カール・ポパー単語

カールポパー

掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

カール・ポパー(1902~1994)とは、20世紀に活躍した哲学者である。

概要

科学哲学政治哲学に今なお影をとどめている人物である。
ウィーンユダヤ人庭に生まれる。そのままウィーン大学哲学博士号を取得する。しかしナチスの侵攻によってニュージーランドに移る。戦後イギリスに住み、ロンドンスクールオブエコミク教授を務めた。

20世紀、科学であるためにはどのような条件が必要か、という科学哲学した。その科学哲学では、ポパーの前段階として、検証できる事実のみが科学である、という論理義が提唱されていた。しかしこれに異議を唱えたのがポパーである。ポパーはどんな璧な理論でも、たった一つの例外で覆されることに着した。例えば、ニュートン力学が、アインシュタイン相対性理論によって修正を加えられたように、である。そのためポパーは、検証によって科学理論明することは不可能である、としたのである。

ではポパーのはどのように展開されたのか。ポパーは、ルドルフカルナップのように検証できるか、出来ないか、を科学と非科学の違いにするのではなく、できるかできないか、で判断しようとしたのだ。つまり反性が科学的な考え方の条件であり、反されることによって科学は進歩する、批判的合理義を唱えたのである。

このため、科学的な理論は「今のところ反されていない」理論であり、非科学とは直感や感性で成立しているためにそのような反不可能なものである、というのがポパーの分類である。

関連商品

関連項目

この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/07/24(土) 04:00

ほめられた記事

最終更新:2021/07/24(土) 04:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP