今注目のニュース
声優・小野友樹が優れた運動神経を披露も、足つぼマットの激痛には“瞬殺”
居酒屋で気持ち悪くなって「場ゲロ」、罰金1万円はちょっと高すぎないか?
ついに高齢者の「事故多発」原因が判明!?その理由は...

カストラート単語

カストラート

掲示板をみる(19)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

カストラートとは、去勢された男性歌手のことである。

また、実在したカストラート カルロ・ブロスキ(通称ファリネリ)を題とした1994年映画「カストラート」についても本稿で記述する。

概要

変声期前に去勢された男性男性ホルモンの分泌が抑制され変声期を迎えずに成人する。そのような男性ボーカルとしての訓練を受けるとおよそテナーからソプラノまでカバーする広い域と男性特有のりのある歌を会得する。

中世ヨーロッパにおいては教会女性が歌うことは忌避されていた。しかしながら音楽の発展とともに高音部ボーカルが必要となる。当初はボーイソプラノがあてられていたが、しだいにカストラートが用いられることとなる。カストラートは教会音楽からはじまり、しだいにオペラなどに活躍の場を広げていった。

カストラートの発見(去勢による変声期の回避の発見)は事故など偶発的なものであると考えるのが自然である。しかしながらカストラートの音楽上の優位が発見されると人為的にカストラートを生む、つまり変声期前の少年去勢することが盛んになった。

現在倫理的に問題があるため、人為的にカストラートを生む行為は行なわれていない。最後のカストラートも亡くなっているおり、生存者は一人もいない。しかし、カストラートが歌う事を的として作曲された楽曲は現存する。この様な楽曲の場合、カウンターノールやソプラニスタに歌唱させることもあるが、通常は女性のメゾソプラノが充てられる。例えば、オペラにおいてカストラートの楽曲が登場する場合、多くは女性メゾソプラノが男装をして歌うことになる。

映画「カストラート」

1994年フランスの作品。18世紀に実在したカストラート カルロ・ブロスキ(通称ファリネリ)を主人公とし、去勢されたカストラートの苦悩、才に差がある兄弟の確執、高音に頼りすぎた音楽からの脱却などを描く。

現存しないカストラートを再現するためにが非常に近い歌手男女で選び出し、男女の歌コンピュータで合成した。それにより男性女性の高音部まで発するカストラートの歌再現している。

関連動画

参考文献・関連商品

カストラートについて

映画「カストラート」

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 00:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 00:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP