転じて自称することでそれ大好きって自己紹介になってる感じ?「カス」とか。

  • 72ななしのよっしん

    2019/03/22(金) 01:34:26 ID: drQY9tXEce

    名詞+カスの中でも、
    ヒトカスは見るたびに笑ってしまうからすこカス

急上昇ワード

最終更新:2019/11/22(金) 13:00

ほめられた記事

最終更新:2019/11/22(金) 13:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP