カレンブーケドール単語

カレンブーケドール

6.2千文字の記事
掲示板をみる(138)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(5)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

とりあえずこの戦績を見てくれ。こいつをどう思う?

凄く…シルバーコレクターです。

2021年11月時点での獲得賞は約4億5805万円同期のGⅠ2勝ワールドプレミアが約4億5600万円であり、多士済々である2016年の獲得賞ランキングでもトップ10に余裕で入る。またカレン一門でもGⅠ2勝カレンチャンの4億4906万円をえ稼ぎ頭となっている。

ちなみに「最強の2勝」ことサウンズオブアースは4億6744万、阿寒湖特別(3勝900万下)を勝ってから28連敗したステイゴールド重賞勝利時代に5億5466万稼いでいる。

今回はそんな彼女について見ていくことにしよう。


カレンブーケドール(Curren Bouquetd'or)とは村の元カノ2016年まれの日本競走馬鹿毛

千歳市・社台ファーム生産、美枝栄厩舎所属。
馬主鈴木(さんの名前を元に「カレン」冠号を用いている。本業は神戸の眼科医さん)。

な勝ち2019年スイートピーS(L)

名前は「冠名+花束()。勝利の大輪を咲かせてほしい」。

南米からの花束

ディープインパクト*ソラリアScat Daddyという血統。

ディープインパクト敗のクラシック三冠を達成し、GⅠを7勝。種牡馬としても2012年からずっとリーディングを突っ走る活躍を見せている。
の*ソラリア(Solaria)はチリにおけるダービーエルダービー(芝2400)の他にそれぞれ芝とダートマイルGⅠを勝っているチリ産の名Scat Daddy(スキャットダディ)は現役時代GⅠ2勝を挙げ、種牡馬入り後は米国三冠馬Justifyなど活躍を量産。日本ではミスターメロディ高松宮記念を勝った。

系は19世紀に英国から南に輸入されてから脈々と繋がれたもので、一族からはアルゼンチンなど南で大レースを勝ったが多い。因みに9代Parvulaまで遡ってから下るとキタサンブラックとかが見えたりする。
ノーザンファームや社台ファームをはじめ、日本国内の大手牧場では血の偏りを避けるため積極的に海外からを繁殖用として輸入し、本と同じ南由来の系に属する活躍としてサトノダイヤモンドマカヒキなどがおり、ディープインパクトと好相性を示している。

大輪は咲くか

2歳~3歳春

枝栄厩舎へ入厩し、デビュー10月東京マイル北村宏司上に3番人気に推されると大外から追い上げてアタマ差の2着に入る。因みにこの時の勝ちは後にクラシックを賑わしたダノンキングリーで、4着にも後にダート重賞を勝つジャスティンがいた。続く未勝利戦は3着に敗れ、12月中山マイルでオイシンマーフィーを背に初勝利を飾った。

年が明けて2月クイーンCに出走。ここで戸崎圭太を背に9頭立て4番人気に推され、レースでは好位から追走し直線に入って脚を伸ばすが0.2差の4着に敗れる。
桜花賞路線はパスしてオークストライアルスイートピーSに出走。ここで新たに村明秀上に迎え、前走500万下を快勝したセリユーズが1番人気で本はそれに次ぐ2番人気となる。レースでは出負けして最初は控えたが、抑えきれない手応えもありめにポジションを上げ、直線入口で既に先団に取り付く格好。残り400mから仕掛けると本領である長く良い脚を使い、2着シングフォーユーの追撃をクビ差制して2勝を挙げる。

優先出走権を獲得しオークスへと出走。桜花賞グランアレグリアNHKマイルカップへ行き、シゲルピンクダイヤらに距離不安が付きまとった結果、3身差をつけ忘れな草賞を勝ったラヴズオンリーユーが1番人気も単勝4.0倍。差がクロノジェネシスコントラチェックが続きどことなく波乱の予感を醸し出していた。カレンブーケドールは単勝94.1倍の12番人気。実のところスイートピーS組は過去10年複勝圏内ゼロと惨憺たる状態であった。ついでに村もGⅠだと存在感がまるっきりかった。
レースに入るとスタートを決め、先行を見る4番手から追走。隊列は較的縦長となり、3コーナーにかけて好位の外から押し始めて加速をつける。すると直線入口で外から先頭に立って長く脚を使う。内外からの追撃を従え続けたが、大外から追い込んだラヴズオンリーユーと競り合いとなり、最後は競り負けてクビ差の2着。しかし3着クロノジェネシスに2身半差付けており、レコード決着の中タイムしと走を見せた。

3歳秋

オークスでの走により有の一頭となったカレンブーケドール。シーズン秋華賞標に中山紫苑Sから始動。ここでは1番人気に支持され、スタートで躓くも前の2番手につけ、直線入口を先頭で迎え押し切りを図るもパッシングスルーフェアリーポルカの2頭に差され3着となった。

続く秋華賞では前走ローズSを勝ったダノンファンタジーが1番人気で続いてカレンブーケドールが2番人気、そこからエスポワール、クロノジェネシスと続いた。秋華賞が行われた当日は晴れてはいたものの、前日のから馬場は回復しきらず稍重となった。
レースではビーチサンバ、コントラチェックハイペース逃げ、カレンブーケドールはいつもより控えて7,8番手から追走。直線に入って内から外へと切り替えて群を割り、脚を伸ばしたものの一緒に伸びたクロノジェネシスの勢いが勝り、カレンブーケドールは2身差離れた2着となった。

その後は古混合戦となるジャパンカップへと出走。この年のジャパンカップは外調教の出走がく全て日本調教レースとなり、その代わりにランフランコ・デットーリライアンムーアクリストフ・スミヨン、オイシンマーフィーウィリアムビュイックと短期免許で来日した騎手5人が参戦。カレンブーケドールは紅一点かつ一の3歳であり、最終的に単勝10.5倍の5番人気となった。上は村。
レース不良から回復した重馬場で行われ、最内1番から出走したカレンブーケドールは逃げダイワキャグニーを見る4番手から追走。中はじっくり脚を溜めて直線に入ってから満を持して追い出し、坂の上りで外に持ち出そうとするスワーヴリチャードブロック逃げダイワキャグニーを捉えようとした時、最内に切り返したマーフィー上のスワーヴリチャードが突き抜け、カレンブーケドールは必死に追いすがるが3/4身届かずまたも2着。GⅠ競走3連続2着となった。このレースでは村は「本当に悔しい」、枝師は「文句なしの競馬でした。また来年です」とった。

4歳

4歳初戦はドバイシーマクラシック標として京都記念に出走。ここでは大阪杯標のクロノジェネシス人気を分け合い、本が僅差で2番人気となった。当日の京都雨。馬場の中行われたレースではアメリカカップがかっ飛ばし、本は最内からいつもより控えて後方、9頭立ての8番手から追走し坂の下りから位置を上げて前のクロノジェネシス標にするが、重馬場巧者のクロノジェネシスが突き抜けて本は2身半差の2着となった。
その後ドバイシーマクラシックへ出走するためにドバイへ遠征するが(因みにマーフィー上に迎える予定だった)、新型コロナウイルス感染症の感染拡大により直前になって中止。人はギリギリ間に合ったがは先にドバイへ着いていた為、出走する事く帰。カレンブーケドールは休養が長引き、結局シーズン京都記念だけで終わった。

中山オールカマーから始動。1番人気中山福島巧者のミッキースワローで続く2番人気が本。他にステイフーリッシュやクレッシェンドラヴ、センテリュオなど小回り巧者がポツポツ。レースでは逃げるジェネラーウーノを3番手辺りから進むが、中行きたがる素振りを見せて向こう正面ではジェネラーウーノに併せる格好。コーナーを手応えよく曲がり直線に入ってめ先頭からの押し切りを図るが、大外から飛び込んできたセンテリュオにハナ差差されてまたも2着。重賞4連続2着となった。

先生がまた来年、と言っていた2020年ジャパンカップは、アーモンドアイコントレイルデアリングタクトと現役三冠馬3頭が集結。他にもグローリーヴェイズキセキなどGⅠ8頭(Way to Paris含む)が出走。日本競馬史上類を見ないメンバーとなり、そこに参戦。人気三冠馬3頭に集まり大きく離れてグローリーヴェイズ、続いてカレンブーケドールが単勝24.9倍の5番人気となった。
レースが始まるとキセキヨシオとの先頭争いでエキサイトして大逃げをかまし、カレンブーケドールはアーモンドアイデアリングタクトマークする中団から追走。3コーナー付近で外に持ち出し、直線入口では群の先頭外につけてジワジワ脚を伸ばしたが、先に抜け出したアーモンドアイには届かず、コントレイルデアリングタクトと併せて競り合うも僅かに負けて4着。しかし三冠馬3頭と差の競馬を演じ、内でも有数の実を持つことを知らしめた。

その後年末の有馬記念に出走。ここで上が過去カレンチャンカレンミロティックに騎乗していた池添謙一スイッチサートゥルナーリアの回避でいた池添にお鉢が回ってきた形だったが、村はここで降となった。前評判はグランプリ制覇をかけたクロノジェネシスが1番人気、続いて春天を連覇しで昨年有馬4着のフィエールマン、カレンブーケドールはそれに次ぐ3番人気となった。
レースではバビットがペースを握り、中中団から向こう正面で3番手まで押し上げて直線入口で先団に取り付く。そのまま脚を伸ばして押しきりと行きたかったが思った以上に伸びがく、最後は追い込んできたワールドプレミアと同着の5着となった。

5歳

明けて5歳となり日経賞から始動。新たに松山弘平上に迎え、ワールドプレミアラストドラフト、ウインマリリン等を抑えて1番人気となった。良馬場中山で行われたレースでは、先行を見る4,5番手を追走し、直線に入ってインを突いて脚を伸ばしたが、先に同じように立ち回ったウインマリリンを半身捉えられずまたも2着。因みに3コーナーで斜行しウインキートス(ラチに衝突)、ゴーフォザサミット(跳ね返ったウインキートスに衝突)に被害を与えたとして松山桜花賞皐月賞週の騎乗停止となった。

続いて天皇賞(春)に参戦。京都競馬場が昨年11月より修工事に入ったため阪神3200、桜花賞レコード決着となるなど阪神競馬場は高速馬場となっていたが、外回りを走ってから内回りを走る上直線の急坂を2回通るタフなコースで開催された。フィエールマン引退により長距離路線は混迷となり、阪神大賞典を勝ったディープボンドが1番人気で続いて菊花賞2着のアリストテレス、一昨年の菊花賞ワールドプレミア人気となり、4番人気にカレンブーケドール。上は戸崎圭太を迎えた村? 新潟メイン勝ってたよ
レースが始まるとディアスティマが先頭に立ち、カレンブーケドールはそれを見る3番手から進める。淡々とレースは続き残り800m辺りから追い出し始め、直線入口で先頭に立って押し切りを図ったが、坂上で伸びたワールドプレミアディープボンドに差されて3着となった。なお、3200mの天皇賞馬券圏内に入ったのは1983年天皇賞(秋)でカミノスミレが2着に入って以来38年ぶりの快挙となった。ついでに別のインマリリンが5着。

3戦宝塚記念に出走。ここでは宝塚記念連覇とグランプリ3連覇を懸けたクロノジェネシスが1番人気に支持され、続いて敗で大阪杯を制したレイパパレが2番人気。この新旧女傑対決に続く3番人気が本カレンブーケドールである。上は戸崎圭太が続投。
レースは大方の想定通りユニコーンライオン先手レイパパレクロノジェネシスキセキ(!?)らが続き、カレンブーケドールは丁度それらを見る中団から進める。終始外を回る展開となり、直線に入って追い始め確実に伸びてはいたものの、更に前で立ち回ったクロノジェネシス他2頭には届かず4着。これでデビューから16戦連続掲示板確保となった。

宮城山元トレセンへの放牧で休養に充てる。休養後の初戦の天皇賞(秋)は先行策をとったが、終盤で失速してしまい初めて掲示板を外す12着大敗となった。

次走はジャパンカップを予定していたが脚部発熱により大事を取って回避。その後、放牧先でダメージが想定以上だったこともあり調教師から引退が発表されたexit。その後、12月1日競走馬登録を抹消。今後は繁殖入りする予定。なお、同じ2勝でよく較されているサウンズオブアース彼女より939万2000円獲得賞が高く、収得賞金も525万円高い。ここまでくると誤差レベルであるが。

ぬいぐるみ化決定

2021年京都競馬場催で行われたアイドルホースオーディションにて、カレンブーケドールが5位に選出された。ここでも掲示板は外さないのがなんともカレンブーケドールらしい。票数はなんと10014票。このイベントでは上位5頭に選ばれたぬいぐるみ化されるという特典があり、カレンブーケドールはヨシオメロディーレーンライスシャワー、キセキらと共にめでたくぬいぐるみ化が決定した。

この上位に選ばれた5頭は共通して、勝ちが遠いながらも懸命に走り続けている(いた)達である。そんな達が人々に与えてくれる感動は、もしかしたら想像以上に大きなものなのかもしれない。

血統

ディープインパクト
2002 鹿毛
*サンデーサイレンス
1986 青鹿毛
Halo Hail to Reason
Cosmah
Wishing Well Understanding
Mountain Flower
*ウインドインハーヘア
1991 鹿毛
Alzao Lyphard
Lady Rebecca
Burghclere Busted
Highclere
*ソラリア
2010 黒鹿毛
FNo.9-g
Scat Daddy
2004 黒鹿毛
*ヨハネスブルグ *ヘネシー
Myth
Love Style Mr. Prospector
Likeable Style
So Linda
1999 栗毛
Seeker's Reward Gone West
Willamar
So Posh Liloy
Osadia

5代内クロス:Mr. Prospector 4×5(9.38%)

関連動画

関連項目

先輩

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2022/01/19(水) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2022/01/19(水) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP