今注目のニュース
ロッテリア「かにぱんと紅ずわいがにのクリーミーコロッケバーガー」復活、静岡県内7店舗限定
グラドルが“45歳ファン”と交際告白、彼氏いないは嘘
クールビズで“ちょっとそれは…”と思った服装1位「アロハシャツにハーフパンツ」、2位「派手なTシャツやポロシャツ」

カルロス・サインツ単語

カルロスサインツ

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

カルロス・サインツとは、スペイン人のラリードライバーである。

息子F1ドライバーのカルロス・サインツJr

概要

WRC史上、2番に多く勝ったドライバーで、通算26勝。インテリで弁護士資格を持つ。現役時代のあだ名は「先生」。

最も成功したドライバーの一人だが、周囲の評価は「決して才に恵まれたドライバーではない」という。熱心なテストの開発・良への取り組み、異常に細かいペースノートの作成で知られ、その速さは努によるものである。

その一方、運には恵まれず、そそのかされて移籍したチームの体勢が貧弱だったり、移籍直後にチームが出場停止を言い渡されたり、チャンピオンのかかったラリーの最終SSが止まってしまったりと、チャンスに流した事も多かった。

引退間際はラテン系のおじさんイメージで、SSでは走る前の体操風物詩になっていた。いつでも鼻毛を飛び出させているために鼻毛カッタープレゼントされたこともある。

引退後、シトロエンの当時現役のドライバーの成績があまりにも不甲斐なかったため、チームから懇願されて、嫌々ながら「今回だけだぞ!」と、やむなく2戦だけ出場し、復帰戦で4位、次戦で見事3位表台など、引退したドライバーとは思えぬ成績を収めたこともある。

途中で経済的な理由で別れたスペイン人コ・ドライバールイス・モヤとのコンビである。彼の口のスペイン語ペースノート読み上げとサインツの見事なドライビングは、モータースポーツオンボードビデオで商品化されているが、環境ビデオとしても価値が高い。

息子のカルロス・サインツJrは、とは対照的なサーキットレース世界に進み、F1ドライバーにまで昇りつめた。
トロ・ロッソチームよりデビューしたが、現在2017年10月)はルノーチームに移籍している。

関連動画

 

  

関連商品

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/06/27(木) 15:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/27(木) 15:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP