今注目のニュース
香川県民が丸亀製麺に大激怒!とんでもない嘘が発覚してしまう!
昔より疲れを感じるようになった? 体力の衰えはじわじわと…
爪切りが嫌すぎて気絶した……!? スーッと倒れる演技派ワンコの動画が話題

ガスラバズラ単語

ガスラバズラ

掲示板をみる(3)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ガスラバズラとは、『モンスターハンターシリーズに登場するモンスターである。別名は怒貌

概要

MHF-G8(2015/7/22)で実装されたモンスター
が干上がって形成された“”と呼ばれる砂漠地帯(同時に実装された新フィールド)に生息するモンスターで、々しい紫色の体表を持ち、の垂れたのような顔の頭部、パンチグローブ状の前足、団扇のような形の尾鰭が付いた尻尾が特徴。剛種とG級があり、G級での難易度7

陸生のモンスターだが、祖先はかつてがまだ圏だった頃に誕生した種族と言われ、その時は水中を生活の場としていたらしく全身にある鰭などの部位はその名残であると推測されている。

剛種から常識的な強さであり、一撃は重いが鈍重で隙は多いというになっている。アビオルグギアオルグという先輩MHFオリジナル種同様にターン制ではあるが、素い攻撃の連続や必殺技の中に隙が生まれるアビギアに対して、ガスラバズラは距離を離す攻撃が少ないのでより狩りが快適となっている。
G級でも攻撃ハルドメルグなどにべれば低いが、適正防御がない場合攻撃とや打ち上げからの追撃、落とし穴時の追撃(根性が発動しない)でやられてしまう危険性がある。
また、非怒り時に
脚にを溜めてタックルした後回転攻撃と同時に砂をばらまく技が追加されている。
タックルと回転攻撃は大した事はないのだが問題は砂であり、直撃するとSAがあろうがなかろうが多段ヒットの大ダメージになってしまうため、絶対防御態勢もあまり役にたたず、効がないと死する事もある。

質は非怒り時には属性が通り、怒り時には物理攻撃が通るという傾向だが、どちらにしても極端に硬くはならない。
破壊可部位は頭背中前足(腕)尾であり、尾は破壊の後切断となる。
壊しにくい腕の耐久値はフォロクルルと同じでそれぞれ独立しているためどちらの腕を狙うか決めておくと楽に破壊できる。

名前が非常にややこしく、運営内でも「ガッスン」と呼ばれていたらしい。
加えて同時期にはジンオウガを始めとするメインシリーズモンスターが遷種というカテゴリーMHF-Gに輸入される事ととなったため、一部のプレイヤー興味がそっちへ持って行かれてしまい、実装当初はやや影の薄い存在として扱われていた。
しかしながら蓋を開けてみれば前述の通りMHらしいターン制で戦い易く、タフネスや部位破壊の困難さなどでもストレスを感じさせないオーソドックスな仕上がりになっているためガスラバズラを評価するプレイヤーは多い。

二面性

クエスト開始時はアクラ・ヴァシムのよう特定エリアで潜った状態であり、ハンターが近づくと現れる。
この際周りに沼のような落とし穴がたくさんあるのでどこにいるかは分かり易い。

普段はあまり強そうには見えず、実際基本的に大人しい性質だとされるが、人間や外敵の攻撃にされて奮すると大きな哮と共に全身の筋肉を膨させて前足や尻尾をはじめとする体の各部が肥大化、閉じていた背鰭なども伸展してより攻撃的な姿へと変化する。この“ると変する”という特徴から怒貌という別名が付けられた。
古参クラスMHFオリジナルモンスターであるエスピナスも似たような性質を持つが、ガスラバズラは非怒り時でも普通に攻撃して来て質も硬すぎる事はないという点などが異なる。

非怒り時は動きも素く出がい攻撃も使ってくる他、同じ砂漠に住むクスバミという小モンスター捕食して貯めこんだ素によって常に液を全身から滴らせ、口からはその素を気泡状にしてばら撒いてきたり、あるいはブレスとして撃ち放ってきたりする。

逆に怒り時では攻撃は使わず肉弾戦を体とするようになり動きも鈍重になる。
巨大化した前足を大きく叩きつけて凄まじい衝撃波を生み出したり、前足を地面に突き立ててブルドーザーのごとく突進して来たりする他、一部の攻撃には周りに落とし穴を作る効果も付与される。

怒りが解けた際にはエリア中央の地面を起させて砂山を作り、そこからハンターめがけて飛び降りるようにボディプレス攻撃を行う。この際砂山の周りに砂地獄ができるので近づきすぎると嵌ってしまう。

G級スキル「抜納術」は非怒り時と怒り時で攻撃パターンが大きく変わるガスラバズラの性質を反映しており、抜/納によって効果が変わるというユニークな特徴を持っている。
具体的には抜状態では「スタミナ」と「回避性」、納状態では「回復速度」と「気回復」が発動し、抜納術の+1、+2という段階によってそれら発動スキルの段階も変わる。

特異個体

G級のみHC化可
怯み耐性自体は1.3倍と部位破壊しにくい事に定評があるハルドメルグフォロクルルを上回っているが必要なダメージはそれら2体より低くなっている事、特異個体補正でHPがあまり減らない(0.91倍)事から部位破壊の難易度そのものはそれほど高くはない。 

特異個体専用モーションはG級モーションと対照的に怒り時限定。
ジャンプから潜航し砂地獄を発生させてプレイヤーを中央に引きずり込んだ後地面から急襲、止めとばかりにプレスする三段攻撃。ダメージは高いが予備動作が長く判別しやすいため回避で簡単に避けられるが、砂地獄生時の砂岩に当たるとをついてしまう(ダメージ微弱)ので吸引に巻き込まれやすくなる。

関連動画

関連項目

掲示板

急上昇ワード

最終更新:2019/09/18(水) 06:00

ほめられた記事

最終更新:2019/09/18(水) 06:00

☆オススメの関連コンテンツ

動画

この記事名で動画を検索

静画(イラスト)

この記事名で静画を検索

ニュース

この記事名でニュースを検索

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

       

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

TOP