カノッサの屈辱単語

カノッサノクツジョク

1.7千文字の記事
掲示板をみる(77)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(8)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他
  1. 神聖ローマ帝国皇帝ハインリヒさんがカノッサでローリング土下座を行った歴史上の出来事。
  2. 1990年4月9日から1991年3月25日の間にフジテレビで放送されていた深夜番組。

1.

中世、未だ宗教は根強く権と絡む時代、各領邦の君教会は叙任権闘争をしていた。叙任権とは何か、それは、教会のもつ教などの地位への任命権である。この時代、教会も領地を持ち、税を取り、財産を持っていたので、れを巡って教会ローマ教皇)と各地の君が対立したのである。「教会とて、らの領内にあるのだからその任命権は君に属す」対「教会はその教えを広めるものであり、その地位はローマ教会によって決す」と。

中世ヨーロッパ最強の君神聖ローマ帝国皇帝もその例に漏れず教皇と対立していた。というより、神聖ローマ帝国というの成り立ちや構造からこのが最もこの闘争に絡んでいた。

当時の皇帝ハインリヒ4世は教皇グレゴリウス7世が止めるのも聞かずに領内の教座に子飼いの祭を次々おき、これに切れた教皇が破門を宣告した。

すると、帝国内の有諸侯は、良い機会とばかりに、ハインリヒ4世に反旗を翻した。更にとどめと言わんばかりに破門が解かれない場合のための、新皇帝選出の会議も用意された。一度会議では、を新皇帝にするかが問題となって、新皇帝は決まらなかったが、ハインリヒ4世破門を解かれない場合の王位剥奪だけは決定されていた。また、次の会議には、権威付けのために教皇が呼ばれており、教皇が到着する前にハインリヒ4世は事を決着させなければならくなった。当時(というかずっと)、神聖ローマ帝国皇帝権は弱く、ハインリヒ4世一気に王位剥奪の窮地に追い詰められることとなる。

れを打開するため、ハインリヒ4世は、会議に向かう途中の教皇がいる北イタリアカノッサに向かい、1077年1月25日歴史は動く。

カノッサ門前で武器を全ておき、修士姿に着替えハインリヒ4世は三日三晩にわたり断食と祈りを続け、ついに教皇から破門を解く言質を取った。

この事件は教皇の権威が皇帝の権を上回った最たる例としてよく教科書に取り上げられている。

なお、この後の話は教科書には余り取り上げられていないが、破門を解かれたハインリヒ4世ドイツに戻ると反対をたたきつぶした後、ローマを包囲し対立教皇を担ぎ上げた。教皇グレゴリウス7世は辛くも包囲を逃れたが、その後ローマには戻れず逃亡中のサレルノで病死。あわれ。

教皇グレゴリウス7世は、カノッサにおいて政治的には全く破門を解く必要はなかったが、許しを請う者をそのままに出来ないという良心を持っていた。また、彼が生涯を掛けて、時には身に危険が及びながらも、ハインリヒ4世に対峙したのは教会の叙任権を取り戻した上で、世俗権と分かちがたく結びついていた教会を、俗権と切り離して教会を建て直そうという崇高な的のためであった。このような人も掛かるに遭うのであった。全くあわれというしかない。

2. カノッサの屈辱(テレビ番組)

概要

1990年4月9日から1991年3月25日の間にフジテレビで放送されていた深夜番組である。全42回(+特別編2回)

現代日本の文化を、教育番組と思わせつつ、ユーモアを混ぜながら馬鹿らしく解説する番組であるが、実際の世界史または日本史の出来事になぞらえて解説していくので、視聴者側にある程度の教養を要される。
バブル期にホイチョイプロダクション企画した番組。「マーケティング天国」「カノッサの屈辱」「TVブックメーカー」の3部作のうちの2番。3作の「TVブックメーカー」では、通貨単位が「カノッサ」になっていた。
番組終了後は池袋西武百貨店でカノッサの屈辱展を開催し、番組内で製作・使用したグッズオークションにかけて販売した。売り上げはきっとスタッフの宴会に使われたに違いない。

 

なお、2000年大晦日2007年2月2008年10月2009年12月と4度ほど特番として復活している。

関連動画

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/27(月) 10:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/27(月) 10:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP