今注目のニュース
『ストリートファイター』シリーズより神月かりんがBISHOUJOシリーズで立体化
「インターンシップで企業は本来の姿を見せていない」識者が指摘 入社後のミスマッチで離職率が上がる傾向
「おがすげなものは投げねでけろな」 山形弁全開!他県民には難解すぎる注意書きが話題

カロリー単語

カロリー

掲示板をみる(31)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

カロリー(cal)とは、熱量(エネルギー)の単位である。
…ではあるが SI 単位系には含まれておらず、専ら栄養学や生理学の文脈でのみ用いられる。
そのためか、一般には「カロリー = 生理的熱量(代謝熱量)」の意味で用いられる場合も多い。

定義

1cal := 1g の温度を標準大気圧下で 1℃ 上げるのに必要な熱量

熱は温度によって微妙に異なるため、正確性を期す場合は定義に用いる温度にも注意する必要がある。

SI 単位系におけるエネルギー単位であるジュール(J)との換算:1cal ≒ 4.2J

ISO際標準化機構)で挙げられているカロリーの定義は 15℃ カロリー、際蒸気表カロリー、熱力学カロリーの 3 種で、日本で標準とされる熱力学カロリーは正確に 4.184J。

食品表示でよく用いられるのはキロカロリー(kcal)で、1kcal = 1000cal である。

現実においてはキロカロリーをしてカロリーと呼称する場合もある。これはかつてのカロリーの定義が1g ではなく 1kg だった(つまり新キロカロリー = 旧カロリーだった)影もある。

概要

  • 食物のカロリーは、三大栄養素を分析し 1g あたりたんぱく質・糖質4kcal、脂質:9kcal を乗じてめられる。
  • 消費カロリーは、基礎代謝、活動代謝(スポーツ運動など)、食事代謝によって消費される。
  • 摂取カロリーが消費カロリーを上回った場合、体脂肪として蓄積されていく。

カロリーコントロールの不確定要素(栄養学)

  1. 同じカロリーでも、各栄養素によって性質・役割が違う。
  2. 同じ食材でも生産環境、大きさ、密度などにより、含まれるカロリーが違う。
  3. 摂取されたエネルギーがすべて体内で吸収されるわけではない。
  4. 体内で吸収される量は人によって違う。
  5. 同じ人でも、その日の体調や季節等によって吸収量は違う。
  6. 人それぞれ基礎代謝量が違う。
  7. 同じ身体活動をしても、人それぞれの体格や体質によってエネルギー消費量は変わる。
  8. 同じ人物の同じ身体活動でも、その日の気温などの環境によりエネルギー消費量は変わる。
  9. 食べ方(食べる順番や時間)や生活習慣等で、エネルギーを貯蔵する過程に変化が出る。
  10. 同じカロリーでも、GI 値(食後の血糖値上昇のスピード)が違う。

関連項目

関連動画

関連チャンネル

関連商品

摂取カロリーを知るために

消費カロリーを知るために(カロリズム)

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/07/17(水) 11:00

ほめられた記事

最終更新:2019/07/17(水) 11:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP