今注目のニュース
日本初のVR射撃場が誕生 銃の反動も再現してるってよおぉぉ!
スパイダーマンが「声優と夜あそび」に生出演 “珍獣”金田朋子の勢いにたじたじ
超大物YouTuberに文春砲、動画で謝罪&活動休止発表

カチューシャ単語

カチューシャ

掲示板をみる(100)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

カチューシャ(Катюша, Katyusha)とは、

  1. ロシアポピュラー女性の人名エカテリーナ(Екатерина, Ekaterina)の称形。
  2. ロシア民謡、歌曲。 → カチューシャ(歌曲)
  3. 頭につける装飾具の一種。本記事にて触れる。
  4. WW2ソ連が使用した自走化多連装ロケット兵器。本記事にて触れる。
  5. アニメ下級生2 -瞳の中の少女たち-」に関連する声優ユニット
  6. チーム・カチューシャ - 自転車ロードレースチームの一つ。
  7. 小惑星の名前の一つ。
  8. 2ちゃんねるブラウザ「かちゅ~しゃ」。
  9. CoD4におけるロケット
  10. 2を原曲とした熱血高校ドッジボール部ゲームBGMの一つ。
  11. アニメガールズ&パンツァー」に登場するプラウダ高校隊長CV:金元寿子。→ カチューシャ(ガールズ&パンツァー)

3(装飾具)の概要

金属プラスチック製でC字をしている。女性髪留めとして使用。

アバンドの一種だが、「カチューシャ」も「ヘアバンド」も日本独自の言い方(和製)で、海外では使われない。
英語としては「ヘッドバンド」が正しい。詳しくはWikipediaを参照→ ヘアバンドexit
日本でこう呼ばれる由来はトルストイの小説『復活』のヒロインの名前で、映画舞台化が日本で大ヒットしたことが背景とされる。

野獣化

動物の模造を取り付けたものが結構な種類出回っている。

ちゃんの仮装大賞バニーガールたちが日本人に与えた影は小さくないだろう。

耐久性

プラスチック製の場合、装着時の押し広げ幅や頭自体が大きいと、数ヶで頭頂部が折れてもしくない。
なるべく素直に自分の頭のサイズに適したものを選ぶべきである。

金属製であればプラスチックとは段違いの耐久性を有するが、金属疲労や腐食で折れることもいとは言えない。

男性用

男性でもの伸びた時期などに使用することがある。

男性用がどこにいけばあるのかイマイチわからないため、サッカー部の彼にあの時いておけばよかった。

100均金属製のものから、装飾のガラスを台座ごとねじりとった状態で満足する者もどこかにいる。

カチューシャを付けたキャラクター

関連動画

4(カチューシャ・ロケット)の概要

第二次世界大戦時、ソビエト赤軍が運用した多連装ロケット兵器BM-8及びBM-13の通称(称)である。世界で最初の自走式多連装ロケットランチャー
本来の名称はバエヴァヤ・マシーナ・ヴォースィェミと、バエヴァヤ・マシーナ・トリナーツァチ。
なぜこれらの兵器がカチューシャと呼ばれることになったかについては諸説あるが、ソヴィエトロシアでは兵器女の子っぽい称をつけるのは極一般的なことである。

俗説では、製造元のコンプレッサー工場の「Компрессор」のКという文字が刻印されていたからだとか、当時流行っていた歌謡曲カチューシャ(歌曲)にかけたとか、そういう感じである。

初期には秘匿のために『親衛隊の迫撃』と呼ばれており、正式名称を一般兵は知らなかった。これも称が定着した理由の一つと言えよう。ちなみにこの名称に合わせた『親衛隊迫撃砲兵行進曲』という曲もあり、歌謡曲のカチューシャのフレーズが使われていることで有名。

仕組み

使用されるロケット弾は82ミリM-8または132ミリM-13、いずれも炸と推進黒色またはニトロセルロース系)を詰められるだけ詰め込み、申し訳程度に安定をつけた簡素なもので、発射機もトラック金属のレールを載せた単純なものであった。
ただ単純に火を詰め込んだわけではなく、先端と中間部に分けて火を詰め込んで、着弾と同時にニカ所で爆発が起き、中心部の爆発が増す、という設計がなされている。
「単純なロシア人はただ詰め込んで適当に撃っただけだろとwww」か言う粛清だからNKVDに名乗り出るように。

16連装、射180°、全弾発射15、再装填5分、最大射程8km(BM-8)~11km(BM-13)という驚異的なを持つ。ロケットの弾頭そのものも、1941年から1945年のわずか5年で約700万発(!)が生産されている。

シンプルで大量生産に向いていたが精度に劣るカチューシャの欠点は、同時大量発射による広域制圧射撃を行うことで補われた。一斉射撃されたカチューシャの発射音・飛翔音は対するドイツ軍側に「シュターリン・オルゲル」(スターリンオルガン)と恐れられ、ドイツ側の通称にもなった。

歴史と実戦での影響

1941年に初めて実戦投入され、その恐るべきドイツ軍の上にあられと降り注ぐことになった。
この兵器は広域制圧射撃によって敵戦を粉砕することももちろんだが、正確な狙いがつけられないことが逆に相手に対して「どこに着弾するかわからない」という恐怖を与えることに成功した。
とあるドイツ兵士はこう言っている。
爆発するオルガンロケット弾は、その物理的破壊はるかにしのぐレベルで、兵士戦闘意欲を削ぐという悪影を与えた」

スターリングラードでの戦いにおいては敵の歩兵師団一つをまるごと消滅させ、ブダペスト戦の際にはカチューシャの連隊によってドイツハンガリー将兵と民間人に多数の犠牲者を出し、ベルリン戦においては都市ベルリンをがれきの山に変えてしまった。

初期はアメリカ製のトラックなども使われていたが、大祖国戦争後にはほぼ全てロシア製のモノに換装され、ロシアではなんとなくかったことにされている。そりゃ冷戦始まったし…

現在

現在では「カチューシャ(ロケット)」は類似のソ連/ロシア製の自走多連装ロケット発射機(BM-21TOS-1等)やトラックロケット発射機を搭載した簡易兵器(テクニカル)、あるいは都市部などでゲリラ的に用いられるロケット兵器などの通称として半ば一般名詞的にも用いられる。
その単純な機構ゆえか、T-34などと同じように動態保存されており、21世紀になった今でも時折軍事パレードに登場する。

関連動画

その他のカチューシャ

 

関連商品

関連項目

掲示板

  • 98ななしのよっしん

    2017/10/31(火) 14:06:07 ID: 0n4+3TV/Vx

    「ヘアバンド」に切り替えようよ?
    HeadBand(in English)だと頭突きみたいに荒っぽく感じるし、ロシア語由来だと猶更。
    一過性のブームに終わったようで、ど呼ばれないし

  • 99ななしのよっしん

    2017/10/31(火) 16:05:31 ID: oE7dazk2jy

    HeadBand(in English)だと頭突きみたいに荒っぽく感じるし、

    全くぴんと来ない……。

  • 100ななしのよっしん

    2017/12/09(土) 21:03:25 ID: gcno8MQ5Fk

    >>98
    それり違う
    頭突きはhead-butting
    bandじゃない

急上昇ワード

最終更新:2019/06/19(水) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/19(水) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP