ガラスエングレービング単語

ガラスエングレービング

  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE

ガラスエングレービング(glass engraving)とは、ガラス工芸技のひとつで、リューター等の電動工具を使いガラスに絵や模様を彫る。

概要

全て手作業で行うため大量生産には向かないが、マスキング等を必要とせず臨機応変に彫ることが出来るため、贈答品などの個人名の刻印等に向いている。

また、使用する工具が較的安価なため趣味ではじめる者も多い。

グラスリッツェンと混同されがちだが、電動工具を使用しないグラスリッツェンとは手法が違うため別物である。

手法の性質上、彫るか彫らないかの二色しか表現できないため文字や線のはっきりしたイラストしか彫られていなかったが、2010年に「妙見」により濃淡をつけた作品が開されてからは、その手法に習った作品も多数見受けられるようになった。

関連動画

 

関連商品

関連コミュニティ

 

関連項目

  • ガラスエングレービングに関する項紹介してください。
この記事を編集する
流行語100

掲示板

掲示板に書き込みがありません。

おすすめトレンド

急上昇ワード改

最終更新:2023/12/06(水) 01:00

ほめられた記事

最終更新:2023/12/06(水) 01:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP