今注目のニュース
永遠のケンタッキー。永遠に食べられないけど永遠になくならない、樹脂漬けのフライドチキン
まるで人類滅亡後の景色のよう 荒廃した東京描く幻想的なイラストに反響
武田鉄矢、無償エキストラの弊害指摘「一般公募になってから撮影中に話しかけてくる人が出てきた」「プロかアマチュアかの差」

カールハインツ・シュトックハウゼン単語

カールハインツシュトックハウゼン

掲示板をみる(0)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

カールハインツ・シュトックハウゼン(1928~2007)とは、クラシック音楽現代音楽に属する人物であり、ある意味電子音楽すべての元凶ともいうべき人物でもある。

概要

ケルン音楽大学ピアノ科でフランクマルタンに作曲を学び12音技法による作曲として1950年代より活動を開始した。その後パリメシアンの師事を受けたのち、フランス営放送のミュージック・コンクレート・スタジオ、次いで北西ドイツ放送電子音楽スタジオ電子音楽作曲を開始。
確かにピエールシェフェールの「騒音のためのエチュード」などレコードを加工する音楽は既に存在したものの、シュトックハウゼンの活動がきっかけとなり電子音楽は一躍世界的な一大ムーブメントとなったのである。

その後もセリー義の作曲としてピエール・ブーレーズルイジ・ノーノと並ぶ60年代の前衛の旗手となり、「直観音楽」を提唱するなど新しい可性を追求していく。70年代からはまた従来の記譜法を用いたフォルメル技法に回帰していったが21世紀初頭まで作曲としての活躍を続けていった。

決してクラシック音楽の域からは出なかった彼だが、この世に存在するありとあらゆる電子音楽流、それこそがカールハインツ・シュトックハウゼンという作曲なのである。

関連動画

関連商品

関連項目

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

急上昇ワード

最終更新:2019/06/17(月) 19:00

ほめられた記事

最終更新:2019/06/17(月) 19:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP