ガフラン単語

ガフラン

  • 0
  • 0
掲示板をみる(9)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(0)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ガフランGAFRAN、形式番号:ovv-f)とは、『機動戦士ガンダムAGE』に登場する量産型モビルスーツ

第一話から長きにわたって登場した。

機体解説

物語当初、人類の脅威となっていた正体不明の変形モビルスーツ
長きにわたる戦争が終結し、平和が訪れようとしていたA.G.101、突如としてスペースコロニー・エンジェルに出現しエンジェルを破壊した。この「天使の落日事件」以降も散発的に現れては、小規模のスペースコロニーや宇宙貨物船などを襲撃するテロ行為や威偵察を繰り返していた。

機動、攻撃、装甲どれをとっても当時としては一級品のスペックを誇る。兵器技術を棄した地球側の技術では到底太刀打ちできず、地球連邦軍のモビルスーツジェノアス」の装備では全くが立たなかった。

外観は塗装も相まって鋭的かつ有機的な印を受ける。を被ったような頭部には心電図のようなラインカメラセンサーが搭載されている。この基本構造は以後の敵MSの基本となる。
尻尾と普段は部アーマーとなるも装備しており、これらと頭部アーマーを展開することで長距離航行を可とする飛行形態「ドラゴン形態」に変形する。スラスターには波推進システムを採用しており、燃費も非常に高く、重力下での作戦展開の大幅向上に一役買っている。その波推進のと独特の飛行音を発して飛ぶ様は、AGEの敵モビルスーツ徴となった。

武装は全て内蔵マニピュレーター左右対称というしい形状をしており、手のひらに内蔵された武装、ビームバルカン要な攻撃手段となる。このビームバルカンユニットからはビームサーベルを発振させることも可
尻尾もついており、この尻尾は肩に担いだり溜めにすることで高出ビーム兵器ビームライフルとして機する。こちらはどちらかというと対艦攻撃や遠距離支援価を発揮した。そのほかにも胸部に拡散ビームを装備している。

その正体は火星移住計画の失敗で見捨てられた民による火星国家ヴェイガン」が開発した地球進攻用モビルスーツである。
コロニー国家戦争時の技術で建造されたMSヴェイガンギアフェザール・イゼルカントが入手したコロニー国家戦争時の技術が収められた「EXA-DB」のデータを参考に開発・量産された。

当初、地球上に拠点を数えるほどしかもっていなかったヴェイガンにとって必要とされるのは長距離を航行できるMSで、ドラゴン形態に変形できるガフランはその用途にうってつけだったといえる。

ヴェイガンモビルスーツのほとんどがドラゴンモチーフにしているのは、ヴェイガンの強いドラゴン信仰があったからとされている(火星入植時の開拓用工作機械ドラゴンだったことに由来する文化)。

第一部・フリット編のガフラン

当初は連邦モビルスーツを圧倒していたガフランであったが、A.G.115連邦軍の起死回生の一手であるガンダムAGE-1の出現で状況は一変、高出ビームダガーで滅多刺しにされてしまい、初の敗北を喫する。その後AGEシステムが開発したドッズラフルはガフランにも致命傷を与えるもので、量産モデルが幅広く普及するやガフランの優位性は徐々に失われていくことになる。

とはいえ、フリット編劇中では地球兵器に対して終始優位に描写されており、フリット編最終話ではラーガン・ドレイス駆るジェノアスをあと一歩のところまで追いつめた。

また、通常兵器に対してはある程度の耐性を持つガフランではあるが、衝撃までは効化できないようで、ドン・ボヤージのガラとラクト・エルフメルエルメダのタックルにより地面にたたきつけられ、ダウンを取られるというシーンもあった。

第二部・アセム編以降のガフラン

A.G.140アセム編ではヴェイガンが移動要塞ダウネスを拠点にするようになり、長距離航行の必要性が薄くなっていく中本機の需要も薄まり、より戦闘に適したMSドラドMSの座を渡した。

とはいえ本機も良を加えられながら前線で活躍していた。ソロンシティ戦闘ではアデルタイタス相手にほぼ互パワーを見せており、出が上昇しているところを見せつけた(もっとも、これはアデルの搭乗者が実戦に慣れていない新兵というのも大きかったが)。

A.G.164。第三部・キオ編では流石に時代の流れについていけず、大部分は前線を引退ヴェイガン本拠地・セカンドムーンなどの防衛任務に回されている。セカンドムーンと要塞ラ・グラミス舞台にした最終決戦では少数のガフランが確認されているが、なく撃破されるシーンが多かった。

とはいえ、実に63年間以上も現役で活躍したのはさすがと言わざるを得ない(ガンダムシリーズでもこれほど長期に稼働したMSは数えるほどしかいない)。これにはEXA-DBを参考にした優秀な設計があるからとされている。

バリエーション

ガフラン
おそらくはガフランの先行モデルまたはプロトタイプと推測される。『機動戦士ガンダムAGE メカニックワールド』のMS系譜図にその名があるだけで詳細は不明。
ガフラン(カラー
隊長クラスの兵が登場するガフラン。ガフランLとも。第一話~第三話で登場。コロニー・ノーラに向かってコロニー・デストロイヤーを発射、ノーラを崩壊させた。
フリット・アスノ駆るガンダムAGE-1との戦闘ではドッズラフルの出現にも当たらなければどうということはない!とばかりに回避する巧みな操縦を見せるも、AGE-1に同乗していたユリン・ルシェルの助言もあり最終的には撃破される。
ディオ・ガフラン
PSPゲームユニバースアクセル/コズミックドライブ』のクロスプレイ高難度ミッションにおいてガフランの代わりに登場するMSカラーリングは胴体が色、部分はピンクツートン。当然ガフランより高性で、こちら側で使用することもできる。URYYYYYYとは言わない。
高機動ガフラン
ガフランの推進を強化した機体と推測される。『機動戦士ガンダムAGE メカニックワールド』のMS系譜図にその名があるだけで詳細は不明。
イヴァースシステム ガフランマーズフェザー
機動戦士ガンダムAGE EXA-LOG』に登場する自稼働MS。停戦後フリット・アスノ導のもと進められた火星環境プロジェクトで、EXA-DBAGEシステムを使い構築された「イヴァースシステム」の核を担う。
イヴァースシステムとは火星開拓時に発生した有物質が太陽によって発生する磁気によって巻き上げられ、衛星フォボスコロニーに住む住民に襲いかかる現マーズレイ」を強な磁気を発生させて防ごうというシステム
宇宙天気予報に基づき強太陽の発生が予報されると、MSマーズフェザー」部隊が出動、広範囲に磁気を展開させマーズレイを抑止する。武装の類はされ、耐太陽プラズマコーティングを兼ねた純塗装を施されたその姿から「天使モビルスーツ」と呼ばれている。

 

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

ガフランに関するニコニコミュニティを紹介してください。

関連項目

この記事を編集する

掲示板

  • 7ななしのよっしん

    2016/07/16(土) 10:53:41 ID: TS7FjJ74Eq

    ヴェイガンMSEXA-DBの『一部を』手に入れたことで開発できた機体だよ。解説の方だと全部手に入れたようにも読めちゃうから注意だね

  • 8ななしのよっしん

    2018/02/07(水) 09:42:41 ID: 0TC3UXXmxz

    番の「f」ってアルファベットの6番だからMS-06ザクを意識してるんだろうね
    でもバクト「a」ドラドが「e」だし設定上は6番の開発ってことはなさそう

  • 9ななしのよっしん

    2021/02/13(土) 15:03:56 ID: EgdOihAEVM

    100年も現役ってガフランの出来が良いのか、それともヴェイガンカツカツなのか

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2021/02/28(日) 20:00

ほめられた記事

最終更新:2021/02/28(日) 20:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP