カツオ単語

カツオ

1.2千文字の記事
掲示板をみる(33)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(4)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

カツオ

カツオ(鰹)とは、大魚類の一種。刺身やたたきなどで食用される。また、節にした物は鰹節と呼ばれる。

曖昧さ回避

概要

カツオ
カツオ
スズキ
サバ
学名 Katsuwonus pelamis
和名 カツオ

スズキサバ科に属するで、世界中のに生息している。

全長50~60センチメートル程。体の色は背側は藍色側は白色で、側にはカツオの特徴とも言える縦縞模様がある。ちなみに奮状態になると、縦縞模様から横縞模様に変化する。

熱帯・温帯域という暖かいを好む。食性は食性で、甲殻類などの小動物を食べる。

食材としての利用

日本黒潮流域を中心としたで多様の種類が揚げされ、日本の台所には欠かせない食材の一つである。

高たんぱく低カロリーで、血中コレステロール値を低下させ肝機を高める効果を持つEPADHA・タウリンが豊富に含まれる。また、カルシウム亜鉛も多く取れるので、メタボ禿などの予防にうってつけの食材である

鰹節和食には欠かすことのできない食材である。出汁に使われることが多いが、そもまま食べても美味しい。

刺身やたたきのほか、を取って燻製にしカビ漬けをしたものが鰹節節)となる。腸や肝臓などを辛にした酒盗おつまみに重宝される。

神奈川沖浪裏

はあっさりとした初鰹、は脂の乗った戻り鰹と、鰹は季節によって違った魅を見せる。

江戸時代、初物は縁起がいいとされ、初鰹は一時期とても人気があった。鰹は当時庶民にはとても手の出ない高級で、初鰹ともなれば30~40万ほどの値がついたとされる。見栄っりをとする江戸っ子の気質は「女房を質に入れても初鰹」という冗談交じりの川柳にも残っている。

江戸時代の俳人、山口素堂の「には青葉 山ほととぎす 初鰹」というの季を連ねた俳句が有名。

「初鰹 百足のようなに乗り」という句も残っている。新鮮なうちに全速江戸を届ける押送(おしおくり/おしょくりぶね)が沢山の櫓を動かしている様をムカデに例えた句である。ちなみに葛飾北斎の有名な浮世絵富嶽三十六景 神奈川浪裏』は波に揉まれる押送を描いた作品である。

江戸時代の終わり頃はブームが下火となり初鰹も価格が落ち着いたとされる。

関連動画

関連静画

関連商品

関連項目

この記事を編集する
流行語100

掲示板

  • 31ななしのよっしん

    2019/01/12(土) 15:41:14 ID: D4Zp9Pc3bb

    カツオ
    安いしトロみたいでおいしいし

  • 32ななしのよっしん

    2021/10/17(日) 16:12:28 ID: 05cfRaHgA+

    摘は具体的かつおだやかな口調で行いましょう。

  • 33ななしのよっしん

    2022/06/17(金) 09:46:23 ID: R6WUOemUGT

    と同レベルでいたむのがいので
    ご賞味はおめに!

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/12/10(土) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2022/12/10(土) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP