カルミナ・ブラーナ単語

カルミナブラーナ

1.3千文字の記事
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

カルミナ・ブラーナCarmina Burana)とは、ドイツバイエルン州のボイエルン修院で発見された詩歌集である。

これをもとにしたカール・オルフ作曲の同名の「世俗カンタータ」が有名。

概要

ボイエルン修院とは、バイエルン選帝侯領(現在バイエルン州)にあるベネディクト会の修院。600年頃に創立された歴史ある修院で、バイエルンでも最も古い修院として知られる。

1803年に修院が有化されて調が行われた際、図書館から多数の写本が発見された。約300編にものぼる歌はラテン語を始めとした様々な言で書かれており、11世紀から13世紀にかけて書かれたと推測されている。

祈りの場とはかなりかけ離れた内容で、怒り、、性といった世俗的なもの、恋愛青春を歌ったロマンティックな風刺的な作品などバリエーションが豊富。これは修院を訪れた学生や修僧によって書かれたものと考えられており、中にはネウマ(楽譜)が付属したミサ曲まである。

これらを編纂して『ボイエルンの詩歌』を意味する『カルミナ・ブラーナ』と題し1847年に出版され、写本は現在バイエルン州図書館に所蔵されている。

世俗カンタータ「カルミナ・ブラーナ」

舞台形式のカンタータ(器楽伴奏つきの歌曲)である。
1936年完成、翌1937年に初演された。その後の『カトゥーリ・カルミ』(1943年)、『アフロディーテの勝利』(1951年)に先駆けたオルフの三部作「Trionfi(勝利」の一つ。
副題が「楽器群と魔術的な場面を伴って歌われる、独唱と合唱の為の世俗的歌曲」と、やたら長い。

前述の詩歌集から、オルフが24篇を選んで(ただしうち1曲は自作)曲をつけたもの。
第一曲および終曲の「O Fortuna(おお、運命の女神よ)」の壮大なイメージによって、選手入場曲からからテレビ番組まで幅広く使用された為、やたらと有名。特にオジー・オズボーンライブでのオープニング曲として使用しており、ある種の徴となっている。
しかし全体を通じた歌詞の内容はタイトルにもあるとおりや女、といった世俗的なものである。

ファイナルファンタジーVIIラスボス曲「片翼の天使」の歌詞は、

から抜して組み合わせたものである。

関連動画

第12曲:昔はに住まっていた Olim lacus colueram (左)
第13曲:わしは僧院長さまだぞ Ego sum abbas (右)

第21曲:秤棒に心をかけて In trutina
第24曲:アヴェ、この上なく姿美しい女 Ave formosissima
第25曲:おお、運命の女神よ O Fortuna

第24曲:アヴェ、この上なく姿美しい女 Ave formosissima
第25曲:おお、運命の女神よ O Fortuna

第25曲:おお、運命の女神よ O Fortuna

全曲

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2024/03/01(金) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2024/03/01(金) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP