カーン(MTG)単語

カーン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(11)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

カーンとは、Magic:the Gatharingの登場人物の1人であり、かつて罪のない村人を誤って殺してしまったことから不殺の誓いを立てたプレインズウォーカーは除く)ゴーレムである。

概要と背景

プレインズウォーカーウルザは、兵器としてカーンを造りましたが、的はほかにもありました。5色すべてのマナを制御できるこのゴーレムは、時を渡るを持つプレインズウォーカーであり、強アーティファクトにして世界創造者でもある頼もしい味方です。

カーンは、レガシーにおける最初のアーティファクトです。レガシーとはアーティファクトの一群で、その秘のは人工の機械次元ファイレクシアに対抗する手段となり得ます。数十年後、ファイレクシアがドミナリアの次元に侵攻した際、カーンは同じレガシーアーティファクトと共にファイレクシア機械の始祖を倒すことで、その使命を果たしました。その間、カーンは自らの創造の才を引き継ぎ、プレインズウォーカーとなったのです。

後にカーンは、自分の次元を作り出しました。アージェンタムという機械世界です。カーンが多元宇宙探索している間にこの次元は汚染され、次元が再形成されるにつれ、カーンが見り用に造ったその番人の精は腐敗していきました。

ドミナリアの時間危機の最中、カーンは時間の崩壊をくい止めるためにジョイラ、そしてプレインズウォーカーテフェリーヴェンセールと手を組みます。その過程で、自身の創造した次元において彼もまた汚染の影を受けてしまいます。汚染によって精を乱され、そして破壊されたカーンミラディン へと逃れ、そこで新ファイレクシア人たちに次の機械の始祖として祭り上げられました。プレインズウォーカーコスは、故郷であるミラディン次元を救うための仲間を探していました。そして彼はエルズペス・ティレルと、カーン友人であるヴェンセール仲間にします。しかし、3人が到着した頃には、この次元はもはや救済不可能なまでにされていました。汚染が他の世界に広がるのを防ぐため、ヴェンセールは自らを犠牲にし、カーンに汚染への耐性を与えました。

アージェンタムの運命と友人の死を悲しみながらも、カーンは再び多元宇宙し、汚染を絶つべく自分の足跡をたどり、そのを見つけ出そうとしています。

MTG公式サイトexitから引用

ファイレクシア用必殺兵器レガシー」のパーツとして、そして、時間逆行実験の探機として大魔術師ウルザ」が製造した製のゴーレム。人格を形成するパーツとしてファイレクシア人「ザンチャ」[1]の人格マトリクス(心のようなもの)を使用している。

時間逆行実験の失敗後、カーンは「ウェザーライトサーガ[2]主人公、「ジェラード・キャパシェン」の幼少期の保護者となった。しかし、キャパシェンファイレクシア人の襲撃を受けてジェラードカーン以外は皆殺しに遭ってしまったため、2人は「シダー・コンド」の護を受けることとなった。

ジェラードはシダー・コンドの元で武芸の達人として成長していった。しかし、彼の実子でありジェラード義兄弟「ヴュエル[3]はそこまでのレベルに至らず、成人の儀式にも失敗してしまった。このことで、ヴュエル父親を殺し、レガシーのひとつを盗み出して町を出て行った。カーンはヴュエル犯罪に気付き、レガシーを取り戻そうと追いかけたが、その際に関係の村人を誤って殺してしまった。さらにその悲劇の隙をつかれてヴュエルに機停止させられてしまった。

停止したカーンは流れ流れて次元航行船「ウェザーライト」の船倉に置かれた。その後、ウェザーライトの艦長代行となったジェラードに発見され機回復、乗組員の一員となりメンテナンススタッフとしてファイレクシアとの戦いに加わった。

ファイレクシアとの戦いの最終盤でカーンウルザ、そしてジェラード融合してプレインズウォーカーとなった。そして、プレインズウォーカーを用いて機械次元「アージェンタム」を作り、半休眠状態でファイレクシアとの戦いが終わった後の世界(ドミナリア)を監視していた。その後、いろいろあって管理者「メムナーク」にアージェンタムの管理を任せて多元宇宙へのに出た。なお、メムナークがアージェンタムにいろいろやらかしてできあがったのが「ミラディン」である。

「時のらせん」ブロックでは、プレインズウォーカープレインズウォーカー(自分のだったり他人のだったり)を消費して「時間の裂け」を閉じるストーリー展開があり、カーンもこのときに自分のプレインズウォーカーを使って時間の裂けを閉じた。その結果、カーンの体内にあったわずかな「ファイレクシアの油」[4]が活性化してしまったため、子であった「ヴェンセール」に「もついてきてはいけない」と言い残して多元宇宙の暗部「久遠の闇」のかなたへ姿を消した。

だが、残念なことにファイレクシアの油に汚染されたカーンはなんだかんだで新ファイレクシア軍団に回収され、ミラディンに到着してしまった。そこで「新たなる機械の始祖」として祭り上げられ「完成」させられかけてしまう。しかし、ヴェンセールが自らの命と引き換えにプレインズウォーカーを受け渡し、プレインズウォーカーとして復活、あと一歩のところで「完成」を免れた。

その後、カーンは再びミラディンを去り、各地の次元ファイレクシア跡を探してをしている。

カードとしてのカーン

カーンとしてデザインされたカード2014年10月現在で2枚存在している。ひとつは伝説アーティファクトクリーチャー、もうひとつはプレインズウォーカーである。

Karn, Silver Golem / ゴーレムカーン (5)

伝説アーティファクト クリーチャーゴーレム(Golem)

ゴーレムカーンブロックするかブロックされた状態になるたび、それはターン終了時まで-4/+4の修整を受ける。
(1):クリーチャーでないアーティファクト1つを対とする。それはターン終了時まで、パワーとタフネスがそれぞれ自身の点数で見たマナコストに等しいアーティファクトクリーチャーになる。

4/4

ウルザズ・サーガ」に収録されたカード伝説アーティファクトクリーチャーとしては最初のカードである。

1つストーリー再現のためのクリーチャー戦闘する際には相手を殺さないようパワーを0に下げ、防御体制をとる。だが、プレイヤープレインズウォーカーお前らはダメだ。
《包囲の搭、ドラン》[5]と一緒にいると逆に8ダメージでぶん殴るのはご嬌。

2番アーティファクトクリーチャー化。自分が使ったアーティファクトを戦化してもよいし、対戦相手の0マナアーティファクト定して破壊したり、装備品を定して装備解除したりしてもいい。

Karn Liberated / 解放された者、カーン (7)

プレインズウォーカーカーン(Karn)

[+4]:プレイヤー1人を対とする。そのプレイヤーは自分の手札からカードを1枚追放する。
[-3]:パーマネント1つを対とし、それを追放する。
[-14]:解放された者、カーンにより追放された全てのオーラ(Aura)でないパーマネント・カードを別にした状態にしたまま、ゲームを再び開始する。その後、それらの別にしたカードをあなたのコントロール下で戦場に出す。

6

「新たなるファイレクシア」に収録されたカードヴェンセールを受け取り、プレインズウォーカーとして復活したカーンを表している。

プラスは手札追放。一応自分の手札を追放することもできる。大マイナスとの兼ね合いを考えて飛ばすことを考えるシチュエーションもあるかもしれない。忠度上昇も驚異の[+4]。初期忠度[6]とあわせて忠度10を一気に削るのは至難の業である。(それに1ターンで10点も削れるならプレイヤーを殴れば殺せるところまでライフも減ってるだろうし)

マイナスはパーマネント追放。もう何か言うこともないくらい強。だだし、忠度消費が大きいのでこのから使うとちょっと悲しいことになってしまう可性がある。

マイナスゲームの再スタート2014年10月時点ではこのカードのみが持つ効果であり、専用ルールも存在する。
プラス、小マイナスで消し飛ばしたパーマネント・カードはこの再ゲームで最初から自分の戦場に置くことができる。大クリーチャーを消し飛ばしていたら始まる前から試合終了である。 また、再ゲームには「紋章」や「カウンター」は持ち込まれないのでこれらの消去手段となる効果である。
余談だが「紋章」を消去する効果を持つカードマジック:ザ・ギャザリングには存在しない。とんち話みたいだが、この効果は「今のゲーム勝負(勝敗をつけない)で終了させて新しくゲームを始める」のである。「カウンター」は1種類だけ消去効果を持ったカードが存在する。

出てしまえば理不尽かつ悪なで対戦相手をするカードである。とはいえ、7マナ色でも非常に重いコストであるため大量のマナ一気に生産できるデッキでないとこのカードを出した時点ですでにゲームは終了直前、もう出番ないよ、ということになりかねない。
モダンの【ウルザトロン】(「ウルザ」「ウルザの魔炉」「ウルザの鉱山」の3種類の土地を軸に置いたデッキ。この3種が全部そろうと土地3枚で7マナが出る)で決戦兵器として使われている。

関連動画

関連商品

関連項目

脚注

  1. *潜伏工作員人間の姿を真似て作られたスパイ)の女性ファイレクシア人。通常のファイレクシア人と異なり自然する汚れき性格を持っていたため棄処分されかけていたところをウルザに助けられた。
    ウルザ関係のストーリーでは非常に重要なキャラクターであり、どのくらい重要かというとMTGwikiでの文章量がカーンの3倍くらいあるくらい重要である。
  2. *「ウェザーライト」から「アポカリプス」までの4年間に渡って続けられた冒険譚。スタンダード物語すごい勢いでキャラが死ぬけど)として人気は高いものの、基本的に最長2年でカードが使えなくなるゲーム背景ストーリーとしては長すぎたため、この時期の途中からMTGを始めた人は背景ストーリーが全然わからない、という問題を発生させた。この反省は後の背景ストーリーの作り方に影を与えている。
  3. *後にファイレクシアで人体改造を受け、自らを「ヴォルラス」と名乗るようになる。ウェザーライトサーガ前半の大ボスであるが、後半になるとかませにかませそしてかませ死する扱いがかわいそうな人である。
  4. *ファイレクシア人の体内に存在する油。これが少しでも付着してしまうと徐々にファイレクシア人化していくという非常にヤバい代物である。ただし、ファイレクシア人は決してプレインズウォーカーになれないという特性があるため、逆説的にプレインズウォーカーになってしまえば、ファイレクシアの油をがぶ飲みしようとファイレクシア人化することはない。
  5. *ではない。意味が通らなくても「」ではなく「搭」
この記事を編集する

掲示板

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/03/02(火) 14:00

ほめられた記事

最終更新:2021/03/02(火) 14:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP