ガラン単語

ガラン

1.3千文字の記事
掲示板をみる(6)
  • twitter
  • facebook
  • はてな
  • LINE
  • ほめる(1)
  •  
  •  
  •  
  •  
  • その他

ガランとは、特撮番組「ウルトラマンA」に登場する超獣である。別名「怪魚超獣」

怪魚超獣ガラン

概要

登場はウルトラマンAの4話「3億年超獣出現!」である。

河内川上流でこん睡状態のまま発見された3億年前の魚類ヤプール人宇宙怪獣との合成で作った。口から吐き出すガランガスで物質を焼失させてしまう事が出来る。また強な精感応(テレパシー)で飛行機の操縦を不能にしたり、タックガンを球切れに見せかけた。

特徴的なのはヤプール人の命ではなく、久里太郎という一人の人間の意思によって動いている事である。意識などを彼とシンクロさせて、彼が思い描いた劇画通りにガランが行動、もしくは展開するようになっている。

その為、美隊員を奪還させられた久里はその執念をいよいよ本格化させ、を破壊しつくしていったがウルトラマンAタイマーショット右手を吹き飛ばすとシンクロしている久里の右腕もダメージを受ける。絵が描けなくなった久里=動けなくなったガランに追い打ちをかけるかの如く、パンチレーザーで体を燃やすと久里の体も火ダルマとなり、トドメのメタリウム線でガランが爆発すると久里は自分の屋敷と共に爆散していった。

そして最後に隊長ガランはヤプール人が作ったものではなく、人間の持つ底しれぬ闇から作られたものと言い、ヤプール人の心にも眠るその心の闇を利用しただけであるといった。

久里虫太郎

本編に登場するもう一人の敵側の人物である。演ずるは清水紘治である。名前の由来は小説家小栗太郎と思われる。

劇画作家として世間に名の知れた人物で美隊員の中学時代の同級生である。本人いわく「劣等生もいいところ」であったそうだ。それでも絵だけは自慢であったようで卒業式の日に封も切らずに突っ返されたラブレターの中に描いてあったイラストがあり、それこそが超獣ガランのデザインの元となった。自らの性格を執念深いと言い表していたが、これがガラン、引いては今回の騒動の元となった。

同窓会を装って美隊員をおびき出し、睡眠薬彼女を眠らせた。その的は中学時代より好意を持っていた美隊員と結婚する為であるといい、その為にヤプール人(劇中では「悪魔」)に魂を売った。すべてが自分の思い通りに進むと唆された彼は自らの描いたガランを利用して、に破壊の限りを尽くした。まさに彼の執念と妄想、そして欲望がガランの行動に反映されている。現に美隊員が奪還された後のガランの的はの破壊ではなく隊員の再奪還である。

ちなみに美隊員の前にも同じような女性がいたと思われる描写があるが、既に死亡して化しているようだ。

彼の書いた絵の通りに行動しているように彼とガランはシンクロしているが、これが武器でもあり弱点でもある。前述した通り、ガランのダメージはそのまま久里のダメージとなるのでガランの死は彼の死を意味する。

後年、ヤプール人人間体をとった時は久里と同じ顔立ちであるが、これはそのモデルが久里太郎にあると断言されている。ヤプール人人間の底知れぬどすい心の闇を表した久里こそ自らの人間体に相応しいと考えたのであろう。

関連動画

関連商品

関連コミュニティ

関連項目

この記事を編集する

掲示板

頂上決戦 大百科グランプリ記事

急上昇ワード改

最終更新:2021/09/24(金) 23:00

ほめられた記事

最終更新:2021/09/24(金) 23:00

ウォッチリストに追加しました!

すでにウォッチリストに
入っています。

OK

追加に失敗しました。

OK

追加にはログインが必要です。

           

ほめた!

すでにほめています。

すでにほめています。

ほめるを取消しました。

OK

ほめるに失敗しました。

OK

ほめるの取消しに失敗しました。

OK

ほめるにはログインが必要です。

タグ編集にはログインが必要です。

タグ編集には利用規約の同意が必要です。

TOP